« 松下さん、おつかれさまです… | トップページ | イーディ万歳♪〈第20話〉 »

2006/02/07

「吐きそう」 アンフェア〈第5回〉

前回ちょっと「をいをい」と思ったのですが、持ち直した?瀬崎(西島秀俊)を射殺したことは、展開としては強引だけど、雪平(篠原涼子)を叩かれキャラにするためだった、と。にしても、娘の美央と、牧村さんの誘拐に関しては「吐きそう」なことが次々起こっちゃいました…。

サヴァイヴァーサヴァイヴァー
デスティニーズ・チャイルド B.ノウルズ S.バーンズ

ソニーミュージックエンタテインメント 2001-04-25
売り上げランキング : 12,960
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

うーん、なんでデスチャ、それも「サヴァイヴァー」(生き残った者)にしたのか。これも伏線かも?以下、ネタバレでつれづれに。

誘拐事件が発生したときの新聞社の対応って、あんなモンなのかw っていうのがいちばん醒めましたな。1960年代70年代ならいざ知らず、地下鉄サリン事件で夫を失った高橋シズエさんの息の長い活動などもあって犯罪被害者への配慮っていうのはどこの社も、そして警察もガイドラインをもっているはず。まして、あんな安っちい編集長の独断で1面トップにそんな大変な記事を持っていけるはず、ないのであります。

あんな奴にG'z One Type R持たすなっつーの。端末が泣く。

それと、瀬崎射殺で押し寄せる「市民団体」。あの描き方も、よくない。

報道協定を結ぶかどうか、というところに、情報漏洩の可能性を考える部分だけは唯一リアルに感じられました。佐藤のテカの記者が、佐藤に記事の確認を求める電話をかけたことは、記者の基本動作だから「次のデスク」の餌に釣られながらも一応彼がまっとうな人間であることを示して好感度アップです。

編集長があっさり佐藤(香川照之)を斬ったと同様、雪平にも仲間が少な過ぎです。おとり捜査の失敗と犯人射殺の責任を雪平にかぶせる班長の小久保(阿部サダヲ)、捜査会議でその場にいて捜査手法は承認しておきながら、小久保を否定しない管理官の山路(寺島進)。警察の組織なんてそんなものと割り切ることもできますが…。疑い始めればきりがないのだが、ヤスモトさんと"薫ちゃん"三上(加藤雅也)、蓮見(濱田マリ)は最後まで味方でいてほしいところ。

安藤(瑛太)、なんだか過去の雪平の射殺事件に関して微妙な信号発信してませんでしたか?雪平に見せる執着心は別の感情なのかもね。

刑事たち(と検死官)のビミョーすぎるコスプレが、和みポイント。薫ちゃん、似合わなさすぎるw

佐藤と雪平が車の中で話していたとき、フラッシュ焚いて写真撮ったの、誰?距離があり過ぎてフラッシュ焚く意味は「撮ってまっせ♪」っていうアピール以外あり得ないと思うが。

そして牧村さん。人質には取られていますがしきりと「ごめんね、ごめんね」を美央に発しているのが気になります。どんな絡みでしょうか。それから、実行犯。比較的小柄で女かも、と思わせる演出でしたが、中が阿部サダヲでも寺島進でもアリのような気もするし。外から鍵のかかる倉庫で、パイプ椅子などがたくさん置かれた場所。あそこがどこなのか、というのも気になる。

後半になって「募金型犯罪」「アンフェアなのは誰か(ふたたび)」とキーワードがポンポンと出てきました。この回からは原作にはないオリジナルのストーリーということですが、再度、怪しい警察の面々のほか、岩崎書房関係の不愉快な方たちをターゲットに入れないといかんということになってきそうです。

国民1人あたり10円を、本来、身代金をもらうはずの犯人ではなく、雪平の口座に振り込ませるという仕掛け。世の中そんなに善意ではない、ということを示すため?瀬崎(と過去の少年)を射殺した雪平の「自業自得」が線としてつながる方向でしょうか。

【追記】おもしろいブログからTBいただきました。インパクト満点の似顔絵満載です。
犯人予想真面目に考えてみました「アンフェア」第5話 (「ボブ吉」デビューへの道

アンフェア 第5回 (ひとりごと

|

« 松下さん、おつかれさまです… | トップページ | イーディ万歳♪〈第20話〉 »

コメント

porcorossoさん、ふたたびです。

牧村さんの発言と行動、笑っていない目と気になることだらけ。今回ビスケットを美央と食べたときだけ本物の笑顔になっていたような。

周囲の人間も疑いだすときりがないです。三上も私はまだ完全にシロと思ってませんし、蓮見も怪しいんだよなあ…。というわけで次回も楽しみにしようと思ってます。

投稿: ruko | 2006/02/10 01:09

こんばんは。
あの牧村さんの「ごめんね」発言、かなり気になります。
何に対して謝っているのか、はっきりと言って欲しい!と思います。

>疑い始めればきりがないのだが、ヤスモトさんと"薫ちゃん"三上(加藤雅也)、蓮見(濱田マリ)は最後まで味方でいてほしいところ。
雪平さんの周りは敵だらけでお気の毒です。
この二人だけは本当の味方でいて欲しいものです。

投稿: porcorosso | 2006/02/10 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8556285

この記事へのトラックバック一覧です: 「吐きそう」 アンフェア〈第5回〉:

» 『アンフェア』第5回感想&原作読後所見 [つれづれなる・・・日記?]
「募金型誘拐」初回ですが、ネタフリというにはもう少しネタが欲しかった気はする。 [続きを読む]

受信: 2006/02/08 01:13

» アンフェア 第5話 [神無詩音]
「アンフェアなのは誰か?」 前回の事件で出てきた言葉がまた出てきました。 犯人は、誰なんでしょう? 瀬崎さんと、かかわりがあるのでしょうか? 家政婦かなと思っていたんですが… 違うのでしょうか? 雪平に募金がいくら集まるのか気になります。 募金型の誘拐事件... [続きを読む]

受信: 2006/02/08 01:22

» 犯人予想真面目に考えてみました「アンフェア」第5話 [「ボブ吉」デビューへの道。]
この「アンフェア」というドラマ、3つの事件が起きるらしい。 最初の事件は「推理小説型予告連続殺人事件」。 犯人予想は見事に外れましたが(笑)、推理小説を書いたのは 瀬崎(西島秀俊)とういうことでしたね。 ただ今回の、雪平の長女・美央ちゃんと家政婦・牧村さんが 誘拐された、「募金型身代金誘拐事件」の犯人も、 「アンフェアなのは誰か。」というキーワードを使っていて、 事件はつながってるという様相を呈してきました。... [続きを読む]

受信: 2006/02/08 18:23

» アンフェア 第5回 [ひとりごと]
アンフェア 第5回  [air date 2006/2/7] [お話] 世の中にはフェアな事なんて何もない。 目に目を。 復讐には復讐を。 アンフェアにはアンフェアを。 (by 牧村紀世子)“小説型予告殺人”は雪平が犯人を射殺という形で決着をみる。 翌日、雪平に「娘、美央を預かった。」との連絡が入る。 [登場人物] 雪平夏見(篠原涼子) 警視庁第一課 警部補。 娘、美央を誘拐したと犯人から連絡が入る。 捜査は誘拐専門の特殊班が極秘に開始。 雪平はおとり捜査の失敗、... [続きを読む]

受信: 2006/02/10 00:51

» 推理用資料まとめてみました。「アンフェア」 [「ボブ吉」デビューへの道。]
5話まで放送された段階で、まだ誰が犯人でもおかしくない状況。 というわけで、6話放送を前に、現状をまとめておきました。 これからの推理に役立ててください。 ◎『制作発表会見に出席された出演者』 篠原涼子さん、瑛太さん、阿部サダヲさん、 濱田マリさん、志賀廣太郎さん、加藤雅也さん、 寺島進さん、西島秀俊さん、香川照之さん。 普通に考えれば、誘拐事件や起こるであろう(?) 第3の事件の黒幕は、この中にいてもよさそうですね。 ◎『拳銃に関して』 ... [続きを読む]

受信: 2006/02/14 01:11

« 松下さん、おつかれさまです… | トップページ | イーディ万歳♪〈第20話〉 »