« 意外な接点 LOST〈第16話〉 | トップページ | 雪平のミス アンフェア〈第8回〉 »

2006/02/27

イナバウアーではチャラにならない

トリノオリンピックが閉幕。日本選手の活躍という点では物足りなかった人も多かったのかもしれませんが、欧米人が圧倒的に有利とされるフィギュアスケートで荒川選手が金メダルを獲得したのは大収穫でしたよね。

君なら翔べる!-世界を魅了するトップスケーターたちの素顔君なら翔べる!-世界を魅了するトップスケーターたちの素顔
佐藤 信夫 佐藤 久美子

双葉社 2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

荒川選手の得点にならない持ち技「イナバウアー」が流行語になってしまったのが、おかしかった。これが夏のオリンピックだったら流行語大賞にノミネートされていたでしょうね。

ブームは歌舞伎にも。歌舞伎座夜の部「道成寺」では所化さんの「マイマイづくし」に「荒川選手の黄金の舞い」が出ただけでなく、ラストのしぶ〜い人情話「小判一両」の最大の泣かせどころで、菊五郎さんが死んでる田之助さんを使って「イナバウアー」ってやって、泣かなきゃいけないところで観客が大笑い、共演の吉右衛門さんも肩をプルプルさせていた、とあちこちの歌舞伎鑑賞ブログに報告がありました(爆笑)。

あと「パシュート」ってずっとなんだろうって思ってたんですがpursuitだったんだね。驚いた。

冬季五輪についての見解は過去のエントリ「メダル届かず」封印セヨに書きましたが、もう少し補足したいと思います。

前のエントリにも書きましたが、ひとことで言うと「勝手に期待して、勝手にがっかりされたんじゃ、こっちはたまんねえな」ってことですね。

オリンピック自体の「見せ物的価値」の高騰に大きな原因があるでしょう。高いお金を出して放映権料を買っているテレビ局各局は、それに見合った数字(視聴率)が必要になります。自国の選手が活躍、ましてメダルを取ってうれしくない人間がいないことに「つけこむ」形で、選手あるいは競技のいい面しか紹介しない。不安な点などを指摘することを自粛してしまう。

ゆえに、結果だけ見れば「メダル届かず」になってしまった。最悪の期待倒れのように言われているスノボーですが、選手たちのメンタルだけではなく、メダルをもっていった米国勢は世界選手権に出場していなかったことなどを事前にとりあげた報道がどれくらいあったでしょうか。

選手の強化についても企業のスポーツ振興からの撤退などについて前回のエントリでも書きましたが、JOCのスタンスがどうなのかちょっと見に行ってみました。

JOC-選手強化

この中に2002年当時の資料ですが「ゴールドプラン」というのがありました。PDFの資料なのでリンクは貼りませんが、ものすごくビミョーなデータがたくさん並んでいて、読んで思わず笑ってしまいました。

例えば。

・主要NOC(国のオリンピック委員会)別のメダル数と国内総生産との相関」によると、わが国のGDP相関を前提とすると、推定で58個のメダルを獲得して相当である。
→これは元になってるデータがシドニー夏季五輪。ちなみにアテネの獲得メダルは37個でした。GDP的に言うとあんなにメダル取りまくった感じがあったのに、まだ全然足りないってことに(ぷ)。

・1996年(アトランタ当時)のメダル獲得率が1.7%であることをふまえ、早期にメダル獲得率が倍増し、3.5%となることを目指す。
→メダル獲得率っつーデータの価値が意味不明ですねw アテネのメダル獲得率はどれくらいだったんだろう。

・真にメダルを狙える・メダルが期待できる競技種別に絞って強化費用を配分する。2001年当時は以下の競技。「水泳」(競泳・飛び込み・シンクロ・水球)、「スキー」(アルペン、クロスカントリー、ジャンプ、ノルディック複合、フリースタイル、スノーボード等)
→これが「松」の競技であることはわかったが、ランクには松(=Aランク)からDまで4ランクある。ほかの競技はどういう位置づけなのか、情報が開示されていない。

と突っ込みどころ満載でした。そしてこの「ゴールドプラン」の中には、夏の大会種目より原則としてお金がかかる冬季種目についての考察は、ないんだなコレが。本日付の朝日新聞夕刊には、荒川選手がスケートを始めた仙台のリンクは2年前に財政難でクローズしたことが小さくちいさく、書かれてありました。

荒川選手の金メダルでなんとか格好がついた形になりましたが、選手の強化策や予算の重点配分などについて、JOCはもっと真剣に考えないといけないでしょう(たぶん、やらないと思うが…orz)。「シンボルアスリート」などで小金を稼ごうなどと思ってはいけないと感じる。

また、見ている我々も単に「感動した!」「頑張った!」だけではなくて、もうちょっと冷静な目線が必要かと。どうやって貢献できるか、っていうとものすごく難しいところではあるけど。カーリングなんて特に、オリンピック期間中はけっこう楽しんでみんな見るくせに、終わると速攻で忘れられちゃうもんね。

と、書いているときりがないのでこのへんで止めておきます。外野はなんとでも言えるんですよ、無責任なことをね…。

【追記】TBさせていただきました。
トリノも終わり (ALBEDO 0.073

|

« 意外な接点 LOST〈第16話〉 | トップページ | 雪平のミス アンフェア〈第8回〉 »

コメント

luceさんおひさしぶりです。

ブログを休止するというエントリを拝読して少々残念に思っておりました。わざわざコメント寄せていただき、恐縮です。

「ピアス」の表現は外国のショップで通じず、大英博物館やV&Aなどに展示されているイヤリングもだいたいは「ピアス」だったため、ちょと気になっていたことでした。ありがとうございました。

いつかブログがまた再開するのを楽しみにRSSリーダーに残しておきますね。

投稿: ruko | 2006/04/03 23:47

以前、荒川選手のピアスネタの時に
『英語では「ピアス」って言わず基本的に耳に着ける物はイヤリングと言っているような印象があります。
業界ではイヤリングとピアスは異なる表現でされているかどうか』
とのコメントを頂き、後にブログに書くと言いつつ、
ブログを休止することにしましたので、こちらにコメントさせていただきます。

ruko様の仰るように耳につけるジュエリーは金具の違いはあっても
正式には全てイヤリングと呼ぶそうです。
また、ピアスという名称は正しくなく、本来ピアスド・イヤリングと言うそうです。
(イヤリングの歴史について調べてみると、紀元前から19世紀迄ピアススタイルで、
イヤリングスタイルの登場は19世紀途中からとのこと)

業界の表現の仕方ですが、やはり便宜上区別してると思います。
パーツの名称も細かく分かれてるいるし・・・
ピアスは万人ができる物ではないので、やはりイヤリングと区別した方が、
何かと都合が良いのではないでしょうか・・・?勝手な推測ですが。
ですが歴史や正式名称からか?一流宝飾店等(特に海外の)では
ピアスもイヤリングと称してるように思います。

この程度では参考にならないと思いますが・・・ごめんなさい。

投稿: luce | 2006/04/03 20:17

なるもにあさん、こんばんは。

もうちょっと時間があったらもっときちんと調べたかったんですけど、さらっと見ただけでこれだけ「?」なので、どんだけデタラメなのか?っていう気がしますね(汗)。

思うに02年にゴールドプランをつくって、04年のアテネが、久しぶりにウハウハだったためきちんとやらなきゃいけないことができてないんじゃないかと思ってます。

JOCについてはこれからもウオッチしていきたいかな、って。恐らく、ですが「スポーツ振興」ということで文部科学省が所管だったりして学校の先生のなれのはてとかがやってるから、経営感覚とかなさそうですよ…。

こういうこと言い始めると「国体」はどうするべきか、的な話とかもどんどん出てきていやーな方向に話がいっちゃうんですよね。

投稿: ruko | 2006/03/01 21:51

>オリンピック自体の「見せ物的価値」の高騰

なるほどー。
貴重な資料もありがとうございます!
個人的には金のかかる「スポーツ振興」をサポートするのに「見せ物事業」要素が必要なのであれば、それもいたしかたないと思います。
以前オーストラリア選手(でしたっけ?)の全裸ポスターで資金ぐりをする、という発想に感動もした私ですので。
でも、それならそれでもっときちんと事業として整えるべきですよね。(選手も巻き込んで)

&遠くメダルに及ばない選手を、もちあげて価値をむりやりつけるのって
詐欺だと思います。(商品としてみたら偽ブランド?)

>選手の強化策や予算の重点配分などについて、JOCはもっと真剣に考えないといけないでしょう

メダル獲得事業なのなら、もっと厳しい資金調達も経費運営も必要でしょうに。
ゴールドプランの内容はあまりにもザルですね!!びっくり。
今回のことでフィギュアが優遇されるのは目に見えていますが
他国とのからみで、層が薄いところを狙う、という発想もあるでしょうし・・・。

あくまでスポーツ振興なのならメダルのことは関係なく、選手にいい経験を積ませるための鍛練の場くらいで、オリンピックを位置づければ
こんなバカバカしい、誰にでも見え透いた「悲劇」(喜劇?)は起こらなかったと思います。
このズブズブ体質って、なんだか日本の大企業病を見る思いです。

とっても興味深い考察をありがとうござました!!

投稿: なるもにあ | 2006/03/01 17:03

Lady-eさん、こんにちは。

お祭り騒ぎすることをすべて否定する訳じゃないんですよね。

実際、アテネで金を取った体操の選手たちは子供時代に見たオリンピック選手の活躍をきっかけに競技を始めたりしてるわけで。

オリンピックの「参加することに意義がある」の解釈も改めて考えないといけないし、開会式の映像を見ると選手じゃない人が相当行ってるように見えました。

過去の栄光とか力関係とか、そういうのをどう排除して前向きな未来を構築するか。このあたりの透明性を高めるにもメディアの役割は大きいですよね。

客観的なデータの積み重ねがあってこそ、ここは報道するべきか自粛したほうがいいか正しく判断できる気がします。

TBの件は相変わらずヘンですね。すみません。

投稿: ruko | 2006/03/01 10:53

rukoさん こんばんわ
おー マニュアルでTB書きしてくださったんだ
すいませんm(__)m

いや、試してみたたら
今回もダメだったので あはは
感謝ですm(__)m

そうですよね
盛り上がり方とか
選手のことにしても伝え方
工夫して欲しいかな

それに、メダルを目指しますと
言わずにはいられない雰囲気とか
勢いとか
言うことで、気持ち盛り上げるとか・・・
そいうのもわかりますしね・・・

あと弱気とか故障とかの放送を
事前にするのは
戦略的にデメリットがあるから
好評しないってこともあるでしょうし
非常にムツカシイのかも?

しかし
これから、マスコミは・・・と言えば
きっと荒川を番組に生出演交渉
これに命かけるんだろな(^^;
荒川が出れば視聴率取れるらしいからね~(^^;

投稿: Lady-e | 2006/03/01 02:01

Lady-eさん、こんばんは。

ひとことで言うと「盛り上げ方」をもっと上手にやらないと、情報操作と言われても仕方ないって話ですよね…。まさか選手の側は「いや、メダルなんてとんでもない」って言うわけにはいかないので「上位を狙います」って言わざるをえないじゃないですか。

甲子園に初出場した公立高校が「優勝を狙います!」ってイキオイで言っちゃったりするのと似てるかも。

「スポーツジャーナリズムの不在」っていうのは大きいと思います。要はスポーツ紙を見ても新聞を読んでもテレビを見ても、同じような取り上げ方しかしない。荒川といえばイナバウアー、みたいに。どこかの媒体で、きちんとしたデータや客観的な情報を出していれば、これだけみんなが「見当ハズレの期待」をしなくてもいいような気もします。

投稿: ruko | 2006/02/28 23:53

あはは
そうだね イナバウアー
少なくとも今まで知らない人が
みな知った言葉かも(笑

期待・期待はずれ
に関しては
勝手に・・・という部分は
そうだよねって思うの
庶民(^^;が勝手に ガッカリしたって
言っていいと思うんだが
マスコミが期待を表現するのは
少し真面目に考えて欲しいよね

実際、メダルなんて最初から
期待できない選手だっていっぱいいて
そこにも期待する
という表現は
希望的期待
運がよければの期待
そいう表現なのか
実際、その人がベスト記録が
出ればメダルなのか
ベストを更新しなければメダルは
確率は低いのか・・・
こいう表現は全面に押し出さないにしても
匂わせないと(^^;
庶民は、莫大なる期待をしちゃうσ(^_^;

マスコミ信じた人がバカを見る(^^;
つー 話が
選手を信じてアホでした
になってしまうのは どかな?と
思ったり してますです。
私もアホなんで、マスコミに
踊らせられるタイプなんで ハハハ(^^;


とはいえ・・・
はじめから、期待うすーと
表現していったら
参加者以外は盛り上がりにくいものになり
世界の祭りって感じになってるから
そこに参加したいと思い
目指す人も増えるという意味では
必要であり・・・
難しいですね。

投稿: Lady-e | 2006/02/28 05:17

えりこさん、こんばんは。

>>菊五郎さんは怒られなかったのか

吉右衛門さんが笑ってたってことはOKだったんじゃないかとスルーしていました。あの舞に出てらした方では菊五郎さんだけが人間国宝だし…。お客さんの中にはちょっとどうかと思ったって方もいらっしゃったのかもしれませんが。ちょっと見てみたかったような、ストーリー的には台無しだったような。えりこさんはあの演目楽しかったっておっしゃってたから、ちょっとどうよ、って思われたのでは?

アルペン4位入賞は確かに大きかったかもですね。今までオリンピックでは、かすりもしなかった(汗)分野だけに。それからカーリング。長野のときも実はちょっと注目されたのですが忘れられるのも早かったです。

選手がオリンピックに出場できるためには年間を通じて練習できる場所が必要不可欠なので、やはり常設シートがある常呂(来週の月曜からは北見)か軽井沢か、はたまた青森か、っていう話になるので、状況としてはなかなか厳しいのではと感じます。

投稿: ruko | 2006/02/28 00:00

rukoさん、こんにちは。
荒川選手の「イナバウワー」が歌舞伎にも取り入れられたとのレポートには私もビックリしました。しかもあの『小判一両』の泣かせどころで・・・(爆)。菊五郎さんは怒られなかったのか、ちと心配になりました(苦笑)。

今回の五輪は荒川さんの金メダルがまさに『値千金』になったわけですが、4位入賞の選手が「この競技で!」ってところに出たところに私は注目してます。特にアルペン。スノボのハーフパイプに関してはアメリカが大会に出てこないっていうのをどこかの記事で読んでいて、日本選手が有力と書きたてられていたときに「本当か?」と思ってしまったものでしたが、結果的には世界、特にアメリカとの圧倒的な差を見せ付けられる形で終わってしまいましたよね。
カーリング女子は7位入賞という形だったけど、あの諦めずに前を向いて試合をしている姿にとても感動させられました。彼女達が涙を流した時、私ももらい泣きしたくらいです。このカーリング熱が少しでもこの先まで残って有望な選手が将来的に出てくれればいいなと思います。

投稿: えりこ | 2006/02/27 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8865126

この記事へのトラックバック一覧です: イナバウアーではチャラにならない:

« 意外な接点 LOST〈第16話〉 | トップページ | 雪平のミス アンフェア〈第8回〉 »