« 雑誌「助六」の段治郎さん | トップページ | 花形歌舞伎チケット到着 »

2006/03/14

みんな怪しい アンフェア〈第10回〉

っつか雪平(篠原涼子)、急所を外せない奴ですか(苦笑)?元夫の佐藤(香川照之)が関与している疑いは濃厚だとしても、なんだかつじつまが合ってないのに…。最終回を前に、薫ちゃん(三上=加藤雅也)も怪しいし、みんな、ますます怪しく見えてきます。

推理小説推理小説
秦 建日子

河出書房新社 2005-12-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関テレ「アンフェア」公式サイト

「バツ印殺人事件」は次々に被害者を生んでゆきます。以下、ネタバレ。

本日午後、最終回前の番宣をやっていたので一応録画して観てみました。「おさらい」を兼ねて怪しい人物---登場人物ほぼ全員---が紹介されちゃってます。小久保(阿部サダヲ)や安本(志賀廣太郎)、山路(寺島進)、そして安藤(瑛太)もね。

誰がどのノートPCを使っていたか、というのも重要なポイントのようです。前回、牧村(木村多江)のメッセージは佐藤のノートPCから発せられていたんですけど、気になったのはGatewayのノートPCでした。ほかの端末はどれもDellなんですけど、ひとつだけGatewayのが混じっています。ただ、誰が触っていたかはこの番組でも触れられていなかったので、過去の放送を録画してる方は要チェックかも。ちなみに早速私のサイトに「Gateway 真犯人」で検索してたどり着いちゃった方がいる模様w…ノーヒントですみません。

最終回に向けもう一段、謎を深めたいってことなのでしょうけれど、肝心の捜査のアラが残念ながら目立ってしまった感がありました。例えば。

1. 蓮見(濱田マリ)を「おとり」とするのであれば、火災報知器が発報した場合、あれだけの数の捜査員を潜らせてるならまず何人かは蓮見の部屋をかためるのが常識では。
2. 佐藤が捜査線上に浮かんであれだけ議論されているのであれば、車を洗い出して行動確認をつけてしかるべきでは。そのために都内中にNシステム張り巡らせてる訳だしねぇ(汗)。

小久保が仕切ってるからヌケてて当たり前かw っていうか、山路が捜査担当の管理官を外れるのはやむをえないとして、係長の小久保が仕切れるはずないではないか。本庁から次の管理官が派遣されてくるに決まってるのに。

と揚げ足をとったところで、今回は岩崎書房の部長(大高洋夫)、そして久留米(井上順)まで殺害されてしまった。それぞれドラマの前半で「アンフェア」な言動が目立った人物です。

蓮見が生き残った理由も謎だけど、意識を取り戻して「アンフェアサイト」のドメインを喋ったっていうのも、なんだかちょっと興醒めな展開です。

今回は、安藤が美央と雪平との間にたち、母と娘の気持ちが少し通いあうところも見どころだったのですが、安藤本人の疑惑も払拭しきれていない、むしろサイトドメインの管理人は本当に佐藤だったのか。これまでのストーリーで佐藤が特別にネットやパソコンの操作に詳しかったことは描写されていないので余計に唐突感があります。

「わかりました!」ってプリントした紙を持ってきたのは安藤だし、彼はかなり詳しいのはみんな知っているわけで。「僕じゃ駄目ですか」が演技で雪平にダメージを与えるためだったとしたら、安藤、あんた残酷過ぎでしょう。その葛藤が「いろんなことがあり過ぎて疲れました」になってしまうのかもしれんが。

と、ぐっと安藤黒幕説に立って観てしまいました。

それから、ひとりPCに向かって何かしてた薫ちゃんも、あの薄い笑いが怖い。雪平に最も近い人間が次々に彼女を裏切るっていう展開からすると、安藤と薫ちゃんは確かに当たった時のダメージが観ているこっちにも大きいんだが、ヤだなぁ。

そしてラスト、父が亡くなった現場に「サイト管理人」を呼び出した雪平。現れた佐藤、響く銃声。急ぎ過ぎだと思うよ…。せっかく近くなった美央ちゃんがまた遠くなる〜。

管理人が佐藤につながっていれば、あの場所に呼び出すことは簡単だと思うから。父の事件となると安本さんもアヤシイってことにもなり、あー、何がなんだかわからない…。

と、過去の放送を録画していなかったことを今さら少しだけ悔いております。次週はいよいよ最終回。どんな「アンフェア」な結末が待っているのか楽しみに待とうかと。

〈過去のレビュー〉
バツ?罰?×! アンフェア〈第9回〉
雪平のミス アンフェア〈第8回〉
暗転 アンフェア〈第7回〉
牧村さんキタ!アンフェア〈第6回〉
「吐きそう」 アンフェア〈第5回〉
真犯人。アンフェア〈第4回〉
か弱き者とは アンフェア〈第3回〉
うわーん…アンフェア〈第2回〉

【追記】TBさせていただきました。
アンフェア 第10回ひとりごと

|

« 雑誌「助六」の段治郎さん | トップページ | 花形歌舞伎チケット到着 »

コメント

Lady-eさん、二度目のコメント。

個人的には
本命:安藤
対抗:薫ちゃん
大穴:安本さんか、ホントに佐藤

かな、って思っているんだけど、安本さんの出番が後半急速に減ってることを考えると安本さんは違うのかなと思ってます。

思うのは、これ以上死体が出ないでほしいということと、美央ちゃんが悲しまないような結末にしてほしいってことでしょうか…。

投稿: ruko | 2006/03/17 00:25

あ、わざわざ
TB打たせていただくようなことは
何も書いてないんだけど(^^;
打たせてもらいましたm(__)m

投稿: Lady-e | 2006/03/16 23:31

鋭い!!

安藤いいヤツ
みたいな感があったけど
実は安藤ってこともありえるんだよねぇ

最終回まで楽しませてくれるよね

誰なんだろぉー
アンフェアなやつぅ!!

投稿: Lady-e | 2006/03/16 23:28

uranus-planetさん、こんばんは。

PCのメーカーの件は特番で「ネタバレ」というかヒントとして提示されていたので私もあわてて見ていたんですけど(笑)、薫ちゃんのはデスクトップPCだったように見えたのでやはり安藤なのか?という感じです。

おっしゃる通り制作者の意図に翻弄されていますが、まぁこのまま翻弄されてもいいかなと思っています。次回、これだけ大きく出たのですからぜひみなの納得する「アンフェア」なエンディングになることを期待しています。

ちょっとだけ放送延長もするようですね。

投稿: ruko | 2006/03/16 22:06

ノートPCのメーカーまで気にして見ているなんてっ!
「時効警察」では小ネタ探しの為、隅々まで目を配るようにしていたのですが
このドラマではそこまで見ていませんでした。(小ネタじゃないし?)

佐藤の白衣のポケットのもの、三上の見ていたPC画面、撃たれた佐藤などなど
きちんと映していない部分が多すぎるのは
視聴者がいろいろな推理ができるようする為なのか、(←まぁこの線はないか)
全て曖昧にしておいてアンフェアと突っ込まれずに終わらせる為なのか、
ほんとに単なる伏線なのか、
製作側の意図?に翻弄されっぱなしです。
次回最終回を見てスッキリ納得したいですね。

投稿: uranus-planet | 2006/03/16 14:46

かりんさん、こんばんは。

>>最後の佐藤を撃ったのは雪平ではない
おっとぉ?ちょっとちゃんと観ていなかったです!マジですか…。

安藤君が雪平親子の間で非常にいい役を負っていたので、まさか彼がアンフェアの張本人だとは思いたくないんですけど、どうなっちゃうのでしょうね。

蓮見からドメイン名を聞き出したのも実は安藤だったりして、とちょっと疑っていたりするんですけども。

投稿: ruko | 2006/03/15 23:00

porcorossoさん、こんばんは。

佐藤さんは確かに怪しいのだけれど、人殺しキャラではないように思っていました…。しかしなぜ拳銃持ってるんでしょうか(汗)。

>>私的にはどちらでも、イヤ
私もまったく同意見ですけれど、恐らくどちらかは黒幕ナンバー1なのですよね?

投稿: ruko | 2006/03/15 22:30

rukoさん こんばんは!
一番の疑問は脳損傷の蓮見からどうやってドメインを聞きだしたかです。
最後の佐藤を撃ったのは雪平ではないような気がするのですが。
今週は雪平と美央ちゃんがようやく誤解がとけほのぼのした空気が生まれました。
安藤がこの雰囲気を壊さないで欲しいと願うのみです。

投稿: かりん | 2006/03/15 20:56

こんばんは。
佐藤さん、怪しすぎます...。
結局、彼、一体、何をしているのか、そこが今ひとつ推察できないところでもあります。

>安藤と薫ちゃんは確かに当たった時のダメージが観ているこっちにも大きいんだが、ヤだなぁ。
それなんですよね。(^^ゞ
観ている方のダメージを考えると、この二人のどちらかだった場合、インパクトありすぎです。
ドラマ的にはこのどちらかですよね...。(^^ゞ
私的にはどちらでも、イヤ...です。

投稿: porcorosso | 2006/03/15 01:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/9092589

この記事へのトラックバック一覧です: みんな怪しい アンフェア〈第10回〉:

» アンフェア 第10回 [ひとりごと]
アンフェア 第10回  [air date 2006/3/14] [お話] 世の中にはフェアな事なんて何もない。 目に目を。 復讐には復讐を。 アンフェアにはアンフェアを。 (by 小久保係長?)誘拐事件の共犯が蓮見であることが判明。 雪平は蓮見のマンションに向かう。 蓮見は横たわり、手にはバツの印、そして、佐藤の名刺が残されていた...。 [登場人物] 雪平夏見(篠原涼子) 警視庁第一課 警部補。 安藤(瑛太) 刑事。 三上薫(加藤雅也) 検... [続きを読む]

受信: 2006/03/15 00:46

» アンフェア 10話 [くつろぎ日記]
僕じゃだめですか・・迷惑ですか・・しっかと抱きしめる安藤にぐらぐら〜んときたわ。 雪平も腕を回して、あらら・・・脈有りじゃないですか? 篠原ってば、赤西に続いて瑛太と?全くいい役回りよね。。。いいな・・ 美央ちゃんが安藤のことを書くときも「あんどう」って呼び捨て状態なのに笑ったし。 子供って親のいうとおりにするのね。もしも雪平が薫ちゃんと呼んでるのを聞いたら 美央ちゃんはボードに「かおるちゃん�... [続きを読む]

受信: 2006/03/15 20:57

» アンフェア [ALBEDO0.39]
アンフェア きったない部屋 どうしたらこんだけ汚せるんだ?という 状況 でも置いてあるものはすべてセンスが良い家具で・・・ そう思っていたら、綺麗に片付ければやっぱり! 素敵なインテリアを使っていたんですね だから汚い部屋でも(^^;なんとなくオシャレな感覚が 出てたのかもしれない・・・。 そんな汚い部屋に住む 凄腕の美人女刑事雪平 仕事の勘どころのよさ 強い女性でありながら 弱い女性の部分も見え隠れする  篠原涼子さん とってもうま... [続きを読む]

受信: 2006/03/16 23:30

« 雑誌「助六」の段治郎さん | トップページ | 花形歌舞伎チケット到着 »