« 當世流小栗判官 第二部 | トップページ | 「プランB」 〈地上波第20話〉 »

2006/03/12

「完結編」待ち けものみち〈最終回〉

前回、いきなり「次週最終回!」って言われてビックリ。お話が最終回に収斂する手前だとは思えない散らかり方。そのうえ、テレ朝はあんまりやらないけど最終回を80分の拡大版にはしない、と。すると、よほど上手にやらないと「黒革の手帖」的に何となく曖昧な形で終わって夏ごろに「完結編」とかだろうな、って思ってました。今回最終回を観てその想いを強くしてしまったかも。

けものみち (上)けものみち (上)
松本 清張

新潮社 2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

特別ゲストで田村高廣さんまでご出演でした。ただ、宿題がいっぱい残った形です。原作読んどきますか。以下、ネタバレ。

途中がハイテンションだった割に最後は案外、陳腐に終わっちゃった感じ。米子さん(若村麻由美)と鬼頭(平幹次朗)の麻布ツートップが抜けた穴は誰にも埋められなかった、ってことかも。

富山で久恒(仲村トオル)が倒れ、小滝(佐藤浩市)、そして久恒の妻、薫(網浜直子)と息子もやってきた。この期に及んで「主人との関係は」って聞かずにはいられなく、死期が迫った夫に「自分たちのそばにいてくれ」って自分視点からしかものを見ることしかできない薫には最後までまったく共感できずじまい。

民子がぜんそく持ちで「カトンボみたいに細かった」ころを知っている医師(田村高廣)のことばは、都会にいること自体がけものみちを歩いているのと同じ、っていうことを示唆してたのか。そして、それを受けて「私がここで見た夢は死んだ」っていう民子。どの時点で見た夢なのか。久恒とどうにかなっちゃおうか、って思ってたっていうことなのか、田村先生が知ってた少女時代のことなのか。

久恒の制止を振り切る形で東京に戻った民子は当然ながら鮮やかな反転攻勢をかける。このあたり、ちょっと「黒革の手帖」チックだよね。

キャラクター的にも一応決着がついたのは間宮(長谷川朝晴)だけ?一応、ただの二世代議士ではなく、父親が鬼頭によって死に追いやられていた、と。しかし最後は小滝との関係を先輩のいかにも悪そうな代議士たちにぬらぬら問いつめられ、閣僚ポストを用意されて口封じされてたみたいだったもんな。

美代子(星野真里)に「空気読め」って言うあたりはキランと光らなかったこともない。が、なんで美代子なのかと。その上最終回のみまた出てきた安田美沙子に早速声かけてるあたり、何を言いたかったんだか結局よくわかりませんでした。

マスカレードの社長にまんまと収まったつもりがひっくり返されて小滝に「お琴さん状態」でキィキィ迫る木崎(田丸麻紀)。こいつも結局、思わせぶりだった割に中途半端なキャラで終わりました。民子を直接操ることが難しいと判断したため投入された監視カメラ以上の役割はなかったんか。

そして、その木崎に隠匿されてた奈々美(上原美佐)も気がつけば民子がやった放火の犯人にされちゃってます。小滝の差し金であること、最初の連続放火で成沢さんちのぶんは「誤認逮捕」だったから警察が次の容疑者は絶対クロにする、っていう理屈は、わかる。が、民子を容疑から外しているところ、小滝の考えは読めず。

唯一したたかで実をとったのは芳泉閣のおかみ(東ちづる)でしたねw さすが。星野真里がダメそうなので、早速間宮対策で安田美沙子を確保しているところもただ者ではなく。

クライマックス、後半の麻布のお屋敷での小滝vs.民子の最終決戦。

口では小滝の言うこと、小滝の論理を見通している民子なのに。「2人で生きてみないか」って言葉で全部チャラかよ…orz とりあえず土足で人の家上がってくる人間、信用しちゃいけない。

民子を追ってきた久恒さんもお屋敷の玄関で力尽きます。民子と久恒と。全部気持ちが一方通行か。

ラストに冒頭の廃墟シーンを持ってきたのはいろんな意味でいい伏線でした。冒頭では、カルト教団(?)の教祖がもっていた「宝石」が十字架に埋まっていて、それを拾いだした小滝と民子が会話します。ガラス玉だ、という民子のことばに宝石を投げ捨てた小滝。「本物かもしれない」と言う民子に「それはそれで運命」と返す小滝でしたよね。

小滝が民子から奪った懐剣と中に入ってたチップ(USBのキー)は、本物なのか偽物なのか。民子が同じものを持ってたってことは偽物ということでしょうし、悪徳代議士たちの会話からは、小滝とそのチップに内蔵された情報を巡って暗闘が始まっていることを予感させます。

ってことは「決着」をどこかで見ないといけないような。ラストの民子の独白もそれをにおわせてますよね。

というわけで完結編お待ちしております<テレ朝様

[これまでのレビュー]
次回最終回! けものみち〈8話〉
つながる けものみち〈7話〉
赤い襖の謎 けものみち〈6話〉
一触即発 けものみち〈4,5話〉
疑惑→確信 けものみち〈3話〉
特濃です けものみち〈1話〉

【追記】TBさせていただきました。
けものみち#9 〜食えない小滝。 (ままこっちの何気ない日常
けものみち<3〜9>★★★★★ (綴り箱のかたすみに

|

« 當世流小栗判官 第二部 | トップページ | 「プランB」 〈地上波第20話〉 »

コメント

更紗さん、こんばんは。

廃墟での最終決戦があまりにも呆気なかったのでちょっと拍子抜けでした。おっしゃる通りであのチップを巡ってラストバトルを華麗に繰り広げてほしかったのに…。

けれど、あのチップのかたわれを持っていることは民子にとってはデメリットではあっても対小滝 以外のメリットはあまりないような気がしますよね。日本の社会を裏から仕切りたいなどという野望を民子は持っていない訳ですから。

というわけで完結編、お願いします!と。

投稿: ruko | 2006/03/16 22:13

rukoさん、こんばんは♪
やはり盛り上がらせてどうオチを作る?と思ったら
「えー終わりなの?」とくるとは・・・
これ以上は描けなかったのかしら?とも思ったりはするけれど
ここまでしたらトコトン戦ってーー。と思っちゃいますよね~

投稿: 更紗 | 2006/03/16 21:21

FUUSさん、こんばんは。

確かに田村さんというビッグネームの使い道が、かなり唐突でした。民子はあんなケバい服装で富山にたどり着き、一体どうしようと思っていたのか。そのへんもほとんど描かれなかったせいもあろうかと。やはり久恒と地味に潜伏生活でも送ろうかしら、なんて考えていたのでしょうか。

味わい深いシーンであっただけに、よけい勿体なかったですね。

投稿: ruko | 2006/03/14 23:23

>とりあえず土足で人の家上がってくる人間、信用しちゃいけない。

ココ、妙に納得です(笑)

私は自分のブログの記事ではスルーしてしまいましたけど、特別ゲストの田村高廣さんの役どころはよくわかりませんでしたね。
彼女の昔のことを知っている優しいお医者さんだからとはいえ、民子をけものみちから救えるほどの引力はなく、ほんのちょっと彼女を感傷的にさせただけだったようにしか思えません。なんだかもったいない起用だった気がします。

投稿: FUUS | 2006/03/14 00:50

あおさん、こんばんは。

>>久恒刑事の死によって、「けものみち」に歯止めをかける人物がいなくなって
確かにそうかもしれないですね。久恒さんは民子の良心の声だったのかも…。仲村トオル、すごくよかったですもんね。

富山の海岸で「私は死んだ」っていうのはけものみちから抜けようとするんじゃなくてけものみちで生き続けよう、っていう民子の決意だったのか…。

鬼頭の秘密は作品が書かれた時代を考えると手帳だったんじゃないかと思っています。また手帖ってわけにいかず、あんな風にしたのでは。

投稿: ruko | 2006/03/12 23:08

ままこっちさん、こんばんは。

そうですね、7話あたりまでかなりイイ感じに進んだので、ペース配分を間違えたか、最初から特別バージョン狙いでこのペースにしてきたのか、知りたいです。

「黒革の手帖」がかなり成功だったのでなんかそういうライン狙ってますかね、ってちょっと裏読みしているんですけど。

新しい「けものみち」に足を踏み入れた民子と小滝の最終頂上決戦、観たいです。

TB、今回はうまくいっていますね。FC2ブログはうまくいくときとダメなときがあって、Seesaaは全然ダメなときが多いんですよ…。ココログはメンテナンスからも上手に立ち直れないブログなので(汗)たぶんまだしばらくご迷惑をかけると思います。すみません。

投稿: ruko | 2006/03/12 23:02

rukoさん、こんばんは。
やっぱり続きがあるのでしょうか?
すっきしない終わり方だったけれども、そこまで私は考えていませんでした。
個人的に感じたことは、
久恒刑事の死によって、「けものみち」に歯止めをかける人物がいなくなってしまい、
民子は、戻りたくても戻れない、っていう印象が残りました。
死ぬのも地獄、生きるのも地獄、なのが「けものみち」なんですよね?
民子は孤独に、でも強くけものみちを歩んでいく、というように前向きに(?)見終わりました。
基本的に、松本清張のドラマは好きなので、原作を読んでみたくなりました。
昔の作品なのでUSBキーは、フロッピーで出てくるのか、とか色んな疑問がわいてきます。

投稿: あお | 2006/03/12 22:12

rukoさん続投失礼します。
TBさせていただきました♪(うまく張れました)

投稿: ままこっち | 2006/03/12 21:38

rukoさんー
私も正直「えー?これで終わり?」という感想でした。中盤の盛り上がりに引っ張られた割には、最後が何だかあっけないなあ、と。
1クールのドラマで9回ってちょっと短いように思います。あとせめて1回あれば、もうちょっと違う展開になったかなあ、と・・・
続編(完結編)、ありますかねえ・・・

投稿: ままこっち | 2006/03/12 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/9056541

この記事へのトラックバック一覧です: 「完結編」待ち けものみち〈最終回〉:

» けものみち#9 〜食えない小滝。 [ままこっちの何気ない日常]
今日最終回を迎えた「けものみち」なんですが。 なんか、あんまりスッキリしなかったです。思ったよりもサラッと終わっちゃった感じがして・・・ [続きを読む]

受信: 2006/03/12 21:38

« 當世流小栗判官 第二部 | トップページ | 「プランB」 〈地上波第20話〉 »