« なんでやねん 輪舞曲〈5話〉 | トップページ | 今週の検索フレーズ〈02/06-02/12〉 »

2006/02/12

失った9年 LOST〈第14話〉

今回は仕掛けはデカかったですがラスト2分までは意外と退屈だったかも…。それとクライマックスで使われた「あの木」ちょっと多用し過ぎ、と感じました。前回のシャノンたちも隠れたし、録画したものを見直してませんが、チャーリーが吊るされたのもあんな感じの木だった気がw

ipod_224-100.gif★「LOST」の続きはiTunes Music Store(US)で買えます。

「LOST」公式サイト(AXN)

みんなをハラハラさせたあの人が!で終わりました。以下、ネタバレ。

ウォルトとしっくりいってない父、マイケル。ジャックが「僕は父親の言うことを聞き過ぎたかも」って自虐的笑いを漏らしてましたが、父と息子って母と娘のようにはコミュニケーションがとれてないのが普通。まして、ウォルトとマイケルのような事情があれば、それは無理というもの。詳細は省略!マイケルは本業は画家だったんだ〜、という点と、前回?、愛おしげに見ていた箱の中に入っていたものの正体がわかり、スッキリしました。

ブーン、何事もなかったように、っていうかむしろロック様に心酔してるんですか(驚)。Teamロックは安泰ですねぇ…。ナイフを投げる方法を教えるロックに目を輝かせるウォルトは「投げるときに軌道が見えた」って不気味なことを言ってますよ。

そこに踏み込んだマイケルはウォルトをロックたちから引き離します。ちょっとこの辺から彼の心情がよくわからなくなってくるのだけれど、自分がどんどんウォルトから疎んじられていくのを恐れてなのでしょう、いかだを組んで島を脱出する計画を提案。

心配して話しかけてきたサンには素直に話せるのに、ウォルトを前にすると「父親ヅラ」したくなってしまい、余計に反感を買うという悪循環の繰り返しに。唯一の楽しみだった「スペイン語の漫画雑誌」まで焼かれてしまい、ついにはウォルトにjerk呼ばわりされてしまう。前回は気がつかなかったんだけど、今回はどアップでした、シロクマ。

マイケルの「キャストアウェイ計画」wにはほとんどのメンバーが懐疑的。シャノンは例によって、マイケル本人には「船酔いしちゃうから」と言ってるくせに、ブーンにはいつもの流し目で「お ね が い」ってするんだけど拒否られます。ブーン、let goしたのね。

漫画を焼かれてキレたウォルトが犬のヴィンセントを連れて仲間を離れ、Teamロックとマイケルは捜索に出ます。今回の一件は幻覚じゃないよね、ね、ね、って思いながら見てました。シロクマattacks。

残された謎は、ロックと別れた妻のパートナー、ブライアンが残した「ウォルトは特別だ」ということば。今回のタイトル「運命の子」、バックギャモン選手権17位のハーリーから2万ドル巻き上げられる力、そして何より「彼の力を伸ばさなくては」のロックの"まるっとお見通し発言"。まだ当分引っ張りそうです。

マイケル親子以外では「クレアの日記」がちょっとした事件に。チャーリーとケイトの2ショット、微笑ましいですなぁw そして、相変わらずのソーヤー君。「読みたくないはずだぜ」ってチャーリーを挑発して殴り合いに発展しますが、ちゃっかり日記を手に入れてました。もう読んだんだ…。

ソーヤーのことばが気になってなのか、クレアの日記を読まずにはいられなかったチャーリー。よかったね、日記の中で落とされてなくて。けれど、そこには「黒い岩」の記述が。サイードがルソーのところからぱちってきた地図との符合も考えられますが、ジャックは例によって冷静。「夜中にジャングルに出ていっても仕方ないだろう」とたしなめます。

きょうは比較的ロックが「白(=善人)ロック」でしたが、私は信用してないから…。今回も捜索のあと、ヴィンセントを探すために「夜のジャングル」にどんどん出ていっています。ガサガサと茂みから音がして、出てきたのはクレアでした。

記憶を失っているね、間違いない。 

【追記】TBさせていただきました。
LOST 1-14 (深慮遠謀

「LOST」第14話 運命の子 (韓国ドラマファン

LOST(ロスト) Season1-14 (ひとりごと

LOST 1-14 「運命の子」 (There for you

LOST:運命の子 (number.3*

|

« なんでやねん 輪舞曲〈5話〉 | トップページ | 今週の検索フレーズ〈02/06-02/12〉 »

コメント

KEIさん、こんばんは。

ブーンとロックの関係はこれからも注意していかないといけないと思いますが、ナディアとサイード…どうだったのでしょうか。島で起こることが「必然」と考えると、それまでのそれぞれの人生がたどってきた道が投影されるのだろう、と思っています。

ってこうやってああでもない、こうでもない、って考えるのが楽しいドラマなんでしょうね、基本的には。

投稿: ruko | 2006/02/16 23:36

rukoさん、こんにちは。
TBありがとうございました。

ロックに「依存」してるブーン。
それ、言えてますね。

マイケルのロックへの気持ちは嫉妬に他ならないと感じました。
自分に迷いがある時にウォルトの気持ちを掴んで見せるロック...面白くないでしょうね。

ナディアとシャノンが同じタイプだと思いたくないのだけど、
でも、そう考えると、ナディアはサイードの心を操っていたのかも?なんていう想像が膨らんでしまいます。
そうであって欲しくないですけどね。

投稿: KEI | 2006/02/16 11:38

rosedaleさん、こんばんは。

>>サイード、騙されやすそうなタイプなので心配です

前も書いたかもしれませんが、ナディアみたいなお金持ちタカビー女に弱いと見た(汗)ので、シャノンはストライクゾーンかなりどまんなかなんではないかと。傷つかないことを、祈りたいです。

ダークエンジェル、公式サイト見に行ったらシーズン2まであるようですが、シーズン2の放送予定ないんですよね。1がクリフハンガーで終わっちゃったらどうしましょう。

投稿: ruko | 2006/02/14 22:24

rukoさん、はっぴーばれんたいんずでい♪

私もロック信用してませんっ(^^;)。すべてお見通しで神っぽい雰囲気を出してるのに、いい人には見えないんですもん。でもマイケル親子が打ち解けたから今回は許してあげます。シャノンはブーンのことほんとはどう思ってるんでしょうね。サイードといい雰囲気なのに、ブーンにもまだしっかり甘えてたし…。サイード、騙されやすそうなタイプなので心配です(汗)。

記事ズレですが、実は私も今更ダークエンジェル見てます。えらい中途半端に終わると聞いてるので気合いを入れず適当に見てます。今のところ一話ごとに一応完結してますが、まさか最終話だけ超クリフハンガーってことはない…ですよね・・・・ね。

投稿: rosedale | 2006/02/14 14:21

porcorossoさん、こんばんは。

マイケルとの対立シーンを見るまでもなく、ブーンはすっかりロックを親分とする鉄砲玉の位置づけになってしまってますから、ロックは何かちょっとヒントを与えればブーンを自由自在にできそう…おそろしいです。

シロクマは2頭目ですよね。夏になるとよく暑さでぐったりしている動物園のシロクマがニュースで放映されたりしますが、あそこはみんなノースリーブで暮らせる熱帯なのに、どうやってシロクマがあんなに元気にウォルトを襲えるのか、実に謎ですねぇ。

投稿: ruko | 2006/02/14 00:39

ちょしさん、こんばんは。

やっぱり皆さん突っ込みどころは一緒のようですね。ブーン、シャノンを放したら次はロックに「依存」しなくてはならないとすると、かな〜り人格に問題アリでしょう。

ウォルトの「特別な能力」。もし、ウォルトが漫画で見ていた「恐ろしいシロクマ」を召喚できたとしたら…。ロックはそれを利用したいんじゃないでしょうか。うわーん、書いててこわくなってきちゃいました。

投稿: ruko | 2006/02/14 00:35

こんばんは。
ブーンがすっかりロックの子分?状態になっているのが笑えました。(^^ゞ
個人的にはロックもブーンもひいきにしているのですが、あのブーンの様子はちょっと心配。
ロックに巻き込まれなければいいのですが...。

何で、南の島にシロクマ、なのでしょう?

投稿: porcorosso | 2006/02/14 00:19

rukoさん、こんばんは。
ロック、ますます怪しいですよね。私も信用していません(笑)。
ブーンがすっかりロックの犬になっているのはおかしかった。シャノンから乗り換えたのかと思うほどです。
やっぱり死後の世界・・なんですか?(^^;)

投稿: ちょし | 2006/02/13 23:40

akkoさん、こんばんは。

チャーリーの右往左往ぶり、その善人で小市民なキャラクターが前面に出ていて、実によかったですね〜。

クレアのお腹はまだ大きいように私には見えましたが、当然納得のゆく説明はナイと覚悟して次回見ようと思ってます。

投稿: ruko | 2006/02/13 22:48

ミントさん、こんばんは。

>>あまりにもロックさんが「すべてお見通し状態」
確かにおっしゃる通りで、彼が何か発言すると裏を読んだり考えたりしてしまい、ドラマの筋が楽しめないですね。かく乱されるというか。

確かに、島の謎についてはこれだけ時間が経過しながら何一つ解決した様子がないのは、ストレスです。やっぱり死後の世界だからよくわかんないんでしょうか。

投稿: ruko | 2006/02/13 22:47

rukoさん、こんにちは^^。

クレアが戻ってくるとは・・・。
何だか本当なんだろうかと思ってしまいました。
暗くて良く分かりませんでしたが、顔に傷もたくさんあったようですね。

何があったのか、知りたいような、知りたくないような(笑)。

チャーリーの一人芝居、面白かったですね♪

投稿: akko | 2006/02/13 14:43

こんにちは。
タイトルからすると、ウォルトが「運命の子」なんでしょうね。
ブライアンの言葉が意味深で、またまた謎が増えました。

>"まるっとお見通し発言"。まだ当分引っ張りそうです。
あまりにもロックさんが「すべてお見通し状態」なので、最近新鮮味が薄れてきました。
謎も少しずつ解明していったほうが面白味が増すのになあ、などと思ったりしています。

投稿: ミント | 2006/02/13 11:30

Ricさん、ふたたび。

ブーンは前半、水を盗んでリーダー格のジャックの優位に立とうとしたエピソードがありましたよね。だからたぶん、ロックが放っている「力」のオーラに惹かれているのではないかと踏んでいます。

>>マイケルのロックに関する感情って、完璧嫉妬

そうか。「嫉妬」ということばを使えば完全解決ですね。なるほど。シックスフィート・アンダーは未見なのです…。自分よりも子どものことをわかっている他者、となると、尚更ということなのでしょうね。

ありがとうございました!スッキリ寝られそうです。

投稿: ruko | 2006/02/13 00:34

Mさん、こんばんは。

解放されてすっきりし過ぎのブーン君、と思って観ていました。その気持ちが私には理解不能でしたがw

othersとハッチ、そして黒い岩は何か関係があるのでしょうね、多分…。今は早くも、どんなクリフハンガーで第1シーズンが終わるのかを公式サイトを見ずに考えようとしているところです。

投稿: ruko | 2006/02/13 00:25

こんにちは、rukoさん。

>ブーンはすっかりロックの虜
我が家ではもっぱら「こいつ腰巾着と化してない?」でした。

ちなみに私、ソーヤーは日記は見てないんじゃないかという気がします。そこまではさすがにやってないんじゃないかな。ケイトも「またしょうもない嘘ついて」って感じでしたし。

マイケルのロックに関する感情って、完璧嫉妬ですよね。ウォルトが父親である自分より、ロックに懐いているのが気に入らないんだろうなって(実は今週のシックス・フィート・アンダーが、母と娘なんですが同じような話でした。よくあるんでしょうね、こういうこと)

投稿: Ric | 2006/02/13 00:24

rukoさん、こんばんは~。

ブーンはすっかりロック様の虜って感じですね。ロック様の言うところの魂の解放の結果なんでしょうか。

クレアが帰ってきたことで、また本筋の話が進みそうです。othersも気になりますが、ハッチも気になるところ。まぁ、二つの事象が関連しているのかもしれませんが。

投稿: M | 2006/02/13 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8630979

この記事へのトラックバック一覧です: 失った9年 LOST〈第14話〉:

» LOST 運命の子 [欧米文化に浸かってます]
先週を見た時から、ブーンとシャノンの関係って何かを連想させるなーって思ってたんですが、ようやく思い出しました。V.C.アンドリュースの小説です。何となく、似てるんですよね。兄妹の複雑な関係とか、そこら辺が(あくまで私が「なんとなーく」思ってるだけですが) 屋根裏部屋の花たち V.C. アンドリュース, 中川 晴子, V.C. アンドリュース ちなみに彼女の代表作はこれ。恋愛小説であり、虐待モノであり、家族の因縁あり……とにかくドロドロ。いや、好きですけどね。高校時代夢中になって読んでま... [続きを読む]

受信: 2006/02/13 00:08

» LOST 1-14 [深謀遠慮]
第14話 原題:Special 邦題:運命の子 衝撃のラスト・・・ [続きを読む]

受信: 2006/02/13 00:11

» 「LOST」 第14話 [記憶の鞄]
「運命の子」 不思議な力を持っているのは、クレアのお腹の子だけだと思っていたが、ウォルトにも「特別な力」が備わっていたようだ。 ウォルトの母スーザンは弁護士だった。ウォルトを妊娠していたときは、法科大学院の学生だったので、マイケルは一時的に絵の勉強をやめて、お金を得るために建設関係の仕事をしていたらしい。しかし、ウォルトが1歳9か月のころ、スーザンは念願だった国際法の仕事をするために、ウォルトを連れて、アムステルダムへ行ってしまう。不運にも、マイケルはその後交通事故に遭ってしまう。そして... [続きを読む]

受信: 2006/02/13 11:23

» LOST 第14話「運命の子」 [閑遊閑吟 ]
今回はマイケルとウォルトのエピソードが中心。 マイケルのフラッシュバックは10年前にさかのぼります。 画家志望で建築関係のバイトをしていたマイケル。 上昇志向の弁護士の妻(籍は入っていなかった)は早々にマイケルに見切りをつけ、 まだ1歳のウォルトを連れて海外に行ってしまいます。 しばらくして妻から上司のブライアンと結婚すると言う電話を もらったマイケルは交通事故に遭い、 1年のリハビリを強いられ、ウォルトに会いにも行けず絵を描いて送り続けます。 マイケル10歳。 突然ブ... [続きを読む]

受信: 2006/02/13 23:36

» LOST(ロスト) Season1-14 [ひとりごと]
LOST(ロスト) Season1-14  Special    1/19/2005(ABC) [お話] 航空機が墜落してから3週間以上が経ち、 クレアが行方不明となってから1週間が経とうとしていた。息子ウォルトを探すマイケル。 ウォルトがロックにナイフ投げを習っている姿をみて激怒する。 [キャスト] ・マイケル(Michael Dawson) ということで今回のフラッシュバックはマイケルとウォルト親子。 10年前。 女性と楽しそうにお買い物をするマイケル。... [続きを読む]

受信: 2006/02/13 23:57

» LOST #14 [ME TELLY & ICE CREAM]
OZの語り屋オーガスタス・ヒルことマイケルとその息子ウォルトが本エピの中心。 マイケルの元カノ=ウォルトの母スーザンが、 Pary O'Fiveのチャーリーことジャック(マシュー・フォックス)の元カノだった。 PO5では確か、子供が嫌いだっつってチャーリー兄ちゃんと別れたんだっけ。 死んじゃったのでマシューとの絡みがないのが残念ですな。ウォルトの姿が見えず探すマイケル。ナイフ投げのコツをロックから教わっているウォルトを見つけるが、とにかくウォルトがまたロックと一緒だったのがマイケルは気に... [続きを読む]

受信: 2006/02/14 14:21

« なんでやねん 輪舞曲〈5話〉 | トップページ | 今週の検索フレーズ〈02/06-02/12〉 »