« 「完結編」待ち けものみち〈最終回〉 | トップページ | 1982年 輪舞曲〈9話〉 »

2006/03/12

「プランB」 〈地上波第20話〉

1回目はお話のドラマティックな展開にびっくりしていたんですけど、落ち着いて2度目みると、冷静なハン尚宮様でも失敗することがある、ということを実感するお話でした。それとあのときはスルーしていた「捕盗庁(ポドチョン)」ということばにハゲシク反応してしまった自分…orz

家庭でもできる「宮廷女官チャングムの誓い」韓国宮廷料理 (1)家庭でもできる「宮廷女官チャングムの誓い」韓国宮廷料理 (1)

竹書房 2005-05
売り上げランキング : 9,672
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「プランB」とは英語で、失敗したときの代替案のこと。もちろん、ストーリーを盛り上げるためこの展開はアリですが、パルガタンにこだわってしまったハン尚宮様、そうするべきではなかったのではと感じてしまいました。以下ネタバレ。

甘酢をめぐってスコーンとニアミスするハン尚宮さまとチャングム。まぁ料理最終対決が迫ってるのにここでまたドラマティックな要素もってこなくてもイイってことですよねw

そして、いつも通りですが、かめになめた指何度も入れるのはやめようね、チャングム。酢の高い酸性でたぶん殺菌されるんだと思うけどw だいたい、かめを掘り出したときに手、汚れたでしょうに。

2度目見ると「秘伝のアカアリ酒」をめぐるトックおじさん夫妻の思惑がなんだか重たいです…。ハン尚宮さまが最高尚宮(チェゴサングン)になるかもしれないんだからワイロは必要でしょ、ってカラッとしてるおばさんに笑いましたが次が重要。

「そしたら、最高尚宮様が交代してもあんた料理人クビにならなくて済むだろ」。

うわーん(以下自粛)。

チェ・パンスルは妹を最高尚宮にするため二重三重の罠を張り巡らせました。

チャングム、あなた危うく女官になり損なうところだったマンドゥの一件から何も学習してないのか……。食材をきちんと管理してなかったら死を招くことは身をもって経験してるはずなのに。

ヨンノが放ったニワトリとネコによって、下ごしらえした食材がダメになってしまいました。しかしニワトリやネコって冬虫夏草も食べるのかい。

冒頭に指摘した「ハン尚宮様のミステイク」はここからの立ち直りの手段です。ミスはひとつだけではなかったと考えます。

1.冬虫夏草のパルガタンは捨てて、メーンディッシュはもっと手に入りやすい食材で組み立て直すべきだった。
→ミョンイの思い出と幻がもたらしてくれたヒントで、思い入れが深いのはわかる。しかし、冬虫夏草にこだわったために時間を浪費した点は否めず。

2.次善の策を考えつつ、トックとは別行動でほかの食材調達、あるいは宮中に戻る手段を考えるべきだった。
→夜だったため、女性が一人歩きできなかったという可能性もあるが、一刻も早く宮中へ戻ることを高い優先順位に設定するべきだった。

3.2とかぶりますが、船に乗って移動しないとたどりつけないような場所にこの期に及んで行くべきではない。
→船は天候が荒れたら出ない可能性もあり、トックに託すべきだった。

まぁこんな感じかな。拉致られることが第一目的(苦笑)なので、こういう展開になったと思うんだけど、何よりも王様と皇太后様のお祝い膳に穴をあけないことを考えるのが最高尚宮になる人物の心構えだと思うんで、残念ながら疑問が残ってしまいました。

拉致の現場を目撃したトックおじさんとおばさんの会話。犯罪ですから当然なんですが「捕盗庁の役人に知らせよう」っていうことばに激しく反応しましたw あぁ、私もそういう意味では立派な「チェオク廃人」なのね。

「妹の耳には入れなくていい」って言っていたくせに結局、ハン尚宮が競い合いに参加できなかったことを妹にヨンノ経由で教えるパンスル兄。「そんなことしなくても勝てるのに」ってチェ尚宮は自信満々っす。
→追記:ヨンノが「〜とのことです」とチェ尚宮に言ってたので、兄上が当初の考えを変えたと判断しました。

一同がそろったところであまりにも明白なハン尚宮さまの不在。チャングムが例によってしゃしゃり出てきて、最高尚宮さまもかばうため、ハン尚宮がもどってくるまでの条件つきということでチャングムが料理にあたることが許されました。

口添えをした形のクミョンの独白「チャングムが私を傷つけたのと同じだけ、傷つく姿を見たかったからdeath」。こえー、こえーよ…。

その頃、愛するチョンホ様がチャングムさんのために全力でハン尚宮様を捜索しているのに、ねぇ(苦笑)。

そんなクミョンのブラックな思惑も知らず「正しいことを言った」と褒める女官長様…orz

東宮殿から松茸を仕入れてくれたミン尚宮さまと牛肉をガメてきたチャンイw やっぱり明確に「ハン尚宮派」と思われても仕方ないな。

で、最終決戦、始まっちゃいました。「こじんまりした宴席」でコレw さすが王様たちは違うね。

一品目のおかゆ、二品目の「巻き物」終わってチェ尚宮チームが2-0のリード。「巻き物」でチャングムが出したメミルチョンビョン(そばのクレープ)は皇后様がことのほかお気に召した様子で、お話がかなり下ってからまた出てきますのでこれ、お忘れなく。

三品目の冷菜はチェ尚宮のお得意の品。ここにいよいよ最終兵器甘酢登場。「生まれて初めて食べる味」と言わせてます。チャングム、一矢報いる。

しかしここで皇太后様がハン尚宮の不在を知ってしまったのでした。どうする、チャングム。

えーとね、皇太后様ってこのだいぶ後になりますけどニンニクがお嫌いだったはずなんですよね(汗)。そんなくだらないことが気になってしまうのでした。

ま、こんなときなんでやっぱり土壇場カウンターあげときますか。18話以来の「土壇場カウンター=7」とします。

【追記】TBさせていただきました。
チャングム20話 (愚者の楽園

|

« 「完結編」待ち けものみち〈最終回〉 | トップページ | 1982年 輪舞曲〈9話〉 »

コメント

ふみえさん、こんばんは。

お褒めにあずかり恐縮でございます…。ほかのレビューとはどうやって違いを出すかっていつも少し頭のすみっこに置きながら書いてはいるんですけど、勝手な独白ですので…。てれますね。

>>手タレを使わないのって確か彼女だけだったと聞いています
そうだったのですね。だからハン尚宮さまとチャングムの手はときどき同じなんだ…。イ・ヨンエさんは包丁持つシーンで流血したらしいし(汗)ミン尚宮さまは台所に立ったことが全然なさそうなヘッピリ腰でしたから、ますますチェ尚宮さまの鮮やかな包丁さばきが際立ちます。

次回も楽しみなのに、お休みなんですよね…

投稿: ruko | 2006/03/13 22:46

こんにちは。
やっぱりrukoさんのレビュー良いです。大好き♪見ないと20話が終わった気がしないのです。
文中にリンク張ってくださってありがとうございます。お手数おかけして恐縮です。
今回はチェ尚宮の包丁さばきに見ほれてしまいました。手タレを使わないのって確か彼女だけだったと聞いています。役柄だけでなく実際もお料理が上手だなんて素敵な話ですね。

投稿: ふみえ | 2006/03/13 18:09

satesateさん、こんばんは。

ご期待に添えるようもうちょっと8話、19話並みのブリリアントなタイトルを考えるよう努力します…。

でもこれからシンドイ展開になってきますからね、なんか笑えるようなタイトルをつけられるかどうか…。でも「坊やだからさ」をタイトルにしようかと思う回は、実はあるかも(笑)?

投稿: ruko | 2006/03/13 00:49

Tantarmさん、こんばんは。

ニンニク問題は、医女編のとき、確かに蒸したり煮たりするとジャガイモっぽくホクホクはするんだけどどうしてもあの香りは残るので、どうやったら皇太后様にバレなかったのか、ということについて個人的にアツくいろいろ思いをいたしていたので「オイ」って感じでしたw

冷静なハン尚宮さまも、最高尚宮の座が目の前に迫ってくるとなるとああなってしまうのね、と。チャングムにクミョン的危機管理を求めても無理なので、ねぇ。

投稿: ruko | 2006/03/13 00:38

rukoさん、再び、こんばんは。
お返事のコメントさっそくありがとうございました。

ブログタイトル。ちょうど、慣れてきたところなので、
これからも、チャングムのように我が道を邁進してください。

後ろのカッコに<地上波>って、入ってる記事を探せば良いと今回で探し方のコツを学習しましたから。

rukoさんの名作、チャングムのブログタイトル劇場、楽しみになってきた所です。

では、おやすみなさい。

投稿: satesate | 2006/03/12 23:45

rukoさん、こんばんわ、お久しぶりです^^。
そして、トラックバックありがとうございます♪

まさしく「危機管理は大丈夫かい?」と言いたくなるハン尚宮・チャングムペアでしたね(^^;。
皇太后様&ニンニクは、僕も気になりました。
これのお陰で、ドラマ後半、どれだけまわりの人が右往左往したか………(^^;。

こちらからもトラックバックさせて頂きます。

投稿: Tamtarm | 2006/03/12 23:29

ちょしさん、こんばんは。

最初、買い出しならチャングムに行かせろよ、って書こうと思っていたのですが、宮中の外にお出かけするには通行手形が必要なので、たぶんすぐには発行できないんですよ。それを持っていたハン尚宮様が買い出しにいくのは仕方ないと思い直しましたが、冬虫夏草に執着し過ぎちゃいましたね。

それだけミョンイへの想いが強かったということだと思いますけれど。

ニンニクの件はハラハラしちゃいました。皇太后様が怒ったらどうしようと思ってw

投稿: ruko | 2006/03/12 23:23

クロサクさん、こんばんは。

食材がダメになったら外に買い出しに出るだろうということを予測して食材を荒らさせたと私は睨んでおるです。悪だくみなら果てしなく頭が働きますからね、チェ・パンスルさんは…。

>>腹がよじれて僕が死にそうdeath

すみません!真鍋かをりのブログからパクりましたっ!やっぱりブログの女王のネタは食いつきが違うなぁ……。日々精進するであります。

投稿: ruko | 2006/03/12 23:21

Sayopeeさま、こんばんは。

おっしゃっている通りでハン尚宮さまは料理対決に参加できなくならないといけないので、宮中の外に出るか病気にするしかチーム・チェには道が残されてないんでw 細かいことを言ってもムダなんですが、二度目観たらこんな風に感じました。

ニンニクの件は危なかったですね。せっかくの甘酢が「わたくしがニンニク大嫌いなのは女官ならみな知っておる!」とかってバッサリ斬られて終わるところでしたもん(笑)。

投稿: ruko | 2006/03/12 23:16

あおさん、こんばんは。

トックおじさんにチョンホ様はまだ心を開いてないですね。おっしゃっている通り、まだチャングムへの想いが淡いから、っていうことでしょう。ウナム寺で2,3回お酒飲んだくらいで親しくされちゃ困るってところだったりするのでは。

今回もチャングムさんのピンチってことで全力投球はしてくれますが…。

ここにもポドチョンに反応された方がv

投稿: ruko | 2006/03/12 23:13

ぐるくんさん、こんばんは。

>>「チェオク」を視聴したからこその反応と思うと自虐的に笑えます
うふ。ぐるくんさんも私と同じ廃人ですよん。

秘技がふたつ。チャングムの反則すれすれの料理も今から楽しみですよ。料理の味じゃなくてうんちくで軍配上げさせるってどうよ、って次回書くと思います。

楽しみなのに来週お休みなんですね。寂しいなぁ…。

投稿: ruko | 2006/03/12 23:11

rukoさん、こんばんは!
そうそう、ハン尚宮、この期に及んで宮中の外に行っちゃうのはマズかったですよね。
それだけパルガタンにこだわってしまったと言うことなんでしょうが。
皆さん、ポドチョンに反応されているようで・・(笑)。これがキーワードになるとは一回目鑑賞時には思いもよりませんでしたわ。
ニンニク・・確かに。すっごい重要なことなのに、これは脚本家もすっぽり抜けちゃったんでしょうね。

投稿: ちょし | 2006/03/12 23:11

ハンサングンの行動に対する考察見事です。
確かに、軽率な行為であったと僕も思います。
冬虫夏草へのこだわりが強すぎたのでしょうね。

それにしても、ヨンノからの「ハンサングン外出」の報告で素早く次の手を打つパンスルの行動力。天晴れです。
(敵を褒めてどうする。。。俺)

>クミョンの独白「チャングムが・・・見たかったからdeath」
最後の『death』に爆笑。腹がよじれて僕が死にそうdeath。(参った!)

投稿: クロサク | 2006/03/12 23:10

satesateさん、こんばんは。

ここんとこちょっとタイトル凝り過ぎですね。次回からもうちょっとストレートに戻します(汗)!

それにしてもTB戻ってくるのが速くてビックリしました。同じ時間帯にPCに向かってましたね。

>>自ら冬虫夏草探しにいっちゃダメ
でしょでしょでしょ〜!

投稿: ruko | 2006/03/12 22:58

こんばんは。

言われてみれば、ハン尚宮様の失敗、おっしゃる通りですね。私もまだまだ見方が甘かったです(^_^;)。ハン尚宮様が誘拐されないといけないことに気が取られておりました。

そうそう、ニンニクの件も、かなり後で出てきましたね。お歳を召したのでニンニクが嫌いになった、と言うわけでもなかったですよね、確か…。

ポドチョンですが、「チェオクの剣」は途中で挫折した私でも、覚えています。一瞬「お!」と反応してしまいました。

ハン尚宮が誘拐された件をチェ尚宮に知らせたのって、ヨンノの独断だと思っていました。チェ・パンスルから知らせるように伝えたシーンってありましたっけ??

来週は放映がないので、再来週まで待ち遠しいですが、心静かに待つことにします(笑)。

投稿: Sayopee | 2006/03/12 22:52

rukoさん、こんばんは。
今回の記事、ツッコミ所が満載で、
私はまだまだこのドラマに対する見方が甘かった(笑)と、思いました。
ポドチョンには、私もちょっとだけ反応してしまいました。
何だか、嫌ぁ~な記憶がよみがえってきました。
ところで、この頃(前半)と、後半のチョンホのトック叔父さんに対するやり取りが
何となく違うと感じるのは、私だけでしょうか?
前半の方が何となくトック叔父さんに対する態度が厳しく感じるんです。
後半になってからの方がよりチャングムに対する思いが増すからかな?

投稿: あお | 2006/03/12 22:25

 rukoさん、こんばんわ!

 ほんと、好きだな~rukoさんの文章・・・w

 私も「ポドチョン」「チョンサガン」に激しく反応しましたよw

 「チェオク」を視聴したからこその反応と思うと自虐的に笑えます。

 チャングムがやっとポイントを取れた冷菜料理も料理そのものより隠し玉の「甘酢」に軍配があがります。

 チェ尚宮も「秘技が二つも入ってる」と出来上がった献立表を見ながら言ってるので、何か出してくるんでしょうか? 
 

投稿: ぐるくん | 2006/03/12 22:24

rukoさん、こんばんは。
今週のブログタイトルも、チャングムって、分からなかったよう、、、。
『ダーリンは外国人』かと思いました。

rukoさんの仰るとおり、
ハン尚宮サマ、自ら冬虫夏草
探しにいっちゃダメだよね。


投稿: satesate | 2006/03/12 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/9057991

この記事へのトラックバック一覧です: 「プランB」 〈地上波第20話〉:

» チャングムの誓い 第20話「誘拐」 [今日のわたくしゴト]
前半、またお風呂で見逃しました。 辰の刻、 遅くとも、巳の刻にハン尚宮サマはお戻りの予定、 未の刻からチーム・チェは下ごしらえを始め、 午の刻に集合。 チェ・パンスルのパシリ、ユン・マッケ。 「ヨンノが何かするかと思って」って、ヨンセンが第1発見者。 ネコと鳥。 この組み合わせなら、鳥は既に死んでいて食材になってしまっているのでは、、、。 「背中を掻くの、掻かないの?」 「ポドチョン(捕盗庁)に知り合い... [続きを読む]

受信: 2006/03/12 20:31

» チャングムの誓い 第20話 [あおサンの猫の爪]
第20話です。今の所、国営地上派の放送を見逃すこともなく、毎回見ることが出来てい [続きを読む]

受信: 2006/03/12 22:26

» 「チャングム」第20話「誘拐」 [Blog(ブログ)@Sayopee.net]
 「宮廷女官 チャングムの誓い」(総合)第20話「誘拐」。  先週の予告で誰が誘拐されるかはチラッと見せていましたね。はて、その展開は?  来週17日は特別番組のため放映なし、とのことでその特別番組は何?と思って調べたところ、「平成18年度予算審議」でした…。..... [続きを読む]

受信: 2006/03/12 22:59

» チャングム(勝手に)名言集 第20話「誘拐」 [閑遊閑吟 ]
亡き母の親友と、その親友の娘との再会か!?と思われたものの、 韓国ドラマお約束のすれ違いで始まりました。 どこまで引っ張るのかはお楽しみ(^^)。 いよいよ最後の競い合いです。 チェ尚宮は真っ向勝負で挑むつもりでしたが、 ズル兄パンスルが卑怯な手段で援護射撃。 ハン尚宮の食材をヨンノを使って台無しにするだけでなく、 食材を買いに出たハン尚宮を拉致! そこまでするか~? ここで大活躍するのがトックおじさんです。 チョンホの元へ行き、協力を要請。 (ボドチョン(捕盗庁)... [続きを読む]

受信: 2006/03/12 23:06

» オジサン大活躍! 第20話 「誘拐」 [『今日の気になった事』]
とうとう最終料理対決が始まるのですね!ハン・サングンはパルガタン(冬虫夏草の鍋)で勝負をかけるつもりだが、上手く事が運ぶのだろうか?対するチェ・サングンの秘策は何か??チェ・一族秘伝の料理が炸裂するのか?!あらすじはNHKのHPを見ることにしよう。『宮...... [続きを読む]

受信: 2006/03/12 23:11

» お〜い! 思いっきりネタバレしてるやんっ(チャングムの誓い第20話「誘拐」) [In My Time]
第20話が終わった後の予告を見て、このタイトルの様につっこんだ方も多かったのではないでしょうか(^^;。 さて、チェ尚宮は、“非常に気の利く”お兄さんをお持ちになりましたね〜(爆)。 チェ・パンスルさん、今回は妹が頼みもしないのにあれこれと、本当に気の利くお兄さんだこと…(^^;。 番組の終わりに「チャングム豆知識」と言う2分程のコーナーがありますが、そこで紹介されたチャングム役のイ・ヨンエさんがよく飲まれると言う韓国のナツメ茶。 僕も飲んだ事ありますが、甘く身体が温まる感じがします... [続きを読む]

受信: 2006/03/12 23:30

» <167> チャングム #20 [「ぐるくん」のひとりごと]
 今回も字幕版の訳メインで書いていきます。  吹き替え訳と少しずつ違っていて面白い。  ハン尚宮と亡きチャングムの母ミョンイとが、どちらかが最高尚宮になったら渡すと言う約束を交わした「信頼の証」の甘酢。  松の木を探すチャングム。  そこにはすでに掘った後・・・ひょっとしてお母さんの親友か?と思うチャングム。  味を見つつ、「誰かしら?」って、「信頼の証」の甘酢を使っているとしたらハン尚宮か... [続きを読む]

受信: 2006/03/13 07:06

» チャングムの誓い  第20話 「誘拐」 [ときどき思いつき日記]
前回視聴時のレビューはこちら競い合いのスタート。チャングムもハン・サングンもそれぞれ、ミョンイの甘酢をつかうことを思いつきます。そして 甘酢をめぐってお約束のすれちがい。チャングム、ハンサングンとは長い付き合いなんだからさ、スラッカンにいた母のミョンイ...... [続きを読む]

受信: 2006/03/13 08:56

« 「完結編」待ち けものみち〈最終回〉 | トップページ | 1982年 輪舞曲〈9話〉 »