« パンドラの箱〈地上波第23話〉 | トップページ | 黒クミョン降臨〈地上波第24話〉 »

2006/04/15

青りんご マチベン〈2話〉

なんだろう、この違和感は…私が法律、とくに民事分野の「現場」を知らないということなのかな。積み上げてきてる「事実」の部分は巧みだと思うのに、肝心の法廷シーンで今回も醒めてしまいました。

GOOD LUCK!!(1)GOOD LUCK!!(1)
木村拓哉 堤真一 柴咲コウ

ビクターエンタテインメント 2003-05-23
売り上げランキング : 7,252
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
→井上由美子さんは木村拓哉とペアで語られてしまうことが多い脚本家になってしまっているのが個人的にはちょっと残念なんですが、コレは私観てました。「ぶっちゃけ」には引きまくってたし、井上さんの脚本を木村君は活かせないと思いつつ。ANAのケータイサイトにいくと今も番組の着メロをダウンロードできます。

第2話のゲストは大倉孝二と奥貫薫、木野花。そして深川保(竜雷太)の「これが正真正銘、最後の"逢瀬"ですよ」って、何だろう。以下続きます。

神原(山本耕史)、本当に「えびす堂」に就職するつもりなの〜?すっかり事務所のみんなに「青りんご」なんて呼ばれてますが、神原は、何を司法に求めているんでしょう。

そしてやはり松尾検事(沢村一樹)は元カレであったか。天地(江角マキコ)がかかわる事件すべての担当検事が松尾さんになっていくってのはあり得ないよ---法廷内での傷害事件から営利目的誘拐まで守備範囲広過ぎw と思いつつ、ドラマですから、と自分を納得させてます。

天地先生、毎回松尾さんにこうやってアピールしていくのかな……。「司法の現場が抱える問題点を指摘される担当」を毎回松尾さんにアテるっていうのは、ちょっとリアルじゃないっす。

一方で、刑事事件でよくある「公務執行妨害などの別事案で身柄拘束→本件の自白を受けて本件立件」という警察の捜査手法について異議を申し立てていたのには「おぉ」と思いました。警察関係の人とお話をするときにこのことを「別件逮捕」っていうとどんな温厚な人でも絶対怒るんですけど(汗)、どうも釈然としません。

みんなスルーしているけど、今回の鈴木先生(大倉孝二)みたいに自分がその当事者になったら、どうするんだ、と。誘拐でいえば、6歳の被害者への強引な「面通し」も。犯罪検挙率の低下と発生件数の増加もあるけれど、現場の捜査能力や手法が衰えているのも残念ながら現実なんだろうなぁ。

後藤田(沢田研二)は毎回「勝ちに行く」天地に釘を刺す役回りになっているところが「説明不足」を感じる…。この「勝ちに行く」っていうことばが天地を表現していて、そして恐らくなぜ検事を辞めたのか、というところへつながっていくのだろうとは思う。けれど、1クールとか、アメリカのドラマみたいに20回以上あるなら小出しで視聴者の飢餓感をそそってもいいが、6回しかないのでもうちょっと背景を描いてもらわないとすっきりしません。

3つの事件--生徒の万引き、化石発見、誘拐--にそれぞれ「表と裏」があって、とくに鈴木先生がなぜ生徒をかばうのか、という点と彼の存在意義である「化石の発見者」がどうリンクするのか、という点は今回の「サビ」だったと思います。

ただ、民事法廷は現実としては「言えなかったところを言うところ」かどうか、っていうのが別問題なので、冒頭書いたように法廷での展開に萎えちゃうんですよね。自分の学校の先生が原告であり被告である法廷に中学生が親の付き添いもなく傍聴にくるものか、とか考えるともうキリがありません。

私自身が裁判の傍聴などに行かなくなって久しいので現場は「進化」しているのかもしれないけれど、自分の知り合いが民事事件で係争することになった、として「じゃあ傍聴に行きますか」っていうほど、裁判所って開かれているとはとても思えないので……。

そして、鈴木先生があっさり復職するっていうのも、誘拐事件の顛末が顛末だったとはいえちょっと腰砕けでした。

実は法廷での展開は「こうあってほしい」という脚本の井上由美子さんが望む姿なのではないか、などと考えてしまう。

本日の天地の名文句は「真実は美しい。それがたとえどんなに痛いものであっても」。真実は美しい、かぁ。意味深。

[過去のレビュー]
涙 マチベン〈1話〉

|

« パンドラの箱〈地上波第23話〉 | トップページ | 黒クミョン降臨〈地上波第24話〉 »

コメント

あ、rukoさんごめんなさい
成田はGOODLUCKでなくて
たんなるマニア向けです(^^;

投稿: Lady-e | 2006/04/18 00:54

Lady-eさんまたまたこんばんは。

QRコードで飛んだ先にはGOOD LUCKの音楽はもうなかった……残念。でも出発とか到着の成田空港のアナウンスを聞いて超海外に行きたくなりました…。いやなスイッチ入っちゃったなぁw

山本耕史くんは決して嫌いではありませんがとくに好きではありません。もちろん「土方副長」は大好きだったんですけど、ドラマが終わってからも山本君の一挙手一投足を追う的な感じにはまったくなっておらずw 今回の「マチベン」のレビューをあちこちで読むとみんな「新選組!」に脳内変換し過ぎだよw と思ってました。

>>突っ込みたいダイコンちゃんには愛すべき可愛さがある
歌舞伎にもいたんですよ驚くべきダイコンちゃんが!「天花」の藤沢恵麻よりすごい破壊力で、逆の意味で愛してしまいそうです。

投稿: ruko | 2006/04/18 00:00

成田は
http://www.narita-airport.jp/jp/mobile/index.html
ここっすよ
QR読める機種なら 簡単ジャンプできますです

山本耕史君好きなんですか?(^^;

ダイコンは、結構突っ込むけど
嫌いじゃないんですよね 私は
突っ込みどころが無い アクターは
感想が 凄い!としか出てこないつーか
そーいやぁ 石坂浩二も凄かったな・・・
いかりやさんも 凄かったしなぁ・・・

とりあえず、突っ込みたい
ダイコンちゃんには
愛すべき可愛さがあるのかも(^○^)

GOOD LUCK 見たくなりました?
うちには全巻ありますがw

投稿: Lady-e | 2006/04/17 12:14

Lady-eさん、こんばんは。

私もふだんは着メロあまり鳴らさなくて「うひょひょ」って思いながら聞いてるときとかありますよ(汗)。そうだ、Lady-eさんに教えてもらった成田空港のケータイサイトにいかなくちゃ。

江角さんがダイコンであるのも確かに正しいですね。でも今回のドラマではそれが感情を抑えているというふうに見えるのですばらしいw

なんだかLady-eさんと話していたら「GOOD LUCK!」観たくなってきた。BS-iかTBSチャンネルでやらないかな……。

確かにレビュー的には私も肝心の裁判シーンでなえなえなので、ちょっと元気がないです。山本耕史君見てニヤニヤは、できないし(汗)。

投稿: ruko | 2006/04/16 20:47

えりこさん、こんばんは。

私は先週の放送はギリギリ間に合わなくもなかったのですが、歌舞伎の余韻を残そうと思って観るのを我慢してましたw

>>土方・源さん・河合の『新選組!』なメンバーが
新選組!ファンのみなさんのパワーはすっごいですよね。大倉さんが身柄拘束されているっていうだけでもう「ある隊士の切腹」に脳内変換できちゃってる方のブログをいくつも読んでしまいました(汗)。

私まだまだ愛が足りないなぁ、と……。

チケット、よかったですね〜。初日のレポートが読めるかもと思うと私もたのしみですよv

投稿: ruko | 2006/04/16 20:44

度々の登場
おじゃましますm(__)m

どーも書きようが難しい
第二回目
書きようが無い?(^^;
気合が入らない?ながら
書いてみたりして。

ひょとして、私
氷壁カキカキで
燃え尽きてるのかもしれない(w

投稿: Lady-e | 2006/04/16 15:31

>好きなのはブログ観て知ってたので今週コレにしてみたんですよね…w

お約束通り?カモられました(笑
着メロにしたんだけど
電話が鳴らないので(^^;
DLしたメロ聞いてみたりして
うへへ♪状態です

>飽きた

わかる!
皆同じような感じだし(^^;
しゃべり方もあるかも?
そいう意味では、江角もそうなんだけどね(^^;

そう!
あの時のいかりやさん
いい感じだったよね
主役じゃなくても、印象深い演技を
される方で残念。

投稿: Lady-e | 2006/04/16 15:20

rukoさん、こんにちは。
『マチベン』は山本君が出ているということなので録画しています。先週の放送分はちょうど大阪から帰る飛行機だったので・・・実はまだ見てなかったりします(爆)。
今回のは途中まで見たのですが、江角さんはたしかにショムニっぽいかなぁと思ってしまいました(あまり好きな女優さんではないし)。でもドラマ的には好きな部類かも。裁判ものドラマって面白いですよね。あとで続きをDVDで確認しないと(^-^ゞ。
個人的には、土方・源さん・河合の『新選組!』なメンバーが揃ってたのが嬉しかったです♪

スレ違いですが・・・例の公演チケット、どうやら後援会の方で手配できそうです。ご心配頂きありがとうございました~。

投稿: えりこ | 2006/04/16 13:19

Lady-eさん二度目のこんばんは。

ANA情報お役にたったようで何よりです。Lady-eさんが「GOOD LUCK!」好きなのはブログ観て知ってたので今週コレにしてみたんですよね…w

木村君嫌いっていうわけじゃないんですけど…「飽きた」っていうのが答えかなぁ。演技の引き出しが全然ないっていうか、何をやってもキムタクにしかなってなくて、それを許容するほど俳優として木村君のことが好きじゃないというだけで…。

とはいえ、堤、竹中、黒木、そして今は亡きいかりや長介さんも含め贅沢なキャストで、手堅いつくりのドラマでしたよね。私も好きでしたよ。「Ride on Time」のエンディングまでいつも堪能してました。

投稿: ruko | 2006/04/16 01:48

優さん、こんにちは。イースターなのに佳境とは。おつかれさまです。

王様=劇団ひとり説、少し優さんをゆるめる効果があったようでうれしいです。私は誰かに似てるとはまったく思わず「チャングム」を観ていたのですが、WOWOWでドラマみて「え、誰この劇団ひとり似の男は………えー、お、王様?」みたいな衝撃がありまして。

「タブロイド」懐かしい!!音楽も思い出します。これまた佐藤浩市がシビレル格好良さだったのが忘れられない。あんな簡単に特ダネ取れるわけないじゃーん、とかひがみながら観ていたのが懐かしいです。これもDVD化されていないですね…。こう考えると、やっぱり井上さんの初期の作品って硬派で、万人受けを狙ってなかったんだなぁ、と思います。

ホア男はせっせとブログ更新をする私に怒ってただいまキャットタワーの上でフテ寝中です(汗)。

投稿: ruko | 2006/04/16 01:40

まだ見てないんだ
今から見るの
だから上部だけ読んで
おお!っていいながら
ANAサイトでDLしてきた(笑

そして既に、着メロに(爆
あのドラマ好きなのさ★

あ、rukoさん、キムタ嫌いっていったよね?
私嫌いじゃないんだと思う
プライドも好きだったし

堤も好きだし、竹中も好き
たぶん
今はじまった番組なら
絶対毎回レビュー行きだったと思う(w

でも、ANAのモバイルサイトは
ノーマークだったのでDLしました
ちなみに成田のHPでDLできる着メロは
全てDL済だった私(w

投稿: Lady-e | 2006/04/16 01:29

rukoさん、こんにちは。

>「1%の奇跡」では劇団ひとりにしか見えない王様

に大大大爆笑(涙目)。
なーーーんかに似てるよなあ、なーーーーんかに…
ってずぅーーーっと思っていたこの辺の胸つかえが
すっと消えましたよ~。いや~さすがさすがw

「マチベン」こちらでは『火曜ドラマ』ってことにw。
一回目を見たときに「女の涙」っていうのを認識できていなくて、
もう一度ビデオを見直してみましたがよく分かりませんでした。
家のS○MS○NGのテレビ古すぎて画素が悪いようです…orz
ともあれ、ドラマに飢えてる身の上としては贅沢はいえないんだけど、
全6回っていうのはいかにも短いなあ。
井上由美子さんの
「真実をあきらかにしたい」
というコンセプトの脚本は、彼女の真骨頂だと思いますね。
「きらきら~」の他に、「タブロイド」というドラマも
大好きだったんですが、これも「真実」を追うドラマでした。
ネタバレを全く気にしないたちなので、
rukoさんのレヴューを見てから「マチベン」見るのが今の楽しみw。
第1回の前半、江角さんの台詞の語尾が
作り物っぽくて耳障りでどうも気になっちゃってたんですが、
後半になるに従ってだんだんこなれて来たという感じでした。
(女優復帰第一作になるのかな?よくわからないが、
松田美由紀さんの演技にもちょっとハラハラしながら見ていました。
でも全体的には卒なく演技していたと思う)
個人的には、青りんごさんが道端でぶつかってこけるシーンが
何気に好きでした(なんだかな)。

イースター休暇でのーんびり、、といいたいところですが、
今が佳境。少しだけですが、先に光が見えてきました。
あ、そういえば、最近、私の夢に
ドアップでホア男クンが登場してくれました!嬉しかったなあ。
ホア男クンにもよろしく!

投稿: 優 | 2006/04/16 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/9610382

この記事へのトラックバック一覧です: 青りんご マチベン〈2話〉:

» マチベン 第2回 [ALBEDO0.39]
HHK 土曜ドラマ マチベン 第二回 依頼人を裏切れますか? 今回も涼子(江角マキコ)の法廷シーンで始まる 何故彼女が法廷に立つところから始まる 罪名罰条 殺人未遂 刑法 第230第199条 事件から3度目の5月が来ます と塀の向こうの深川保(竜雷太)に手紙を書いている 神原啓吾(山本耕史)が新たにマチベンに加わった? 彼が、上記の法廷で弁護してる 法廷は涙にめざめる そして今回の依頼人を裏切れますか?も この法廷に立つに至る経緯の1つの事件ということになるわけか... [続きを読む]

受信: 2006/04/16 15:27

« パンドラの箱〈地上波第23話〉 | トップページ | 黒クミョン降臨〈地上波第24話〉 »