« 「プランB」 〈地上波第20話〉 | トップページ | 呪われた数字 LOST〈第18話〉 »

2006/03/12

1982年 輪舞曲〈9話〉

え、発砲しちゃうの?全部当たらずかい…。しかし宋さん(橋爪功)細かいとこまで神経行き届いてるね。まさかパトライト回して現場に臨場するとはw

さよなら3さよなら3
RUI(イ・スンチョル) 松井五郎 J.Y.Choi

ユニバーサル・シグマ 2006-02-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今週はすごい勢いでネタバレ、つじつま合わせ全開でした。そしてキム・ヘスクさんって名前と顔が一致してなかったんだけどまたこんなゲスト出演…。というわけでさくっと。

しかしこれ、最初からこういう展開にしようと思ってつくってたのだろうかw あの伊崎さん(石橋凌)の粘着なキャラだったら殺された佐倉の家族にも思いが行って当然だろうと感じるにもかかわらず、佐倉さんちの娘ふたりは韓国に放置?

ありえん。

逃げ出した琢己(竹野内豊)、どこに逃げると思ったらヨンジェさん(シン・ヒョンジュン)のところですねw 一気に仲良し。

そして無理矢理一同出国、韓国へ。ヨンジェさんはモグラだったことがバレる一足前に逃げ出したってことでOKですかw

出国前に琢己(と「ショウ」)に別れを告げるふたりの対照的な日本人女性。最後まであっけらかんとした風を装うあきら(木村佳乃)、イイね。琴美(市川由衣)は急に改心しすぎた感がありちょっとカンベンw

あきらといえば、先週ノートPCを無理矢理借りたメガネ刑事君に今度は科捜研で何かやらせた上に蹴り入れてましたね。ああいうシーンはちょっとほっとする(笑)。別に暴力肯定する訳じゃないけど。

そして、韓国。
「浜辺の歌」に秘められた秘密もあっけなく開陳。ユナ(チェ・ジウ)、家族写真とユニちゃんからのCDと、いくら急いでいたからって大切なものふたつもいっぺんに忘れるかね。

そして琢己は一気に1982年の真相へ近づきました。腕の傷はやっぱり宋だった、と。やっぱり写真的には左腕なんだね。今日のフラッシュバックでも右腕に見えるが、もういいよどうでも。

そして風間(杉浦直樹)と宋が語る神狗の成り立ち。やっぱり大きな動きは宋の仕掛けらしい。ということはユナにも嘘をついているということだね。でもユナとユニに見せる顔は愛情があるようにも感じるんだけど、敢えて日本人の女の子をふたり引き取り娘として育て、何か日本嫌いな韓国人として「プログラム」を使った何かを計画してる、と。

今週はいつヨンジェさんが撃たれたりするんじゃないかと心配で仕方ありませんでしたw

さて、だいたい皆から突っ込まれた部分についてはこの回でフォローしたとして、これからどうなる。そして天使ユニは生き延びられるのか?

ヤだよ〜。ユナが死んで、その心臓がユニにいくとかいう安直な展開にしたら。でもなりそうでコワイ。

【追記】TBさせていただきました。
輪舞曲 ロンド 9話  [輪舞曲 ロンド]   (まいぶろぐ その2
輪舞曲〜ロンド(第9回) (Snowdrops-Fairyの独り言 Ver.2

|

« 「プランB」 〈地上波第20話〉 | トップページ | 呪われた数字 LOST〈第18話〉 »

コメント

FUUSさん、こんばんは。

>>他のキャストの中に、その年頃の男性が今現在いない
まったく同感です。だから、唐突に別の韓国人とか出てきても、ねぇ(笑)。

確かに少々投げやりになっていますが、ここまできたら乗りかかった船ですので沈む時はご一緒に…え、違うって?

投稿: ruko | 2006/03/16 22:10

宋の傷のこと、私も気になりました。
しかし・・・もしも宋が琢己の父の敵でないとするならば、他のキャストの中に、その年頃の男性が今現在いないんですよね~。いきなり全く知らない人物が犯人という卑怯なオチになってしまうのでしょうか?
まあ、あんまり考えないでおきましょう。
←かなり投げやりになりつつあるかも

投稿: FUUS | 2006/03/16 19:51

mitomitoさん、こんばんは。

そんなもんを求めても仕方ないんですけど、やっぱり登場人物の描写に深みがないので、あきらだけでなく琢己もユナも、もうひとつ魅力的なキャラクターになっていないのが残念です。

そういう意味では狙ったわけでもないでしょうに脇の八百まつさんやヨンジェに意外と深みが出てしまっていて、なんか微苦笑。

宋の得体の知れなさが、ちょっとちょっとぉ!っていうエンディングにならないことを今は祈るのみですね。

投稿: ruko | 2006/03/13 23:09

viviさん、こんばんは。

ついにお引っ越しされましたね…。FC2ブログの使い勝手、また今度お邪魔したときにでも聞かせてください。

ぐるくんさんへのコメントにも書きましたが今回は比較的愛をもってドラマの結末を見守ることができそうです。シン・ヒョンジュンオッパーありがとうw

にしても、なんか微妙ですよねぇ、展開…。

投稿: ruko | 2006/03/13 22:53

rukoさん、こんばんは。
確かに、伊崎さんの性格だったら佐倉一家のことも放ってはおかないでしょうね。
宋に関してはまだまだナゾな部分が多い気がします。
ユナが「また3人で元のように暮らそう」って言ってるってことは、ホントの親子のように暮らしてたんでしょうね。

あきらちゃんってホントにいい子なんだけど結局琢己のパシリ状態でなんだかチョット可哀想。
それに、せっかく木村佳乃をキャスティングしてるのに、もったいない使い方してるような気がします。

投稿: mitomito | 2006/03/13 22:51

ぐるくんさん、こんばんは。

「チェオク」のときの苦い経験をもとに、ダメだと思ったらあまり入り込まない、っていうのを前提条件にしたらあまり腹立たしくもなくなってきました(汗)。

確かに今週は八百まつのふたりとヨンジェがいなかったら真剣に救いがなくなってましたね…。

記憶を失う、っていうのもシュールレアリズム。ユナは頭がいいのかそれほどでもないのか、相変わらずよくわからないです。っていうかユナのキャラクターに深みがないのが残念ですね。

投稿: ruko | 2006/03/13 22:38

とうとうお引っ越ししました
ロンドへのTBも不能な位重いので、まいぶろぐその2に再度アップしました。
記憶喪失に韓ドラテーストを感じてもうひきまくり。
ならば、心臓移植もありじゃないですか、、、
右腕疑惑。風間の右腕をみたいものです。

投稿: vivi | 2006/03/13 20:36

 rukoさん、TBさせて頂きました。

 辻褄合わせに近い展開に、残念な気持ちもプラスして閉口・・・

 なんかね~ちっとも心震えないのです。

 今回は「八百まつ」夫妻の人情とヨンジェの人柄に救われたかな・・・

 ユナのバカッぷりに、「よ~~く考えてごらん?おかしいだろうが・・・」と耳元で囁きたい気分ですw

 

投稿: ぐるくん | 2006/03/13 11:57

Sayopeeさん、こんばんは。

>>実は裏の裏があったりするんですかね?
あったら怒りますよ(滝汗)。やっぱり右腕に見えますよね?

展開が気になるということは例の「チェオク」同様、ハマってるってことですよね。なんかTBSの思惑に最終的にのってるみたいでイヤかも(またイヤな汗)。

投稿: ruko | 2006/03/13 00:47

satesateさま、どうもどうも。

佳乃ちゃんの蹴り、レビューに追加しなきゃ。確かに主役の竹野内さんいまいち影が薄いと言われても仕方ないですね。

物理的にパソコンの前にいる時間が減っているのでコメントとかエントリとかたまってタイヘンです。歌舞伎減らすかテレビ減らすかで当面、テレビ減らす方向かもしれないです(汗)。

投稿: ruko | 2006/03/13 00:40

再びこんばんは。

>腕の傷はやっぱり宋だった、と。やっぱり写真的には左腕なんだね。今日のフラッシュバックでも右腕に見えるが、もういいよどうでも。
私も右腕で撃っているように見えましたけど…実は裏の裏があったりするんですかね?

>ヤだよ〜。ユナが死んで、その心臓がユニにいくとかいう安直な展開にしたら。でもなりそうでコワイ。
ん〜、大胆な予想!(笑)
でも、あり得ないとは言い切れないですね。

何のかんのと私は目が離せないドラマなので、あと2回、楽しみに見てみます。
最初数回はここまではまるとは思わなかった…(^_^;)。

投稿: Sayopee | 2006/03/12 23:37

rukoさん、こんばんは。
プランBへのコメントは、
ロンド始まる前に書き始めて、
ロンドのCM中に送信しました。
まさに、同じ時間にPCに向かってますね。

なんか、今回は最終回に向かって、
次回以降出番の無さそうなキャラとのお別れの回かしら。
琴美とか、隆太くんとか。
この分だと、ママはきっと、最終回には登場しますね。

基本は、チェジウのプロモーションドラマ。
なんか、竹野内くん、不憫になってきた。
木村佳乃ちゃんや、シン・ヒョンジュンさんに美味しい所とられちゃって、ますます影が薄くなっていくような、、、。

それでは、お邪魔しました。

投稿: satesate | 2006/03/12 23:36

Snowdrops-Fairyさん、こんばんは。

琢己と宋は違う車に乗っていたと思うので両方とも偽物だと私は思いました。しかし、遊園地にパトライトつけた車が何台も来たらかなり目撃証言とかありそうなのに、まぁイイっす…。

>>アンデー
す、すみません。今回はヒョンジュンさんかなりイイ感じなので最後まで生き抜いてほしいと思ってます!マジで。

最後のオチっていうかユニをどんな形で最大限活用するか。ここがまた腕の見せ所じゃないですか(汗)?

今回TBとおってすごくうれしいです。ココログ、本当にわからない。

投稿: ruko | 2006/03/12 23:19

rukoさん、こんにちは。

>しかし宋さん(橋爪功)細かいとこまで神経行き届いてるね。まさかパトライト回して現場に臨場するとはw

あれは端から全部偽物ですかね?
警察にまだモグラがいるのかと思っちゃいました。

>今週はいつヨンジェさんが撃たれたりするんじゃないかと心配で仕方ありませんでしたw

アンデ~!!
それだけはダメ~!!!(笑)

最後のオチは・・・。
rukoさんに1000点!
でも配当低そう・・・。(苦笑)

トラックバックもさせていただきました。


投稿: Snowdrops-Fairy | 2006/03/12 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/9060077

この記事へのトラックバック一覧です: 1982年 輪舞曲〈9話〉:

» 輪舞曲〜ロンド(第9回) [Snowdrops-Fairyの独り言Ver.2]
ドラマには色々な楽しみ方があるものです。 でも私の楽しみ方はきっと邪道ですよね。 いいんです、だって好きなんだもん!! rukoさんの「New雑記帳」 [続きを読む]

受信: 2006/03/12 23:00

» 輪舞曲 第9回「運命の地、ソウルへ」 [今日のわたくしゴト]
竹野内君、メリーゴーランドのオレンジイエローなライトを背負って 銃を構える姿がカッコイイ。 香港ノワールなら、充填されている弾数より多く撃てると思うけど。 ユナ、ちゃんと空砲になりましたね。 「卑怯者。撃ちなさいよ」。卑怯者を、「○○サラン」と言っていたので、 それほど、ヒドイ罵り言葉ではないもよう。 「殺さない、どんなに憎くても。俺はそれを大切な人たちから教わった」 「娘を見逃して欲しい。私が�... [続きを読む]

受信: 2006/03/12 23:27

» 宋だったのか! 「輪舞曲」第9話 [Blog(ブログ)@Sayopee.net]
 「輪舞曲」第9話。  勘のいい方は予想されていたと思いますが、黒幕(?)は宋だったのですねぇ…。 ′部でささやかれていた琢巳・ユナ兄妹説が否定されたので、ちょっと安心しました(笑)。これで兄妹じゃあ、「冬のソナタ」モードですものねえ(お。まあ、今回はユジン..... [続きを読む]

受信: 2006/03/12 23:31

» 輪舞曲 第9話 [ときどき思いつき日記]
「卑怯者」と言って涙を流しながら引き金をひくユナ。   どっちが卑怯者なのよ〜。自分がシェンクーだったくせにぃ〜卑怯者の理由はユニへのメール。でも琢己は知らない。   だ〜か〜ら〜 メールはパパの仕業。銃声を聞いて警察が来ます。琢己は逮捕されます。でも...... [続きを読む]

受信: 2006/03/13 09:13

» <168> 輪舞曲 #9 [「ぐるくん」のひとりごと]
 「卑怯者」「ユニにあんなメールを送るなんて・・・」と銃をむけたままのユナ。   ユナの逆鱗は「ユニ」なんだ・・・  琢己に向けてか自分の思いを断ち切るためか、当らぬ弾を撃ちつくしたユナは「撃ちなさいよ! 早く撃ちなさいよ!」と迫る。  「殺さない。 どんなに憎くても・・・ 俺はそのことを大切な人から教わった。」と琢己。  ふ〜ぅ、一気に大人になりました琢己君。  警察に行こうとユナを説得�... [続きを読む]

受信: 2006/03/13 11:46

» 輪舞曲 ロンド 9話 [まいぶろぐ その2]
なんか一気に謎解き。しかし想像通りでビンゴ!でした。 出たーあ 記憶喪失! 宋は実父ではなく、やっぱり、日本人佐倉刑事の娘、佐倉愛だった。 宋の腕に傷がありましたとさ。 [続きを読む]

受信: 2006/03/13 20:27

» 『輪舞曲』(9話) [雲のゆくえ]
あれ?なんであんな至近距離で撃ったのに、当たってないの? ユナ、わざと外した? やっぱりどうしても撃てなかったのかな… いつの間にか現場に現れた宋さん、ニセパトカー出動なんてやっぱ頭切れるんだ〜〜 さすが!! ... [続きを読む]

受信: 2006/03/13 22:46

« 「プランB」 〈地上波第20話〉 | トップページ | 呪われた数字 LOST〈第18話〉 »