« 父と娘 クッキ〈3話〉 | トップページ | 「最期の一日」到着ス »

2006/04/21

プリングル法 医龍〈2話〉

友だちが医者やってまして、医療ドラマに関して「なぜテレビに出る医者は白衣の前を常にはだけているのか。あり得ん」と憤慨していたのでそれからはいつも白衣の前が止まってるかはだけてるか気になっていますw はだけてる率99%。今回、小池徹平の伊集院先生だけね、本当のお医者さんのスタイルしてるのは。衣装提供があるから仕方ないんだけど実際はあり得ないそうなので。

白い巨塔 DVD-BOX 第一部白い巨塔 DVD-BOX 第一部
唐沢寿明 山崎豊子 江口洋介

ポニーキャニオン 2004-03-03
売り上げランキング : 13,048
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
→今回は無難に「白い巨塔」をおすすめしてみました。ゴローちゃんは間違いなく末期の患者にも治験と称して効かない抗がん剤顔色変えず投与し続けるでしょうね…。

フジテレビ「医龍」公式サイト

それにしても無駄に、と言ってはいけないですが脇が豪華です。今日なんて井川比佐志と加藤治子。想定外にしんみりされられてしまった…。以下ちょっと続けて。プリングル法とは肝臓へ血液を送る動脈を止めて、肝臓本体を治療することらしい。俳優さんたち専門用語多過ぎてかみまくってるような気がするw

2回見終わって印象的だったのは大学病院の医局の掟に縛られてる医師たちを冷たい視線で見ている看護師たちだったかな。ふだんはどうしようもないから黙ってるので突如朝田に味方しちゃうw っていうのはどうなのか?ですが。

今回はプリングル法以外に「シュロックシャント」という専門用語が飛び出しました。阿部サダヲがやってる荒瀬、医者としてはそうダメでもないってことですね。もっと暴れてほしい。

意識が混濁した患者の前で愚痴をこぼすのがストレスの発散法だった伊集院が末期がんの佐々木さん(加藤治子)に出会ってちょっとだけ強くなる…ちょっと都合よすぎかも、と思いつつ、さくらもちなどの小道具も効いていたと思います。

末期のがんになると、本当に食べられなくなっちゃうんだよね。自分の本当の好物でも……。「QOL(Quality of Life)」などという中途半端なことばでなく、真に自分が不治の病になったらどう治療されたいのか、きちんと意思表示しておいたほうが、いいですよ…、と改めて思いました。

あまりにも深刻なテーマなのでものすごく重たい現実なのに、実際に自分や家族ががんにならないと、こういうところまで想いは至らないから、特に。

もっと藤吉(佐々木蔵之介)プリーズ!!それとERの鬼頭先生(夏木マリ)、部下があれじゃただでも朝田はほしいだろうなぁ。もっと何か深い野望がありそうですが。

というわけで次回も案外楽しみかもしれない。まだドクター坂口のヘタレ加減が破綻せずにきているのはちょっと安心。むしろ「人に頭下げたことないから」とか平気で言い放つ稲森いずみの加藤が無理で観るのをやめるリスクが高まってきた気がします。

[過去のレビュー]
経過観察。医龍〈1話〉

|

« 父と娘 クッキ〈3話〉 | トップページ | 「最期の一日」到着ス »

コメント

けいさん、こんばんは。

確かに女医さんがポッケに手を入れているのは気になりますね。すぐ目に浮かんでくるのは「救命病棟24時パート2」の松雪泰子だったりしますがw

テッペイ先生、ちょっと前まで高校生だったのに大学生飛び越えて研修医ですからねw ナースの皆さんに「頑張って」と言われても仕方ないのかも?

稲森さんはイメージチェンジでしょうか。「ブルーもしくはブルー」のダークなほうを思い出しながら観ていました。

投稿: ruko | 2006/04/22 01:38

あおさんこんばんは。

蔵之介さん「ファン」というほどではないですが、好きか嫌いかで分ければ間違いなく好きなタイプですw 今回みたいなシリアスよりちょっと抜けてる三の線やっているときが特に。

次週は蔵之介さんの回だと思われるのでテンションを上げてみたいと思います。

投稿: ruko | 2006/04/22 01:34

Lady-eさんこんばんは。

ハイ、サダヲちゃんはああいうイッてる役がとっても似合いますね。今でも「踊る大捜査線」で初めて観た彼の衝撃を忘れてません、私。

稲森&北村のカラミは確かになんだか……って感じがしますね。稲森の演じる加藤的交渉術というのも、ものごとを円滑に進めていくためには必要なんですがあのタカビーなキャラはちょっと。

投稿: ruko | 2006/04/22 01:33

rukoさん、こんばんは。
白衣の前がはだけてる率、高いっすね~。
女医が常にポケットに両手つっこんで歩くのは何故なのか、と昔思った事がありましたが(もちろん前はだけは基本です)。
看護士達がボクちゃん先生に「がんばって」って言うのも、急患を助けた浅田を非難するER医を無言で囲んだ所も、ストーリーとは別に面白かったです。
蔵之介は来週出番多そうで私も楽しみです~。
稲森さんは弱々しいとかフワフワした役の方が似合いますよね。

投稿: けい | 2006/04/21 23:13

rukoさん、こんばんは☆
お久しぶりです。
この『医龍』、今回はじめて観ました。
1話目は、見てないんですけれど、2話目だけでも何となく話が分かりました。
面白そうな番組なので見たいと思っています。
rukoさんはひょっとして、佐々木蔵之介ファンですか?
私は蔵之介さん、結構好きなので、もっともっとプリ~ズです。(笑)
またもや悪役っていうか、何を考えているのかわからん、北村一輝さんが、
ちょっとばかし怖かったりして。次週も楽しみです。
またレビュー、拝見させて頂きますので、
次週も楽しみに待ってま~すっ!

投稿: あお | 2006/04/21 21:39

rukoさん こんにちわ~♪

阿部サダヲが、なかなかオイシイ
感じでした
私的突っ込みとしては
稲森いずみが前出すぎかも
もうちょっと控えめにしたらつーか
彼女と北村一輝のカラミいらんのでわ?
原作読んでないので
はずしたく無い理由がわからない(^^;

>部下があれじゃただでも朝田はほしいだろうなぁ。

確かに(^^;

投稿: Lady-e | 2006/04/21 15:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/9690215

この記事へのトラックバック一覧です: プリングル法 医龍〈2話〉:

» 医龍 第2回 [ALBEDO0.39]
医龍 第ニ回 Karte:02 神の手と悪魔の薬 研修医だからだ あいつはまだ医局に染まっていない 腐った日本の医局に 優秀の人材などいない いじゅういんせんせい せんせいおせわになりま したほんとうにありがと うせんせいのおかげでさ くらもちもたべられるよ うになりましたたのしい まいにちでしたこれから もがんばってくださいさ さきふみこ 伊集院このメールはお前の勲章だ 教科書では・・・ ヘソと腸線腸骨の間1/3の所を切開する ↑だったかな? ... [続きを読む]

受信: 2006/04/21 15:22

« 父と娘 クッキ〈3話〉 | トップページ | 「最期の一日」到着ス »