« ゆっくり咲いてね | トップページ | 千穐楽@国立劇場 »

2006/03/25

WOWOWで「決闘!高田馬場」

昨日の興奮もさめやらないまま、WOWOWの「PARCO歌舞伎 決闘!高田馬場」を観ました。生中継ってことで予想通り出たがりの三谷さん、亀治郎さんと登場。前説をしてくれました。こういうのが「ご馳走」っていうんですね、きっと。

長唄と義太夫と鳴物の説明、それから勘太郎さんが携帯電話を持って登場した「附け打ちの効果的な使用方法」は、歌舞伎をあまり見慣れていない人にはとてもわかりやすい説明だったと思います。

前説が15分あって中継に移行。アドリブで昨日と異なっている場所も何カ所かあり、舞台は生き物だなぁ、としみじみ感じました。

昨日のレビューに書き損なった「歌舞伎テイスト」の上手な使われ方は、立ち回り。染五郎さんのトンボ、きれいに決まっていました。ちょっとがっちり系の亀治郎さん、トンボ切れるかなw それからそうした身のこなしは野犬の群れ(ちょっと「CATS」を意識してたかも)などにも効果的に使われていました。

昨日はカーテンコール3回、スタンディングオベーションは最後の1回のみでしたが、今日は5回やってました。大盤振る舞いですね。

PARCOときたら負けてられない!ってことで、日程は決まっていないようですがコクーン歌舞伎の北番もWOWOWで放送が決まったみたい。勘三郎さん、負けず嫌いなのねw

【追記】三谷さんたちの前説だけもう一度観ました。今月の1日2公演は、松竹さんの意向だったようですね(汗)。だいたい、午後3時の舞台が5時過ぎに終わって、次7時ですよ!?無理だって…。

亀治郎さんはご自分のブログで「我々は不死身の生き物ではないのですぞ」ってこぼしてます…。亀治郎さんも力が入り過ぎなのよ(大汗)。ブログも短いながら、毎日更新してるし。いまは「こんぴら歌舞伎」のお稽古と平行して2公演。尋常じゃないです。

で、三谷さんが「パート2があったら、月曜日を休演にして、2カ月やりましょう」とおっしゃってました。私もリビングルームから拍手しました。

それにしても亀治郎さんのブログに「3回目観た」っていう人のコメントがついてました。どうやったらあのプラチナチケット3公演も入手できるんだろ…。後援会経由とかだろうか。

PARCO歌舞伎を前日観てました。レビューはコチラ

三谷さんは朝日新聞夕刊のコラム「ありふれた生活」でこのPARCO歌舞伎について3回?書いてるんですけど、PARCO歌舞伎に携わった方たちの感想を読めるところをいくつか見つけたので追記しておきます。

|

« ゆっくり咲いてね | トップページ | 千穐楽@国立劇場 »

コメント

icewine5さん、こんばんは。

コメント投稿システムの動作がまだ不安定なようでご迷惑おかけしております…。

PARCO歌舞伎のDVD、出てほしいですね〜。PARCOの舞台DVDはAmazonでは買えないみたいですが今後チェックしておきます。たぶん、亀治郎さんがブログで教えてくれる気がしますw

廻り盆のシーンは確かに印象的だったのですが、NHKは夕方の番組で亀治郎さんがお出になったときもあの走るシーンを使っていて、あれは本当に一部だけだったので、映像の持つ力って凄いなぁとしみじみ思いました。

ピンクミント味、食べれば食べるほど不思議な味です。愛之助さんも相当不思議ちゃんみたいなのでw、似合っているのかも。

投稿: ruko | 2006/03/29 23:17

rukoさん、こんにちは。

決闘!高田馬場レポ、楽しくて、何度も読ませていただいてます。
rukoさんのレビューや先日の「スタジオパークからこんにちは」の三谷さんトークから察するに、歌舞伎ベテランの方はもちろんのこと、初心者の人でもすんなり楽しめそうな舞台だったようですね。

廻り盆のシーンはスタパでちらっと紹介されていた(違いましたっけ?)のをテレビで見ましたが、まるで障害物競走のようで面白かったです。きっと生だともっとワクワクしたでしょうね。
DVDが発売されることを期待しています。あっ、パート2も期待したいです!

そうそう、私もピンクミント味を購入しましたよ~
愛之助榎本さんにはピンクミントよりもロゼミントの方がお似合いな気もするのですが・・・、と、ついついお馬鹿な事を考えてしまいました^_^;

※先ほど、コメントをお送りさせて頂いた際に、送信に失敗してしまったようで、再度お送りさせて頂きます。
万が一、重複投稿になってしまっていたら、すみませんm(__)m

投稿: icewine5 | 2006/03/29 00:43

satesateさま、二度目のこんばんは。

satesateさんの観劇のガイドになったようでよかったです〜。あの銀色のカーテンみたいなのは「ブレヒト幕」といって、その名の通りブレヒトが好んで使った舞台装置らしいですね。学生時代、そこそこ芝居は見てましたがブレヒト幕が出るようなお芝居は残念ながら観ていなかったので、パンフレットの補足情報で勉強しました。

PARCO歌舞伎を観たあと、日曜日に国立劇場にいったらお梅さんがいたんですよ!もちろん「本物」じゃないんですけど、老け役の女中頭さんみたいなお役が「小栗判官」のなかにあって。ああいう役は古典?の歌舞伎の中にもあるんだなあ、ってしみじみしちゃいました。

役者さんたち、ほんとうによく走って声出していました。今回は宗之助さん(おもんさん)にチェックを入れていたので今でも

「アーローマーだぁぁぁぁ」

の叫びを思い出してくすくす笑っちゃってますね。

投稿: ruko | 2006/03/28 00:39

えりこさん、こんばんは。

WOWOW放送、二度目の観劇で感激もひとしお…う、サム……。でしたね。

私も卵が生まれるところまでは見ていなかったんで、やられた〜って思いました。鶏は今月の歌舞伎座でも「道明寺」で活躍していたので、松竹さんの小道具なんだろうな、って思いましたが。

あの前説も亀治郎さんのブログによると三谷さんがじゅうぶんにリハーサルしてつくりこんだものだと聞けばかなり納得。勘太郎さんの着替えは確かにすごく早かった!

文楽への布石はあの染五郎人形と亀治郎人形だったのかしらw 気持ちはわからなくもないけど、一体の人形を三人がかりで演じることや、義太夫さんひとりが全員の台詞を喋るという文楽の特殊性をどう舞台に落とすつもりなのか。きっと三谷さんのことだからすごく考えるとは思います。

でも最近、やっぱりオーバーワーク気味ですから、もうちょっと腰を入れてせっかくならやってほしいかな、とも思います。それから今回の取り組みが無駄にならないように新作歌舞伎の第2弾も考えてほしいし…。

2カ月上演してほしいですね。次回は愛之助さんもキャストに絶対ゼッタイ、入れてほしいw

投稿: ruko | 2006/03/28 00:28

rukoさん、こんばんは。

rukoさんのブログを拝見&三谷さんの新聞連載記事で、3倍くらい楽しむことが出来ました。

rukoさんのブログ拝見していなかったら、
カーリングは、分からなかった、、、、。
あと、染五郎さんの早変りも。

「お梅ばあさん」の繰り返しは、三谷さんらしいし、
歌舞伎と三谷さんのイイトコ取り!そんな舞台でした。
何が爽快かというと、あの、アイボリーっぽい光沢ツルツルの右へ左へ動く幕。
幕が疾走して現れる役者たち。
もう、素敵すぎdeath。

投稿: satesate | 2006/03/28 00:11

rikaさん、こんばんは。

WOWOWはカメラ11台を使って今回の中継をしたそうです。附け打ちさんの手前からの映像などは、本当に「かぶりつき」の列に座った人にしか見えない目線で、おもしろかったのではと思いました。あまりWOWOWの舞台中継はこれまで観たことがなかったので、これからも少し観てみたいなと思わせるつくりになっていました。

まだ「THE有頂天ホテル」観てないのですが、出演者を十分にからませる人数としては今回くらいがちょうどいいのではないかと思いました。みんなそれぞれに見せ場があり、キャラクターもしっかりしていて。勘太郎さんの又八がなぜ中津川(染五郎さん)の手引きをするのか、というところだけが若干納得がいきませんでしたが…。

来年以降もぜひやってほしいなと思いました…。でも染五郎さんも亀治郎さんも忙しい方たちですからなかなかそうはいかないかもしれないですねえ。

投稿: ruko | 2006/03/28 00:09

rukoさん、こんばんは!
WOWOW放送も面白かったですね♪三谷さんと亀治郎くん、勘太郎くんによる前説も楽しめました。それにしても勘太郎くん、前説では普段着状態・・・ビックリしました~。早替えは慣れてるんですかね(笑)。
カメラワークが多少微妙だと感じるところはありましたが、細かいところが色々見れたのはやはりテレビの強みでもありますね。オープニングで鶏が卵産んでたのもこの映像で初めて知ったし(笑)。さすが三谷演出は芸が細かいと思ってしまいました。

本当はもっと多くの人に生で見てもらいたい作品ですがそれにはやはり箱のキャパが少ないせいでチケット争奪戦が激しくて難しいと思います。ただ三谷さんが目指している舞台と客席の距離はパルコくらいがちょうどいいと思うし・・・そう考えると複雑ですね。

三谷さん次は『文楽』に興味持ったみたいなので三谷文楽が実現する日も遠くないのかも!?(笑)

投稿: えりこ | 2006/03/27 18:28

rukoさん、こんばんは。

実際に舞台を観た後で映像を観ると、またいろいろ細かいところにも気付いたりするのでしょうね。
私はとりあえず1回放送を見ただけですので、またゆっくりダビングでもしながら見てみようと思います。

今回は出演者の方も少なかったので、皆さんに見せ場があってよかったなぁ、と。

来年以降もあるのなら、本当にもうちょっとゆっくりと長くやっていただきたいです。

ちょっと恥ずかしい箇条書き感想、TBさせていただきます(^^;

投稿: rika | 2006/03/27 01:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/9256694

この記事へのトラックバック一覧です: WOWOWで「決闘!高田馬場」:

» 『決闘!高田馬場』@WOWOW [rikaのいろいろ。]
昨晩WOWOWで放送があった、『決闘!高田馬場』を見ました。 放送を見ていて思ったことをそのまま、思った順番で箇条書きにしました。 実際の舞台は観ていませんので見当違いがあったらすみません。 【まず】 ・義太夫さん、長唄さんは大変そうだ。 【前説?... [続きを読む]

受信: 2006/03/27 01:22

« ゆっくり咲いてね | トップページ | 千穐楽@国立劇場 »