« 「世界遺産」ナレーターに勘太郎さん | トップページ | 俗物 富豪刑事デラックス〈2話〉 »

2006/04/28

キョンソンへ クッキ〈4話〉

韓国ドラマの敵役に論理を求めても仕方なくて、そこにはひたすら不条理があるだけなのは承知しております。されどシニョン母の逆ギレっぷりはどうよw 自分の娘がカンニングしたことは棚に上げて「あんたが教えてやらない」ってクッキに炸裂してどーすんですか、もう……。

ソウル駅紆余曲折の末クッキとシニョンが降り立ったキョンソン(京城=ソウル)駅。現在はソウルとプサンを結ぶ高速鉄道KTXが開通してガラス張りの駅舎が完成してますが、去年のGWに行ったときは植民地時代からの駅舎もまだ残ってました。

最近は竹島近海を測量調査するとかしないとか、このへんの海を韓国語の名前をつけるとかつけないとかキナ臭い動きのあった日韓関係。でもね、韓国の人はホント不思議。日本人が同じ立場だったらこういう建物は「負の遺産」とか言って速攻で壊してると思う。ソウル市内を歩いてると日本語の昔の看板がついたまま使われている石造りの建物がぽつぽつあって驚きます。

「味の素」の広告がついた列車に乗ってついにクッキはヘジュを後にしました。シニョン、前回の家出から全くなにも学習していないことが判明w 以下ネタバレ。

グッキ DVD-BOXグッキ DVD-BOX
イ・スンリョル

レントラックジャパン 2005-08-19
売り上げランキング : 6,146
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クッキがけなげで、さすがの私も泣いちゃいます……。くるくるくるくる働いて笑ってガツガツ食べて。おばさんの「なんちゃって善意」をまだ信じてて。ヤメテ〜。

シニョン、当然ながら入試は不合格ですが、相変わらずの刹那的悪あがきを続けます。「ニコニコ日記」のケイちゃんに出てきてがっつり叱ってほしか。

つきあうクッキもクッキですw 自分ではたぶんカンニングがバレてるから不合格とわかってるくせにクッキに結果を読み上げさせ、キレて破ったあげく証書をクッキのと交換しよう、「1円あげるから」。

試験の結果は悪くなかったんですよね。国語90点:漢文85点:地理85点:國史:82点。カンニングしないでそこそこの点数出してたら合格できてたかもしれないのに……。クッキの試験結果は遠目にしかわからなかったんですが漢文と國史は100点とってたように見えましたんで、及ばないけど。

そこから業を煮やして学校にやってきたお母さんにバレ、屋根裏に隠れてさわぎになるまでは早送りで観たいくらいだった。だからさー、クッキ、シニョンにつきあうなって。

「あんたのお母さんには殴られてるけどそんなに痛くないよ」

うわーん。

しかし冒頭書いたようにシニョンが女学校に落第したことを恥と感じる母親は怒りの矛先をクッキに向け、ヘジュ屋に即刻奉公に出すと宣告します。

ヘジュ屋のおかみさん、話わかりそうだとちょっと期待していたのですがキーセン(妓生)の置屋の経営者ということで結局思考は旧世代でがっかりしました。「卒業するまで」っていうのは当然のごとく小学校まででしかなく、それから数年は踊りなどを稽古させてお座敷に出す、と。

クッキを評価しているからこそ「店をあんたに譲ってもいい」って言うんだと思いますがクッキ本人は望んでないものね……。お父さんとの約束があるし。結局ヘジュ屋も飛び出すしか道はない。

当初の計画通りキョンソンへ向かおうとしますが汽車賃がありません。前回からちょっと気になっていたのでヘジュと女学校のあるケソン、キョンソン(ソウル)の位置関係を確認してみました。

Political Map of North Korea, South Korea (Altapedia Online)

ヘジュもケソンも黄海側にある港町。ケソンは韓国の国境に近い北朝鮮の都市で、映画「JSA」で撃たれた北朝鮮兵士のソン・ガンホを事情聴取にイ・ヨンエが出かけたのはケソンの病院だったと思います。で、ヘジュからソウルまでは直線距離で約90kmでした。

徒歩は無理。

というわけでお父さんからもらった形見の時計を背に腹は代えられないといったん質入れしたものの思いとどまるクッキ。おかげで、チュテおじさんが自分のお父さんが経営していた病院の跡地に会社を建てたことがわかっちゃいました。

チュテおじさんを信用しちゃいけないんだよ、ね?

話は変わってクッキ父は残してきたクッキに想いを馳せます。個人的には共感したんだけどこの「父親像」についてはブログによってものすごーく極端に評価が分かれているっぽく感じるので、あんまり踏み込まないことにします(汗)。でも。

私は、日本からの独立闘争は子育てと両立できるようなものじゃないと思っています。

質屋のおじさんがオッパーのサンフンのお父さんだということもわかった。でも、キョンソンは遠いからサンフンは次のクッキのピンチは助けにこられない、と。

無理矢理列車に乗ったクッキは無賃乗車を咎められますがそこにはなぜかシニョンの姿。またやったな。ポケットから無造作にお金ごっそり取り出すシニョン。かなり、遠足気分。「お父さんの金庫からちょっとね〜」ってお金を見せびらかしたりするので、さっそくひったくられました。

親切そうだった旅芸人の一座だってお金持ってくのに、やっぱりお金に困ったことがないとその大切さもわからないのだろうね。ベトナムのホーチミンで日本人のひったくりやスリの被害が多発しているっていうのも、こういう無防備さの蓄積だと思うのは私だけかなぁ。などと余計なことに頭をめぐらせてしまいました。

[レビュー一覧]
父と娘 クッキ〈3話〉
やはり勘違い クッキ〈2話〉
歴史の勉強を クッキ〈1話〉

【追記】TBさせていただきました。
クッキ 4話 (まいぶろぐ その2
クッキ(第4回)Snowdrops-Fairyの独り言Ver.2

|

« 「世界遺産」ナレーターに勘太郎さん | トップページ | 俗物 富豪刑事デラックス〈2話〉 »

コメント

stanakaさんこんばんは。

きっとご指摘の通りだと思います。無神経に悪気がないと、怒ってもその怒りの持って行き場がないのでホントたちが悪いと思います。

ハッ。クッキはきっとそのあたりもすでに達観してしまっているのかもしれません。小さい時から苦労し過ぎて。

きっとこれからイイことあるよ〜と言いたいです。まだまだ、まだまだ苦労がてんこもりそうですが(汗)。

投稿: ruko | 2006/04/30 01:15

こんばんは。
>クッキ、シニョンにつきあうなって。
父親が13年ぶりに会いに来るような天涯孤独のクッキにとって、意地悪なシニョンも大事な友達と思っているかも。シニョンって全く悪気なくクッキにあんなことをしているように見えるのだけど・・・。←その方がもっと悪いって!?

投稿: stanaka | 2006/04/30 00:55

ぐるくんさんこんばんは。

ココはひとつ信じられないほどの善人に登場してもらわないとクッキもシニョンも日本敗戦からのゲキドーをとても乗り越えられないと思います。早く登場してw

地図を確認して、キョンソンまで歩くというのがいかに無鉄砲か私もわかりました。ましてや繰り返しますけど1945年の7月ですよ…(もう8月か?)。

列車の中などもあまり緊迫していなくて、地獄の口がぱっくり開くのは8月15日以降なのかと思って、今からブルーになっております。

投稿: ruko | 2006/04/29 22:54

 rukoさん、こんにちわ!

 13歳の小娘二人の家出は勇気はあっても無謀な挑戦・・・
 私、もう半分あの子達のお母さん気分で見てましたw

 韓ドラのセオリーで行くと、悪い奴もいるけど信じられん位善い人も登場するので、是非その方の出現を信じたいところ。

 地図見ました。
 予想以上の距離で、改めてあの子達の無鉄砲さと若さを実感できましたw
 

 

投稿: ぐるくん | 2006/04/29 18:58

viviさんこんにちは。

TBの件はどうぞお気になさらず…。バージョンアップ以降のドタバタも少し落ち着いてきたので再度ココログのサポートに質問をしてみたいと思っています。

さて、私もクッキがなぜチュテおじさんにアピらないのか理由がわかりませんでした。韓国の生活習慣というか、何かそういう背景があってのことなのか、そうではないのか。

キョンソンまで出てきちゃいましたが、女学校でなんとか勉強できるといいですね。学校の先生じゃないけど入試の成績を見る限り、勿体ないです。

投稿: ruko | 2006/04/29 16:26

satesateさんこんばんは。

>>シニョンは、もう、私にとって、のび太か、カツオ君

何年か前職場に困ったちゃんがいてすぐ「わかんない」とヘルプミーを連発するので「のび太」のあだ名を献上されていたのを思い出しました。どこまでも他力本願なのに、へんにプライドがあるのび太くんw

「たすけて〜ドラえもん」のかわりに「助けて〜クッキ!」か……。でも本当に何かウルトラCをひねってシニョンを助けそうなクッキがこわいかも。

投稿: ruko | 2006/04/29 16:20

mitomitoさんこんばんは。

クッキの「元気の素」はなんなのか、私も不思議です。製麺所のおばさんや学校の先生かしら…。

お金をとられて生活力ゼロのシニョンが足手まといになるのは火を見るより明らかな気がします。クッキ、早くも苦労が2倍?

投稿: ruko | 2006/04/29 16:17

TB有り難うございました
私の方がいつも出来ません、涙、、、

クッキはこの時点で父の事をどの程度理解していたのでしょう?
ジュテのあくまでいいおじさん風な言葉掛けを素直に聞いていますね。なので何故おじさんに女学校へ行きたいと直訴しないのかと、不思議です
おばさんに絶対権力がある夫婦ではないのに、、、
まあそこがこのドラマのドラマ的なとこでしょうか、、、

投稿: vivi | 2006/04/29 09:06

rukoさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

今回は、rukoさんの仰ったように
シニョンの天道節っぷりに、クラクラ。
クッキに両親が心配するよと言えば、
「歌手になったら、手紙でも書く」
という、シニョンの呑気さ加減に、痺れました、、、。

シニョンは、もう、私にとって、のび太か、カツオ君。
クッキはポケットは持たないけど、
自助努力逞しいドラえもんもしくは、
素直なタラちゃんですかねえ。

シニョンが両親のもとへ送還される日は
歌手になる前、そう遠くないでしょう、、、。

それでは、rukoさん、お邪魔しました。

投稿: satesate | 2006/04/29 02:27

>「あんたのお母さんには殴られてるけどそんなに痛くないよ」
イヤミでなく素直にこの言葉を言うクッキに胸が痛みました。
両親の愛情を受けずに育ったのに、なんでこんないい子に育ったんでしょうね。
素直過ぎるところが、今後不安なんだけど…
シニョンのおかげでキョンソンまでは来られたけど、彼女が足手纏いになりませんように。

投稿: mitomito | 2006/04/29 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/9805878

この記事へのトラックバック一覧です: キョンソンへ クッキ〈4話〉:

» クッキ 第4回「旅立ち」  [今日のわたくしゴト]
今日だけだからと、再び泣くクッキ。 お兄さんも私と一緒なの?働きながら学校に行ってるの? (イエ、違います) 1日までに納付金を(女学校の入学金、どう工面するのクッキ?) 身投げする。母さんにぶたれるより、身投げしたほうがマシよ。 いい考えが浮かぶまで、母さんに内緒よ。 ただいま帰りました。 あんなおじさんにも、あんなおばさんにも、あいさつはキチンとクッキ。 時計をお父さんの替わりに、話... [続きを読む]

受信: 2006/04/29 00:56

» クッキ 第4話 [ときどき思いつき日記]
叔母さん、めちゃくちゃ。シニョンが受験に失敗したのはクッキのせいだそうで。同じ家に受験生が二人いると一人は落ちるんだって。クッキがシニョンにカンニングさせないで先生に告げ口したからシニョンは落ちたんだそうです。しかもクッキパパのせいで大損?・・・・クッ...... [続きを読む]

受信: 2006/04/29 07:29

» <191> クッキ #4 [「ぐるくん」のひとりごと]
 配達するはずの麺2箱を父ヨンジェの検問を通すため機転を利かして渡し、無事汽車に乗せたクッキだが製麺所ではシニョン母ヒョンジャが「こってり絞ってやる!」と鼻息荒く待っていた。  父親に会ったと言うクッキは「一緒に連れて行ってくれりゃいいのに・・・」のヒョンジャの言葉からも察しがつくが、あっさり元の生活に戻される。  チュテの部下が傷を追いながらも戻って、経緯を報告する。  ヨンジェらが捕まらな... [続きを読む]

受信: 2006/04/29 18:41

« 「世界遺産」ナレーターに勘太郎さん | トップページ | 俗物 富豪刑事デラックス〈2話〉 »