« 三月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 不条理の終点 アンフェア〈最終回〉 »

2006/03/21

ダイビングシーズン到来…

沖縄・石垣島で潜る時はたいていお世話になるダイビングサービス美海から久しぶりにメールがきました。冬の間は閉めてたんでいよいよシーズン到来!!ってことだね。行けるかな今年(汗)。

学生時代の友だちと久々喋って、最近歌舞伎にハマっているという話に。「なんかさー、ダイビング始めたころとすっかり同じ"フィーバー"ぶりじゃない?」と指摘されました。確かに。ダイビングを始めた当時、海の中がおもしろくておもしろくて、毎週末のように伊豆に通ってたもんなぁ。それも最初の頃は潜ったあと眠くなるのが怖くて、器材20キロ担いで電車でw 気がついたら1年間で100本潜ってたという←バカ

日本の海水魚日本の海水魚
岡村 収 尼岡 邦夫

山と溪谷社 1997-07
売り上げランキング : 2,678
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

無重力の海の中でたゆとうような感じは経験したことのない人にはわからない快感。落ち着いてくると、自分を取り囲んでいる魚たちの生態が知りたくなってこんな図鑑を買ってしまうわけです。

続きはkabuki雑記帳に移動しました。

歌舞伎とダイビングでどうぞ。

|

« 三月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 不条理の終点 アンフェア〈最終回〉 »

コメント

ぐるくんさん、こんばんは。

クマドリといえばクマドリイザリウオもおりますねぇ。ダイビングを始めた頃もとにかく「百聞は一見にしかず」ってことでがつがついろんなところに行っていましたが今まさに歌舞伎で同じ状態にw 一通り役者さんたちを見たら落ち着きそうですけど…。

図鑑と俳優名鑑は我ながら笑ってしまいました。ブログへのエントリがログづけだったのも、ねぇ……。

投稿: ruko | 2006/03/22 23:55

 「歌舞伎」と「ダイビング」、rukoさんの中で見事なコラボ・ワールドが出来上がっていて、思わず拍手w

 歌舞伎に造詣が無い私ですが、rukoさんのエントリは欠かさず読ませて頂いてます。

 私なんぞ、確か「クマドリ」って言うモンガラカワハギの仲間がいたっけ・・・と、歌舞伎でイメージする貧しさですがw


 

 

投稿: ぐるくん | 2006/03/22 15:35

優さん! お久しぶりです。

ぱたっといらっしゃらなくなってしまったので、恐らくお仕事がたいへんキツイのであろうなぁと推察いたしておりました。まずはお元気そうでよかったです…。

TBスパムはよりによって外出した直後についたので、認識はしていたのですがモバイルからは削除することができず、結局6時間以上露出してしまったでしょうか。まったくとんでもないっすよ。最近はああいう内容のメールもときどき来て、その生々しさというかあざとさにホント寒々とした気分になります。

東京はソメイヨシノが開花しました。ちょっと早いよなぁと思いつつ。東京育ちの私にとっては、子どもの頃は入学式のお花だったのに、今では卒業式のお花になりつつありますもんね、桜。

ポトマックの桜も懐かしいです。子どもの頃一度満開のときに見に行き、その濃い色にやっぱり風土が違うとこんな感じになるのだなぁと感動したのを思い出しました。桜吹雪の向こうに見えたジェファーソン記念館は忘れられません。

ダイビング話も最近すっかり歌舞伎に押され気味(大汗)ですが、ことしはできたらトップシーズン(=7月上旬)に沖縄に行きたいと思ってます。

今度日本にお帰りになるときはぜひ歌舞伎、ご一緒できたら楽しいですね〜。歌舞伎座で愛之助さんお出になってらしたら最高w 函館は私もことし中に行きたいなぁと思っていますが、どうなることやら…。

コメントを残すのってやはりハードル高いでしょうか?私のブログみたいな過疎の地では、あまり気にせずおしゃべりしたい内容、残してくださって構わないですよ〜。

また、お待ちしていますね。ホント、久しぶりに優さんの書き込みが読めてうれしいです!

投稿: ruko | 2006/03/22 01:19

ばっちもんがらさん、こんばんは。

ダイビングはやはり、器材で呼吸することやときどき陥る「広いところにいるのに閉所恐怖」みたいなものを克服しないといけないかもしれないですね…。

シュノーケラーなのにこの図鑑をお持ちとは、ばっちもんがらさん、意外とダイバー向けかもしれませんよ。体験ダイビングはやったことありますか?ぜひ、暖かくて浅い沖縄の海でトップシーズンに一度経験してみてください。そしたらちょっと自信がでるかもしれません。

ゴマモンガラ。凶悪な奴らですが、幼魚は大人よりもさらにこわかわいくて好きです(2回しか会ったことないです)。

投稿: ruko | 2006/03/22 01:08

rukoさん、お久しぶりです。
2月から3月にかけてのほぼ1ヶ月の間に日本を2往復する過激スケジュールをこなしておりましたが、その間もロムさせていただいていました。この期間に「new雑記帳」のキーワードで検索かけてんのは多分私ですw。 昨晩こちらで悪質TBをうっかりヒットしてしまいガックリorz。こういうのって突然車に接触しちゃう事故みたいな感じですが、私にとってはrukoさんのブログを読む、夜の大切なひとときを蹂躙された気分で本当にイヤになりました。ブログを作ったことがなくロム専な私ですが(I wishなんだけど;)、こういうTBを勝手に貼られたりしたらとても嫌な気持ちになるのではないかと、おそらくこういうことには百戦錬磨のrukoさんのこと、心配はないと思いますが、なんだかちょっと気になって久しぶりに出てきちゃいました。
 それはそうと、日本に帰ったらしたかったこと、例えば日本語変換が楽なPCの購入(現在使っているのはこちらで購入したWinで、日本語変換がおバカで打つのが大変で困っています。元はMacユーザーでした)などはとてもできず、かろうじて出来たことは「けものみち」の最終回を見たことだけでしたw。rukoさんの所でレヴューはばっちりだったので、筋はおえたのですが、なんだか不完全燃焼って感じでしたね。実家にも成田を発つ前日一泊しか戻れず、懐かしの銀座も東京から乗り込んだ新幹線からチラッと不二家の看板をみただけでした。夏には休暇とってゆっくり帰国して、函館旅行をしたいなあと思っています。
 rukoさんのダイビング話も大好きです。私はシュノーケルが大好きで、初めてやったとき「世の中にこんな楽しい娯楽があるなんて、生きててよかった~」と思うほど感動しちゃいました。泳いでいると自分もお魚になったような気持ちになってきていいですよね~。沖縄も行きたいなあ。
 いつも、どこにコメントを残せばいいのかわからん内容を書き付けてすんまそん。それに今日は、あろうことか、「自宅で仕事する」って午前休とっておきながら、rukoさんのところに来てこんなにまーーーーたりとリラックスムードになっていヤバい私です。でも、実は2月がとてもきつかったので、こうしてrukoさんにコメントできるまで乗り切れたことに、とても開放感を感じています。東京は桜が咲いたでしょう?私も4月に1週間DCに出張なので、ポトマック川の桜を見る時間が取れたらいいなあと(書きながら、どうも私っていつもサボること考えてるねw)思っています。私もいつか歌舞伎観賞にごいっしょさせていただきたいなあ。では、また失礼致しました。

投稿: 優 | 2006/03/22 01:00

ダイビングは怖くていまだに挑戦できないのでもっぱらシュノーケルです。
もし私がダイバーになったらハゼ観察マニアになるかもしれません。
シュノーケルで見た魚の名前を調べたくなる私はやっぱりこの図鑑を持っています。
ごまもんがらの可愛くて怖い顔が見たい。

投稿: ばっちもんがら | 2006/03/22 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/9187051

この記事へのトラックバック一覧です: ダイビングシーズン到来…:

« 三月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 不条理の終点 アンフェア〈最終回〉 »