« 大魔王の恋 1%の奇跡〈6-10話〉 | トップページ | 今週の検索フレーズ〈04/17-04/23〉 »

2006/04/23

お別れ…? LOST〈第23話〉

おお、引っ張るね(苦笑)。邦題は「迫り来る脅威」でしたが脅威本体の出現は次回以降になりそうな……w オリジナルのタイトルは"Exodus"。「出エジプト記」からくる「大挙しての出国」のニュアンスなので島を去る、あるいは脱出するっていう意味。でも結局きょうは、パイロットから22話までつくってきたジグソーパズルの足りないピースをここ、あそこ、と埋めていく作業が中心だったみたい。これまでのエピソードで「〜はどうなった?」的なことがかなり明かされました。

LOST シーズン1 DVD Complete BoxLOST シーズン1 DVD Complete Box
マシュー・フォックス エヴァンジェリン・リリー ジョシュ・ホロウェイ

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-08-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
AXNの「LOST」公式サイト

「アーツト」さんが不審な行動を取るので、イーサン2号というか、一同のブービートラップになるんじゃないかと気が気じゃなかったです。まぁ最低でも来週まではその事態が続くんだと思いますけども。以下ネタバレです。

つじつまを合わせる色合いが強かった今回の放送ですがサンとジンが一応和解したことに安堵しました。操船に関する用語は専門用語なのにサン、どこでこの情報をまとめることができたのかなぁ…。ジンの「これは罰だ」っていう台詞が気になるけど。

お話の進行としては、突然ダニエルがビーチのキャンプ地に警告にやってきました。サイードの質問に微妙に答えてなかった気がするんだけど、どうやって、なぜ、"the others"が生存者たちをこのタイミングで襲いにくることをダニエルがキャッチしたのかが結局わからないから怖い。警告に来たということは彼女は"the others"とは敵対していると理解すればいいのでしょうけれど。

キーワードはやはり、クレアに赤ちゃんが生まれているということ?

そしてきましたね、黒い煙。

それから、フラッシュバックでサイードが島にほかに人間がいるのか、という問いに「いないけれど囁きが聞こえる」って言ってたよね。じゃthe othersは人間じゃないの?字幕の表現も微妙に変わっていたのが気になります。

ダニエルいわくthe othersに対する対抗策は3つで逃げる/隠れる/死ぬ(汗)---だそうで。そこで、ほぼ完成していたイカダの出航を急ぐとともに、もう一つ別の方策を取ることに。それはダイナマイトを使ってハッチを開き、そこから先に逃げ込もうというロックの提案でした。

イイのかそれで、おい。

サイードもウォルトも反対してるじゃないか……。ということで「黒い岩」をダニエルとジャック、ロック、ケイト、ハーリーが目指すことになります。ケイトは結局ソーヤーよりジャックをとったってことでOKですかw 相変わらずこの人もよくわかんない。

そこに飛び入りで参加してきたアーツトさん。乗客名簿にはちゃんと載ってたみたいだけど、ハーリーが「ファーストネームで呼んでいいか」と聞いたときの拒否り感といい、途中で急に帰ると言い出したことといい、とにかく気持ち悪いです。

そうなってくると前回、イカダの出航を止めたのにもなにか別の理由があるのではないかと疑心暗鬼に鳴ってしまうわけでして……汗。

状況の激変で一気に「イカダ班」「ダイナマイト班」「残留班」と生存者が3つに分かれ急にお別れモードとなると同時にシドニーを出発する直前のみんなの様子が描写されてパズルのピースが一気にいくつも出てきました。

1.ソーヤー
最後のさいごにジャックに、酒場で会った父親のことを話します。こっちはジャックのお父さんが死んだことを知っているけど、ソーヤーは実は知らないのかな……ジャック、超しんみり。

そして、ソーヤーの逮捕容疑は酒場でのケンカでした。相手がオーストラリアの農商林務大臣だったことで国外退去処分、それもペルソナノングラータ扱いになってしまう。えーと、エビ屋さんの射殺はバレなかったんだね(汗)。

2.ケイト
前回「飛行機の模型を貸金庫に入れたのは誰か」と疑問に思った方が複数確認できていましたがこれは保安官がケイトをおびきよせるため?にやった行為と判明。ただし、オーストラリアになぜ渡ってきたかは、わからない。銃の機内持ち込みが認められたのもこういうことだったわけですね。

3.シャノン・ブーンとサイード
パイロットエピソードのあたりを覚えていなくて次回以降また出てくるかと思いましたが、シャノン、本当にイヤな子。ファーストクラスが取れなかった腹いせに「アラブ人が椅子のしたに荷物を置いて立ち去った」と不要な告げ口をしてます。まさかそのサイードとその後こんなことになるとは、ねぇw

4.マイケルとウォルト
このふたりのフラッシュバックは何かヒントがあるのかどうか、謎だ……。ウォルトが朝はやく目覚めるタイプである、っていう振りだけ?

5.サンとジン
空港で食べ物を買ってくるのも食卓の用意をするのもサンでジンはでーんと座っているだけ。その様子を見ているアメリカ人のカップルの意地悪い会話がとってもとっても不愉快でした…。タカビーなサンがなぜジンにこんな態度をとっているのかの謎はまだ解明されずじまい。

6.ジャック
ここにきて新しく伏線仕込まないでくれるかな?空港のバーであったヒスパニックの女の子、座席をとりかえっこしてほしいと言ってきた彼女。42Fだっけ?これはもしかして機体の後部、もしかしたら別のところに墜ちて生き残っているかもしれないということですか。

気がついたのはそんなところかな。イカダが出航し、「黒い岩(The Black Rock)」は船だったことが判明しました。

あと2回は島での攻防と、イカダがどこかにたどり着くのか島に戻ってきてしまうのかっていうあたりか。

【追記】TBさせていただきました。
LOST #23 Exodus Part 1 (ME TELLY & ICE CREAM
「LOST」 第23話 (記憶の鞄
LOST #23 〜「迫りくる脅威」〜 (LUVLUV.COM
「LOST」第23話 迫りくる脅威(後半) ( 韓国ドラマファン

|

« 大魔王の恋 1%の奇跡〈6-10話〉 | トップページ | 今週の検索フレーズ〈04/17-04/23〉 »

コメント

akkoさん、ちょいとごぶさたでしたね…

「ネタバレ」を知りたい人ってドラマを観ているのかどうかわかりませんが確実に一定数いるので、akkoさんのレビューを楽しみにしている人もたくさんいるのではないでしょうか。

とはいえこれだけの情報が圧縮されているとドラマガイドを書くのもたいへんだと思います…。

何かとあわただしくしてますがワタシもakkoさんのブログ、ちゃんと観てますので…

投稿: ruko | 2006/04/30 21:09

rukoさん、こんばんは^^。
とても分かりやすく整理されていて、なるほど!と何度思ったことか。さすがですね♪
しばらく遊びに来れなくてどうもすみませんでした。エピガイよろしく韓国ドラマまで長くレビューする習慣がついてしまったことで、自分の首を絞めてしまっているようです(汗)。
さて、今回は本当にいろんなエピソードがありました。でも、私もアルツトはかなり怪しいと思っていますし(前回の時から)、サイードの言うようにハッチは開けないほうが良いんじゃないかって切実に思います。それに、ダニエルが黒い煙(狼煙?)を予言するところは本当に???って感じです。どうして分かったのか・・・。私も全然分かりません。
あと2話であわただしくなってきましたね。記事のアップが皆さんよりかなりビハインドになってしまいますが、これからも寄らせていただきますvv。

投稿: akko | 2006/04/30 19:16

LUVLUVさんこんばんは。

The Black Rockチームにはジャック、ロック、ケイトなど最強メンバーが揃っていますから惨劇!ってことにはならない気がするのでアルツトさんは「殺されキャラ」(汗)になるのか、他のものなのか、どっちかかなと。

やはり後部座席の人々は生存してるのでしょう、ココまでくれば……。なんかこういう深読みってくたびれますねw

イカダ組には一日も早く計画をあきらめて戻ってくるか難破して戻ってくるかしてほしいです、雁首揃えて。

投稿: ruko | 2006/04/26 23:10

rukoさん、こんにちは!

前回のケイトの回想は3度目なのに肝心なことはなにもわからずでイライラしましたが、今回はそれぞれの搭乗前の様子が伺いしれましたね。

>イーサン2号というか、一同のブービートラップになるんじゃないかと気が気じゃなかったです
な~るほど。アルツトはあまり気にしていなかったのですが、そういう見方もありますね。次回から気をつけて見てみよう。ダニエルは怪しいですね。何で知ってるのかな。

私も後部座席生存説に一票。イカダ組はとにかく無事でいてくれたら戻ってきてもwelcomeです^^)

投稿: LUVLUV | 2006/04/26 22:58

Ricさんこんばんは。

レビューの本文がことば足らずだったのでごめんなさい。ジャックかソーヤーかの選択で言うとRicさんのおっしゃる通りのことを指摘したかったです。むしろ


ケイトはその時の立ち位置によってジャックについたりソーヤーについたり自分にどちらがより都合がいいかを考えて動いていると思います。Ricさんがおっしゃるように「自分をより役立てられる」というよりは、いかだに乗ることができない以上ビーチにいてももう意味はなくて……。打算ですね。そういう意味で、島を離れるソーヤーじゃなくてジャックを選択したということを言いたかったんですけどw

あんまり深く考えずに書きました。恋愛至上主義ではございませんので、驚かないでください(大汗)。

投稿: ruko | 2006/04/25 21:45

こんにちは、rukoさん。

私は番組情報からネタバレしちまいました……海外ドラマって難しいですね。

>ケイトは結局ソーヤーよりジャックを取った
それは違うと思いますよ。彼女はまだ、どっちとも恋愛する気はないと思います。ただ単に、ジャックの手伝いをした方が、自分を役立てられると思っただけなのでは。
rukoさんがそういう「恋愛中心主義」傾向の考え方だと知って、ちょっと驚きました(けなしているわけではないですよ、念の為)

最終回に向けて、残りのエピソードで全員の搭乗前のフラッシュバックが流れるかなと、変な期待を抱いています。

投稿: Ric | 2006/04/25 18:47

ちょしさん、どもども…。

あれ、ちょしさんサイード派じゃなかったでしたっけw? 私はソーヤーに帰ってきてほしいだけなんですけど(汗)。

ほかのキャラクターに比べて明らかにケイトの比重が重くしかももってまわった表現をしているので確かにくたびれます!

ルソーはサイードの問いにきちんと答えておらず「なぜ」このタイミングでthe othersが来るのかわからないので確かに怪しい気がしています。どうなることやら。

投稿: ruko | 2006/04/24 23:30

rukoさん、今夜二度目のこんばんは、です。
最終回は2回に分かれているのですね。
イカダが出航して、妙に寂しい気分です(笑)。早く戻ってきて欲しい、と思っているのは私だけではないようで。
最近、ロック以上にケイトがよくわかりません。彼女の過去が小出し過ぎてイライラします(苦笑)。
ダニエル・ルソーも何だかよくわからないし・・。
男性陣のほうが余程わかりやすいかもしれませんね。

投稿: ちょし | 2006/04/24 21:58

ミントさんこんばんは。

私は船の名前も気になりましたがむしろあんなジャングルの奥深くに船があることの気持ち悪さの方が気になってしまっております。

イカダはどうやって戻ってくるのでしょうね……。

投稿: ruko | 2006/04/24 21:37

rosedaleさんこんばんは。

フラッシュバックがご都合主義になってしまうのはドラマのスパンが長いから突っ込まれる部分も多くなるっていうことかもしれないかな、って思って観てました。

JJのドラマをそんなに観ていないんですが、そういう展開なんだ…。

ソーヤーはブラックでもあり優しくもあり、早くイカダ帰ってきてほしいんですけど。

投稿: ruko | 2006/04/24 21:26

Mさんこんばんは。

断片的な情報はつながってはきたものの、若干こうしてみるとご都合主義かもな、って思うところもありますね。

>>後部座席の人々生存説

は、やはり第2シーズンがあることを考えると「アリ」で間違いないような気がします。

ハッチ、ダイナマイトでも開かないような気がします(汗)。

投稿: ruko | 2006/04/24 20:44

rukoさん、こんにちは。

>「黒い岩(The Black Rock)」は船だったことが判明しました。
なぜ船なのに岩というのかなあ、と不思議なのですが、何か意味があるのでしょうか。

>イカダがどこかにたどり着くのか島に戻ってきてしまうのかっていうあたりか。
私は、早く戻ってきてほしいです。だって、ソーヤーもジンもいない島はつまらないですから(^^)。
あと2回で終わりですね。7月が待ち遠しくなりそうです。

投稿: ミント | 2006/04/24 14:21

rukoさん、こんにちは。

>ケイトは結局ソーヤーよりジャックをとった

どーなんでしょうね。そのくせ何度も振り返ってソーヤーを気にしてるあたりがなんとも。フェリシティ、シドニー、ケイト。JJドラマの女主人公は必ず二人の男と絡むんで、優柔不断が続くとイライラします…。

ケイトの模型飛行機やソーヤーの逮捕など、疑問点がいくつか晴れはしたものの、やっぱり最近のフラッシュバックは無理矢理な感じが否めません(苦笑)。人間ドラマより島の謎を楽しみにするようになったのは脚本の甘さのせいかもぉ…(^^;)。

最終回は2回に別れるようですが…あと2回。引っ張りすぎ。あ、今回のソーヤーはブラックな雰囲気でジャックの涙腺を緩ませたりして素敵でしたね♪

投稿: rosedale | 2006/04/24 13:30

rukoさん、こんばんは。

断片的な情報が与えられて、思い返してみると段々繋がっては来てるんですけどまだ消化不良って感じです。自分は、後部座席の人々生存説は強く推したいですね。

新局面を迎えたものの、残すところ後2話。せめて、ハッチの中身程度は教えて欲しいものですよね…。

投稿: M | 2006/04/24 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/9734674

この記事へのトラックバック一覧です: お別れ…? LOST〈第23話〉:

» LOST #23 Exodus Part 1 [ME TELLY & ICE CREAM]
最終回の前エピ。 AXNはi-tunes状態で2時間スペシャルの最終回を2週に分けるっぽい。 まったくもう、とにかく引っ張る引っ張る(苦笑)。 フラッシュバックでゴーゴーパワーレンジャーズ♪みたいなのを見ていたウォルト。散々反抗してたのに、マイケルに寄り添って寝ている現在のウォルトがかわいい。オシッコしたくて目が覚めるとダニエルがビーチに侵入してきたのを発見してマイケルを起こす。「The othersがやってくる。選択肢は三つ。逃げる・隠れる・死ぬ。」って…三つ目は「闘う」かと思ったのに、逃げ... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 13:19

» 「LOST」 第23話 [記憶の鞄]
「迫りくる脅威」 ウォルトは飛行機に乗る前に、マイケルとホテルに泊まっていた。まだ朝の5時だというのに、いつも見ていたテレビ番組を寝ているマイケルに遠慮なく見始める。音を小さくしろといっても聞かない。突然現れた父親への反抗心もあるのかもしれないが、このワガママぶりはちょっと怖い。 ジャックは、空港のバーカウンターでアナという女性に声をかけられる。彼女はやたらと「質問する女」。初めて会った男に「独りか」とまで聞いてしまう。私だったら、「あなたには関係ない」といって、会話をやめてしまうが、ジャッ... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 14:08

» LOST 第23話「迫りくる脅威」 [閑遊閑吟 ]
ウォルトとマイケルのフラッシュバックでスタート。 どうやら今回は各メインキャストの815便搭乗前のシーンらしい。 ウォルトが飛行機に乗りたがらずマイケルに反抗しています。 さて、こちらはマイケルとの関係がよくなりだしたウォルト。 明け方ウォルトが浜辺で起きて小用を足そうとすると、ダニエルがやってきます。 銃をかかえるその姿に驚くウォルト。 他の生存者たちも起き出し、サイードもやってきて皆に落ち着くように言い、ダニエルに話しかけます。 ダニエルの最初の言葉は「The others i... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 21:46

» LOST 迫りくる脅威 [欧米文化に浸かってます]
LOST シーズン1 DVD Complete Box 今週は複数の人間のフラッシュバックが流れます。どうやら「個人」ではなく「特定の瞬間」にターゲットを絞った模様。そのターゲットとは「飛行機に乗る前」です。 ... [続きを読む]

受信: 2006/04/25 18:33

« 大魔王の恋 1%の奇跡〈6-10話〉 | トップページ | 今週の検索フレーズ〈04/17-04/23〉 »