« ホア男、その後 | トップページ | ナルニア国物語第1章 ライオンと魔女 The Chronicles of Narnia:The Lion, the Witch and the Wardrobe »

2006/03/18

三月大歌舞伎 昼の部2回目

結果として今月は毎週土曜日、歌舞伎座に通ってました(滝汗)。きょうは急でしたが朝、「ジキル&ハイド」を観に東京に遠征中の今日のわたくしゴトのsatesateさんにお目にかかり、お芝居がはねた後はSNSのミクシィのイベントに初めて参加して、歌舞伎好きなみんなで飲みましょう!という会に出てきました。

20060318104228.jpgきょうは幕間に時間があり、2階に展示されていた十三世仁左衛門さんのお写真をゆっくり拝見することができました。観ている方はやはりお年を召した方が多かったように思います。

歌舞伎の男たち、女たち-芝居をみる楽しみ歌舞伎の男たち、女たち-芝居をみる楽しみ
丹羽 敬忠

洋々社 2006-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
→このご本の著者の方もイベントに参加されてらっしゃいました。単に演目を解説しているのではなく、登場人物に焦点を当てています。写真もかなり使われていました。「教科書」の一冊になりそう!!

続きはkabuki雑記帳に移動しました。

三月大歌舞伎 昼の部2回目でどうぞ。

|

« ホア男、その後 | トップページ | ナルニア国物語第1章 ライオンと魔女 The Chronicles of Narnia:The Lion, the Witch and the Wardrobe »

コメント

satesateさん、こんばんは。せわしい東京、おつかれさまでした!

>>バレエのチュチュみたい
はっ!それだぁ〜。あの衣装を見て、なんかデジャヴーな感じがすると思ったのですが、確かにw 白い「タイツ」ですしねぇ。

先週は、立ち回りに入る前のかみしもの処理が手間取って(特に進之介さん)ちょっとだいじょぶ?って思いながら見ていたのですが昨日は万事スムーズだったような気がします。

幕見も人気のある演目だと朝早くからすごい列ができていたりするので、ほどほどの演目なら幕見で楽しめますよね〜。歌舞伎は観ててわからないことは家に帰って調べると「ほぉ、そういうことだったのか」的なこともあり、キリがありません…。

東京遠征の旅ブログ楽しみにしております!

投稿: ruko | 2006/03/19 23:40

rukoさん、昨日は、お世話になりました。
無事、歌舞伎座、幕見デビューを飾ることが出来ました。
rukoさんと、rukoさんのブログのおかげです。
ありがとうございました。

黒と白の蛇の目傘で登場した愛之助さん。
黄色い足袋に、たかももだち(高股立ち)姿を拝見して、
バレエのチュチュみたいと思いました。

歌舞伎のお約束を知るのは楽しいなあと思って、帰ってきました。

これから、東京遠征の際は、
幕見がクセになりそうです。

投稿: satesate | 2006/03/19 22:36

カヲルさん、こんばんは。

>>それにあなた、ハマリすぎですw
一応自覚はしてるんですけど…。と、とめられない………。というわけで、いけるところまでいってみようと思ってますw しばらくしたら仕事で動けなくなるかもしれないし(汗)。

後見さんは、1階の中程から後ろで見ていると、ちょうど役者さんの影に隠れていろいろしてらっしゃるので何やってるかよくわからないんですよね。上から見るか、今回くらい近くから見るかだとしみじみ解りました。お芝居の流れを乱さず、手早くタイミングよく仕事をするのにはかなり神経を使うのではないかと拝察しました。

こんないっちゃった私ですけど、懲りずにまた遊びにきてくださいw

投稿: ruko | 2006/03/19 19:42

rikaさん、こんばんは。

香り、やっぱりすーっときましたよね?先日は一階のかなり後ろでの観劇だったのですがやはり感じたので、何か仕掛けがあるのでしょうか。知りたい…。

>>玉三郎さんの眼力に思わず眼を伏せた

あぁ、わかるわかる…。私も、役者さんに無遠慮な視線を送れるのはもっと後ろの列だと昨日しみじみ解りましたw 1列目2列目は前すぎます(贅沢!)。

さて、困ったちゃんがかける大向こうですが、浪花花形歌舞伎の初日はヤバイ予感が私もします。この前の愛之助さんのトークのレポートを読んでついたコメントに「次回は私も大向こうをかけてみようと思います!」ってあったんですよね〜。私が行く週末もビミョーかなって思ってるんですが……。頼む。空気読んでほしい。

昨日お話しした方のなかには、番附を見ながら大向こうをかける人が近くにいてどうしようもなかったため、周囲の人と一緒に止めたことがあるっておっしゃってた方がいましたw 粋に大向こうをかけられるためには役者さんだけじゃなくて演目の筋も知っていたほうがいいし、踊りや所作も知っていた方がいい、となると、初心者にはかなり難度が高いように感じるんですよね。

でも、いいタイミングでかかるとかっこいいなぁと思うことも事実なので、そういうことができる人限定でやってほしい、とついつい思ってしまいます。

投稿: ruko | 2006/03/19 19:38

mimiさん、こんばんは。

体調はよくなりましたか?ネコ様はご安着されましたか?

ミクシィについて。例えばウィキペディアの説明はどうでしょうか。ちょっと古いですがインプレスのブロードバンドウォッチの記事なども参考になるかも…。

ミクシィに実際入ってみて驚いたのは、ありとあらゆるジャンルに「コミュニティ」と呼ばれる情報交換ページが存在することでした。メンバーが参加しているコミュニティをみると、ある程度どんなことに興味がある人なのか解る仕組みになっていることも、またおもしろい点だと思います。

コメントを書き込んだり、今回のようにオフ会(イベント)に参加するという積極的な関わり方からネットと同じように読むだけの関わり方、あるいは仲間同士でさらにクローズドなコミュニティをつくって情報交換することもできます。

参加者の平均年齢はかなり低めかなと思うこともありますが歌舞伎の場合は若い方から50代60代の方までいらして、間口の広さを実感しました。観劇のあと、感想を話したり歌舞伎について感じていることなどを話すことができたのは楽しかったですね〜。

投稿: ruko | 2006/03/19 19:32

なんで、なんでぇ。メルアド必須かよ!
思わず捨てアド晒しちまったぜぇw

投稿: カヲル | 2006/03/19 01:38

わー、リンク辿ってきちゃいましたけど、
超早出しの観劇文ですね。凄すぎです!
それにあなた、ハマリすぎですw
おいらがハマった時もそれほどじゃなかった・・・w

幸四郎の後見さんは、おいらも4階席から
オペラグラスにかじりついて見てました。

ん?何か袂から出したぞ?アレは何だ?
あー、汗を拭くのか。なるほどねぇ。
近くの席だったら、汗をかくのもわかるんだろうな。おいらもたまにはいい席で見たいなぁ・・・。

投稿: カヲル | 2006/03/19 01:36

rukoさん、こんばんは。

私も『道明寺』を観た時は、「香り」は感じました。ずっとではなく、何かの時にすうっと香りが流れていったような感じでしたが・・・。

1月の松竹座で前方のお席を取っていただいた時は、玉三郎さんの眼力に思わず眼を伏せたものでした(笑)。後ろで見るのとはまた違う世界が観えますものね。

私はまだ「オイオイ」な大向こうには遭遇していないんですけど「浪花花形」の初日には、何か遭遇しそうな予感がするんですが・・・(笑)。はずれればいいんですけど。。。

投稿: rika | 2006/03/19 00:25

rukoさん こんばんは
今日は、色々と素敵な経験をされたんですね。ミクシィって聞いたことはあるけどよく
わかっていません。 ここ見たらわかるよっていうサイト等あれば また教えてください。

私は歌舞伎仲間、今の所友人一人とうちの
母だな~ たまに一度行かない?と誘って、
何人か引っ掛けたことはあるけど・・
普段は、ネットで情報収集andイメージの補完をしております。ひとり観劇も多いので。 
でも、こうやって感想言い合うのも楽しいね!

 先日の舞踊公演の次の日から風邪をひき、
熱が出る直前で止めているのでかなり、しんどい日々です。(適当な嘘で会社休んだ罰ね)
今日、ベッドの入れ替えをし、明日は実家にうちの愚息(猫@マロン)を迎えに行かなくてはならないのに・・部屋ぐじゃぐじゃ!!辛っ!

投稿: mimi | 2006/03/18 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/9149673

この記事へのトラックバック一覧です: 三月大歌舞伎 昼の部2回目:

« ホア男、その後 | トップページ | ナルニア国物語第1章 ライオンと魔女 The Chronicles of Narnia:The Lion, the Witch and the Wardrobe »