« みんな怪しい アンフェア〈第10回〉 | トップページ | 神はサイコロを振らない »

2006/03/15

花形歌舞伎チケット到着

お願いしていた花形歌舞伎のチケットが到着。1枚ずつチケットホルダーに入っていて、中にはチラシが…期待していたニューバージョンではなくオールドバージョンでした。残念、って思って念のため松竹座の浪花花形歌舞伎ページに飛んだら、チラシ、古いバージョンに戻っちゃってますよ!?

なんでやろ……。「遊び過ぎ」なんて横槍入ったりしたんと違うよね(汗)?同じ日に届いた別のパッケージには、ニューバージョンのチラシが入っていたので辛うじて確保、って感じなのですが、なぜなぜ〜?

続きはkabuki雑記帳に移動しました。

花形歌舞伎チケット到着でどうぞ。

|

« みんな怪しい アンフェア〈第10回〉 | トップページ | 神はサイコロを振らない »

コメント

mimiさん、再度こんばんは。

メールお送りしました!ってコメント書こうと思ったら、薪車さんのブログ更新されていますね〜。役者さんが「観客」として舞台を観るとまた我々と全く違った感動があるのだと思います。

そういう生のワクワク感をこうやってこっそり読めちゃうのって、素敵です(笑)。

投稿: ruko | 2006/03/16 01:41

はい メールお待ちしています。

投稿: mimi | 2006/03/16 00:28

mimiさん、こんばんは。玉三郎様、素敵だったようでよかったですね〜!!

>>今円熟期を迎えた玉三郎さんに間に合って良かった
双眼鏡の跡が目のまわりについてしまったのではないか、っていうくらいずっと玉三郎さんばかり観ていた松竹座を思い出します(笑)。若手の皆さんの弾けるような舞台も素敵だったのですが、玉三郎さんはそれくらい訴えかけるものをもっていました。そうじゃなかったら二月の「二人道成寺」に2回行ったりしなかったと思います。

私なんか、今年の1月2日までは歌舞伎なんてまったく眼中になかったので、まさに「間に合った」ということばがピッタリ当てはまります。いったん観始めると、きりがないことが少しわかってきて空恐ろしいんですよね。

玉三郎さんの舞台にプラスして、薪車さんにお会いになったのですか〜。うらやましいです。無断で薪車さんのブログをお気に入り登録してしまっていて、2月の歌舞伎座、愛之助さんの俣野の写真1枚だけ買うのがちょっと気恥ずかしく、抱き合わせで薪車さんの写真を買ってしまった私です(汗)。

さて、浪花花形歌舞伎ですけれど、一度メールさし上げますね。rikaさんのスケジュールを拝見すると、8日の一部がはねた後に一緒にランチでもできたらいいかな、って思うのですがいかがでしょう。えりこさんもご一緒に、となると開幕前がいいかもしれないですが…。

私は一応その場はmixi(SNSという会員制のネットワーク)の「イベント」に一応参加、の形なのですが、イベントがどんな形になるのかまだ決まっておらず、呼びかけ人の方は愛之助さんの楽屋訪問をしたいご意向もあるようなのですが私は遠慮しておこうと思ってますので…。

数日中にメールを差し上げようと思いますので、よろしくお願いいたします。

投稿: ruko | 2006/03/15 23:37

rukoさん こんばんは! mimiです
 こちらでご紹介のえりこさんのブログへ行って愛之助さんの対談記事読んできました。
楽しいですね~ 行けてたら又きっと メロメロになったでしょうね。 いいですよねぇ。

 さて、私は今日岸和田は浪切ホールまで
坂東玉三郎舞踊公演を見てまいりました。
時間にして1時間半の(途中休憩30分)夢の
ような儚い時間を楽しみました。
終わって友人と話し合ったのは、間に合ってよかったねぇ という事です。 もちろん10年20年前から観ていれば、それはそれで 若く美しい玉三郎さんを鑑賞できたでしょうが、今円熟期を迎えた玉三郎さんに間に合って良かった。
同時代に生きられて嬉しいと・・(オーバー?)

 一方でこれから長く観ていきたいと思う役者さん達もたくさんいて、そんな中の一人、薪車さんに今日遭遇いたしました。 
開場して、2階の席に上がる階段下に行った時、スラリッとした男前が立っていて あ!薪車さん! と。思わず話し掛けてしまいました。 丁寧に挨拶を返していただいて4月も是非、来てください。と言われたので、もちろん行きます!と 答えてきました。ミーハ-ですね私。
階段上がりながら イヒッとにやけた顔を友人に見られてしまいました。  その後バーででも出会い、そこには師匠の竹三郎さんや一門の方々とおられ、皆さんで来られていたようです。
 と今日のお楽しみが終わり、明日から何を楽しみにしたらいいの・・ と思ったのも束の間、
浪花花形があるじゃないか。 rukoさん達に
会えるじゃないか。 もう今の今からそれが
楽しみです! 
私の観劇予定は8日の土曜一部二部。
三部は平日に行こうかと。なので土曜の夜?日曜の午前?二部の後?どこが良いでしょう。ちなみに観劇は友人も一緒なのです。  
rikaさんは如何なのでしょうね。
 もしよろしければ、こちらの件につきまして
メールをいただければ幸いかと。
よろしくお願いします。 rikaさんのブログへも
ご挨拶に伺います。

投稿: mimi | 2006/03/15 23:16

えりこさん、こんばんは。

私も元に戻ることを期待しつつ…なんと画像、保存していなかったのですか?まぁいざとなったら手はありますよ(笑)。

若衆は通常通り?の大阪での公演もぜひやってほしいですね〜。もちろん歌舞伎座で役がついたりしたらそれはそれで超、うれしいのですけれど。

投稿: ruko | 2006/03/15 22:37

rikaさん、こんばんは。

私の手元に届いたチラシはしっっっかり四つ折りになっていました。やっぱり進之介さんのお顔にぎぎーっと線が入っています。きれいなチラシ、ほしいですよねぇ。でもなんで取り代わってしまったのでしょう。

8日は大阪ですねぇ。幕間にお茶でもできたら、いいかもですね〜。

5月はめちゃめちゃ忙しいですよね。いま文楽は演目が渋すぎることもあって、やめておこうか悩んでいるところです。

投稿: ruko | 2006/03/15 22:35

rukoさん、こんにちは!

ホ、ホントだ~、チラシが元に戻ってますね!あ゛~、こんなことなら画像保存しておくんだった(涙)。かなり気に入った構図だったのに残念です…。新しいチラシに戻ることないんですかねぇ。

来月の大阪楽しみです!8日にはちょこっとだけお会いできそうですね♪大阪は人生3度目なのでちょっとドキドキしてます(しかも10年ぶりです 笑)

若衆歌舞伎は関西の方でもなにかやろうという計画はあると思います。今調整しているんじゃないかと・・・。愛之助さんの上方への想いも強いですしね(^-^)。

あ、ブログの宣伝ありがとうございます♪恐縮です(^-^ゞ

投稿: えりこ | 2006/03/15 17:58

rukoさんおはようございます。

戻ってますね~チラシ。私もすぐに「怒られちゃった??」って思いましたけど(笑)。
何とか進之介さんの顔の所に折り目の入ったのを1枚だけキープしたんですけど、せっかくの男前に折り目のないチラシが欲しいです。

私の大阪は4・8・11日ですが、まだそれぞれ1部しかチケット取っていません。
2部は4・8日のどちらかに入れて、3部は終わりが9:15まででないと家に帰れないので、まだ保留中です。

5月の「若衆」はなぁ~~。行くとなると演舞場も観たいし・・・・ダメダメ、がまんがまん(笑)。

投稿: rika | 2006/03/15 08:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/9096328

この記事へのトラックバック一覧です: 花形歌舞伎チケット到着:

« みんな怪しい アンフェア〈第10回〉 | トップページ | 神はサイコロを振らない »