« 「メダル届かず」封印セヨ | トップページ | 赤い襖の謎 けものみち〈6話〉 »

2006/02/16

フェリシア強し!〈第21話〉

前回のイーディと同様、今回も「デスパレートな妻」4人を差し置いて、フェリシアさんが美味しいところをもっていきました。彼女がザックにこだわる理由は、やっぱりヤク中になってボロボロのディアドラを見ていたから?ポールとの対決シーンはかなり緊張しました。

Desperate Housewives: Complete First Season (6pc)Desperate Housewives: Complete First Season (6pc)

2005-09-20
売り上げランキング : 4,316
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ついでに今週もイーディ様爆発ですよ。このひとこと、超受けました。

EDIE:You could have an affair with anyone and you choose a pharmacist? You are such a Republican!

しっかしますますブリーがわからなくなってきました。以下今週のランキング。

ブリー=レックスの体調は悪化しているようですが、暢気にその"原因"をつくっているジョージとお食事。お互いがオーダーした食べ物をちょっとずつ味見するかどうか、っていうのは、確かにハッキリ好みが出る部分だけど…。「あーん」はなかろう。

だから「一緒にイタリアへ」なんて言われちゃうのだよ。勘違いさせてるのがブリーの行動だからジョージのヘンタイぶりだけを責めるわけにはゆかず。

にしても、イーディに「今が仕返しの時だもんね」って言われて激しく「誤解してるわっ」などと言ってましたが、あてつけじゃなかったとしたら、じゃあなんなんだろ。自分でも半分くらいは、わからないんだろうなぁ。

===ギリギリ度18↑

ガブリエル=ジョンにも妊娠の事実を報告したところ、彼は俄然エキサイト。最初は無理に決まっている、と言っていたくせに、考えを改めてバカルロスにガブをくれ、と言いにきてしまいました。久しぶりに見たガブちゃんのウルトラ2枚舌w

でも、そういうところは猛烈に頭が回るくせに、バカルロスがピルに細工したのを母親のせいにしたのを信じるなんて、ちょっとnaiveじゃないのっ?

GABRIELLE:Reaching out of grave to screw with me....God, she's good.
CARLOS:Where are you going?
GABRIELLE:A wave of morning sickness coming on. And I want to be standing on your mother's grave when it hits.

===ギリギリ度16↑

スーザン=あの母ソフィーをモーティが迎えにきた。結婚するらしい…orz 元祖バカップルというかなんというか。そしてまたソフィーの厚顔なこと。醜悪!!マイクに話をしにいったことを告げるという素敵な去り際のプレゼントつき。

例の探偵にポールに関するニセ資料をつかまされながら、ついでにマイクのことも調べさせ、「あのお屋敷」に乗り込むスーザン。っていうかね、毎度のことだけど調べさせたそんな資料をだな、ティーンエージャーの娘に読ませるな…。

前に彼女を激しく動揺させたのはディアドラの妹だったんだね。ディアドラ、ケンドラ。確かに…。くだらないことを喋ってガードマンにつまみ出される寸前にケンドラが現れ、殺人の真相を聞いたスーザンはあっさり態度を翻します。

親子そろって解りやすすぎる。しかし、マイクもそうはのんびりしていられないはず。ヤング家は動いているのだから。

===ギリギリ度14→

というわけでまたポールはザックに対して鬼父ぶりを発揮。鎮静剤を飲ませて動きを取れないようにし、ウィステリア通りからのとんずらをはかりますが、そうはフェリシアさんがさせません。なんとポールの留守に家宅侵入し、ザックを自分の家に連れ帰ります。

更生施設にお勤めだっただけあり、家の中で不審な物を隠せそうな場所などをスイスイ探しだすし。でも、なんでわざわざ「ザックは私のところにいるわよ」なんてメモを残すのかと思ったら、恐怖の直接対決でした。

FELICIA:I am not my sister, Paul. You don't wanna screw with me.

いやー緊張した。決死の説得?でポールはザックを残して出ていくんだけど、最後に安心したフェリシアが隠し持っていたナイフをキラーンって出すところが今回のクライマックスだったかも。にしても、冒頭に書いた通り、フェリシアのザック(デイナ)への執着が何なのか、気になる。好意的だとは思うし、ザックの極端すぎる部分をもし救えるとしたらフェリシアくらい神経が太くて強い女じゃないと駄目なような気もするが。

リネット=今回はここでお笑いを引き受けた形だけど、リネット、どんどん陳腐な女になっていくな〜。つまらん。それだけアナベルの登場が彼女に与えたダメージが大きかった、と考えるしかないのだろうけれど、信じていたものが壊れると人間ってこうも、脆いものなのか…っていうつまんないオチになっちゃう。

===ギリギリ度11→

【追記】TBさせていただきました。
デスパレートな妻たち(第21回) (Snowdrops-Fairyの独り言 Ver.2

|

« 「メダル届かず」封印セヨ | トップページ | 赤い襖の謎 けものみち〈6話〉 »

コメント

rosedaleさん、こんばんは。

イーディのプチまつりは最高でした。全体的にダレて説明的だったのであそこはポイントでしたね〜。

リネットとトムは、なんだかんだいって安定していると思いたいのですがリネットの疑心暗鬼がよばなくてもいいピンチを呼んでいるようなw

そろそろどんな風に第1シーズンが終わるかを考えるときなのですね。ちょっと寂しい。

投稿: ruko | 2006/02/17 23:34

rukoさん、こんにちは。
昨日はパソコンが急に不機嫌になり、TBのみになってしまいました。

今週はイーディ小祭りがあったので、楽しく見れました♪

>どんどん陳腐な女になっていくな?。つまらん。

確かに。私も強くて逞しいリネットが好きなので最近はちょっと…。
でも、メイドコスチュームまでご購入してトムのファンタシーを
叶えようとするけな気なところもかわいくて好きです(笑)。
優柔不断なだけに見えたトムも努力してたし。素敵な夫婦です。

そっかぁ、フェリシャは財産目当て説、可能性ありますね。
シーズン終了までにどの程度明らかになるんでしょう?!

投稿: rosedale | 2006/02/17 12:50

Snowdrops-Fairyさん、こんばんは。

ガブちゃん、案外ナイーブ(おバカさん、のニュアンス)なのですねぇ。でもホワニータさんならやりかねないっていうのもまた一理あり、バカルロス君にいいようにされてるのが悔しい!

フーバーさんはやっぱり「妹」でしたね。っていうかまぁ、あの姉にしてこの妹あり、っていうか。やっぱりお金狙い?

投稿: ruko | 2006/02/17 00:36

Ricさん、こんばんは。

>>ただ単にソフィーをこれ以上、メイヤー家に居座らせておけない製作サイドの都合

これ以上見たくないという視聴者のリクエストに応えたのかもw なんて。

ミントさんへのコメントでも書きましたがフェリシアさんはずばりディアドラの家の資産狙い、という意見がかなり説得力ある説明でした。ディアドラを溺愛している父親、「家名に泥を塗った」と批判的な妹のケンドラ。そして、たぶん実の父であろうマイク…。

以前、ザックが施設から逃げたとき、マイクが携帯の番号を渡すシーンがありましたが、これがこうつながってくると、助けてコールの時も近い!?

お父さんは刻々と退場の時も近づいていますし、どうなるのか楽しみな展開になってきました。

投稿: ruko | 2006/02/16 23:44

ミントさん、こんばんは。

いや〜、あのポールが何も言えず何もできずですよ。さすがのディープインパクト。

そうそう、フェリシアさんの本意がわかりません。Snowdrops-Fairyさんのブログでは、ザック=ディアドラの子、っていうことで資産狙いではないかという推論コメントが出ていて、なるほど、と思っています。でもケンドラが邪魔ですよね(汗)。

投稿: ruko | 2006/02/16 23:38

rukoさん、こんにちは。

モーティーって、本当にソフィーでいいんですかねえ……苦労したいタイプなのかな。私にはわかりません。ただ単にソフィーをこれ以上、メイヤー家に居座らせておけない製作サイドの都合なのかもしれませんが。

それと今週のフェリシアさんは良かったですね。妹を殺した男を警察に突き出さなくて、良かったのかなとはちょっと気になりましたが。
もしかしたら、ディアドラの父とディアドラ本人の関係が、決定的にダメになってしまった何かがまだ出て来てないのかもしれないな、と考えていたりします。

投稿: Ric | 2006/02/16 22:22

こんにちは。

ガブリエルには「それを信じるなよ~!」と思っちゃいました。
でも、あの母ならやりそう、という危惧が彼女の勘を鈍らせたのかも。

しかし今回の影(?)の主役フェリシアさんの活躍にはホント背筋も凍りました。
フーバーさんの脅迫も今思うと可愛いものでした。
彼女の狙いは一体なんでしょうね?

投稿: Snowdrops-Fairy | 2006/02/16 21:12

rukoさん、こんにちは。もう本当に「フェリシア強し」のエピでしたね。
あのポールが小さく見えます。後で出したナイフも怖かったです。

>ザックの極端すぎる部分をもし救えるとしたらフェリシアくらい神経が太くて強い女じゃないと駄目なような気もするが。
そうかもしれませんね。でも、なぜ彼女がザックを助けようとするのかがわかりませんね。

投稿: ミント | 2006/02/16 13:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8681541

この記事へのトラックバック一覧です: フェリシア強し!〈第21話〉:

» 「デスパレートな妻たち」 第21話 [記憶の鞄]
「追い詰められて」 フェリシアが全て知っていたことにビックリ。妹マーサの日記から、マーサを殺したのがポールだとわかったようだが、ザックを救おうとするのは、何故だろう。妹を殺した人の息子だというのに。でも、ザックをポールから引き離すには一番いい方法かもしれない。フェリシアの、あのいつでも「すべてお見通しよ」という自信たっぷりな目は、かなり気味が悪い。 スーザン 今週のスーザン、行動的なところはよかった。母親ソフィーが、元のサヤに収まって一安心。それにしても、ソフィーは、あのまま年をとってい... [続きを読む]

受信: 2006/02/16 13:28

» デス妻#21:Sunday In The Park With George [ME TELLY & ICE CREAM]
アメリカの年金の受取申請用紙(私のじゃないです、父のです。笑)を記入しながら見てたので、スーザンのところなんかは適当に横目で見てましたが、さすがにフェリーシャのシーンはテレビに釘付けでした。あと、イーディ小祭りも♪*****モーティがプロポーズしてくれたおかげで、ソフィーがスーザン宅を出る。Yay!4度の結婚に失敗したけどもうナイーブじゃないって、単にでかいダイヤの指輪買わせただけじゃん…。プロポーズするために膝をつこうとするモーティを支えてクッションか何かを差し出したスーザンが、気の利く娘に一瞬見... [続きを読む]

受信: 2006/02/16 16:34

» デスパレートな妻たち 追い詰められて [欧米文化に浸かってます]
先週の分の話に戻っちゃってすみませんが、トムとリネットって「略奪婚」になるんでしょうか? どこを見ても「略奪婚」って書かれてるんですけど、先週のエピソードだけでは、はっきりそうとは説明されてなかったと思うんですが。実際、私はトムはアナベルと別れてから、リネットと出会って考え変わったんだと思ってましたが。どっかでそう、明言されてましたっけ? もしこれがレギオンの為せる技なら怖いなと思います。 それにしても、今週分はなんか印象が薄いなあ。シーズンフィナーレに向けて、話をまとめにかかってるせいなのか... [続きを読む]

受信: 2006/02/16 22:11

« 「メダル届かず」封印セヨ | トップページ | 赤い襖の謎 けものみち〈6話〉 »