« 「當世流小栗判官」前触れ記事 | トップページ | 愛之助さんのPodcast »

2006/03/03

なぜカバン屋は相続でもめるのか

ブログを巡回していたら、ちょっと前に気になっていた京都の「一澤帆布加工所」の相続問題で、かばん類の生産が休止になった、というエントリを見つけました。会社のサイトに行くとこんな「お知らせ」が出ていました。

製造休止のお知らせ (一澤帆布加工所 スタッフからのメッセージ)

もう少し詳しく、という方はこちらもどうぞ。
一澤信三郎さんを応援する会

どちらを読んでも、遺産相続を巡るトラブル(って書くとなんとも陳腐だなぁ…哀)が発端なので片方(信三郎さん側)の主張が中心に書かれてあり、家族の問題だけになんともコメントしようがないです。ただ、ご存知の方はご存知だと思いますがこういうキャラクター・ブランドビジネス全盛の日本にあって、京都の街中(それも河原町とかの繁華街じゃないし…)の古い町屋に店舗一軒だけ構えてずっと帆布のカバンをつくってきたブランドだけに、どんな結末が待っていても後味が悪いことには変わりないんですよね、残念だけど。

で、今回の一澤帆布の問題を聞いて思い出したのが横浜を代表するカバンのブランド、元町の「キタムラ」がやはり相続でトラブって斜体の「K」一文字の商標を争うことになり、今は「ハンドバッグのキタムラ」と「キタムラ K2」というふたつのブランドに分かれてしまった事件。どちらも創業者が偉大過ぎてそうなっちゃったのかなぁ、なんて外野にいる人間は思ってしまうのだけれど、なんともねえ。

ちなみに。
ハンドバッグのキタムラ
キタムラK2

なにげにFLASHでサイト構成してて似てるところがちょと笑える…。

自称「買い物星人」(またの名をマテリアル元ガール…爆)のワタクシですが、キタムラ本家のバッグをひとつ持っているだけです。それもなんかラヴリーすぎて最近使っていないな。一澤帆布は何度かお店に入ったことはあったのですが、サイズの割に重いと感じてしまい、結局一度も買ったことがなく。

カバンの最近のお気に入りはHogan。でも、こやつの難点は普段使いにするにはちと、お値段がsteepなことです…orz。でも、使いだすと革なのに軽くてしなやかで、やめられんのですわ。

|

« 「當世流小栗判官」前触れ記事 | トップページ | 愛之助さんのPodcast »

コメント

Lady-eさんこんばんは。レス遅くなりました…。

マウンテンスミスっていわれてピンとこなかったのですがググってわかりました。確かにコレいいですね。「山行かせていただきマス」的なバックパックじゃなくて。

ネオプレーン素材やヨットのセールなどでつくったバッグなどはそれはそれで味わいや用途があるので確かにいいかも。昔だったら山の人なら山のもの、海なら海、みたいだったのがクロスオーバーでいいところどりをできるというのはとてもイイですね。

巷にはこれだけいろんな品物があふれているのですから、一澤さんのところもこれからがたいへんなのかもしれません。

投稿: ruko | 2006/04/22 01:19

マウンテンスミスは
ちょっとデザインがね
山っぽくなくて好きなの(^○^)

海道具とか
山道具とか
バイク用品とか
ある意味特別な動きをする時?に
対応する機能を考えたものが好き

たとえば
バイクウェアとかは
前風を受けて走るから、前タテが
風にあおられてめくれなくなってるとか
グローブをしてチャックを上げ下げするのに
便利なのは下げるとオープン
あげるとクローズって逆についてたり

海グッズは、ウェット素材は
やはり海に適しているって思っていたり
そいう部分を自分の生活の中に取り入れてるの

一澤帆布に関しても
どちらが自分の求めた技術を
引き継ぐものなのか?
はたまた、ブランドだけ欲しいと思っている
消費者が多かったのか?って所が
ポイントになるのかもね?

投稿: Lady-e | 2006/04/19 23:59

Lady-eさんこんばんは。

海の人間なんで山道具はホントにどれがいいのかよくわからない…ミレーがヴィトンなのですね、メモメモw マウンテンスミスは初めて聞きました。

一澤帆布問題は「職人を抜かれた」というより仲間割れしてしまった経営者兄弟のうち、「一澤帆布」を名乗れないほうの弟さんに職人がついて行ってしまったというほうが正しいのかなと思って見ています。

これだけバッグが世の中にあふれていて、なぜ一澤帆布じゃないといけないのか、っていうところをちゃんと消費者サイドが見られるのかどうか、ってところがポイントじゃないか、って思いながらこの騒動は秘かにウオッチし続けていますね。

投稿: ruko | 2006/04/19 21:47

珍しい時間に来ている私
rukoさん、おはようございます

今頃こんなところを読んでいたりして(笑
あ、この相続ね
見てた見てた
職人抜かれちゃったみたいだったよね

今リンクみたら
休止が復活してるみたいだね・・・

私は、バックはなんでも良いけど
アウトドア用品では
マウンテンスミスが好き
私は、このメーカーを
アウトドアバックの
エルメスと呼んでいる(笑
私だけかも?こんなにウキウキ使ってるのは

山屋なら普通ミレーだしな
ミレーはビトンだな
丈夫つーところで(笑
一応ミレーも持っている

ってなわけで
普通のちゃんとしたバックを
殆どもっていない(w

投稿: Lady-e | 2006/04/19 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/8927517

この記事へのトラックバック一覧です: なぜカバン屋は相続でもめるのか:

« 「當世流小栗判官」前触れ記事 | トップページ | 愛之助さんのPodcast »