« 兵庫県バトン(参考) | トップページ | 「世界遺産」ナレーターに勘太郎さん »

2006/04/28

仁左衛門さんに紫綬褒章

ニュースサイトで授賞者の名前を見出しにとっているのはトリノオリンピックの荒川静香選手のところがほとんどだったのでソースは捜して後ほど貼ります……おめでとうございます。4月は咳をして辛そうな貢さんが強力に脳裏に残っています。まだまだ格好いい舞台をお身体に無理のない範囲で見せてくださいませ〜。次は6月。

【追記1】ウェブ上でのニュースでは読売、日経は紫綬褒章授賞者として仁左衛門さんの紹介なし…orz 新聞は朝日では仁左衛門さんの喜びの声を別稿、写真つきで第3社会面に掲載してましたがウエブには28日19時過ぎ現在、あがっていません。
吉永小百合&片岡仁左衛門、紫綬褒章受章 (サンスポ.com)
→振り込め詐欺ですってwww そんなお茶目なコメント。

一応、内閣府とか文化庁とか関係ありそうな政府機関のサイトも確認したが、名簿のってるページを発見できず……。春と秋の褒章/叙勲は数日前に報道発表があって、特定の日付で「解禁」するのがルール。だから今日いっせいに新聞・テレビで喜びの声を報じることが可能なのに。

解禁OKと同時に名簿もウェブ上で発表すればいいのに「準備中」って……orz

十五代目襲名記念 写真集 片岡仁左衛門
十五代目襲名記念 写真集 片岡仁左衛門
おすすめ平均
stars松嶋屋!!
stars松嶋屋!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑読者レビューが大向こうかけているので(爆笑)リンクしておきます。

これに合わせてたとしたら、NHKの取材力と編成力はスゴイと思うんですけど流石にそれはないかw 30日22時スタートの芸術劇場(NHK教育)で仁左衛門さんの「熊谷陣屋」を放送します。コチラでチェック。

続きはkabuki雑記帳に移動しました。

仁左衛門さん、紫綬褒章でどうぞ。

|

« 兵庫県バトン(参考) | トップページ | 「世界遺産」ナレーターに勘太郎さん »

コメント

yaeさまこんにちは。お運びいただきありがとうございます。

>>ある仁左衛門さんファンに言わせると「そのハラハラ感も魅力の内」
>>元気一杯で太陽の下を走る仁左衛門さんとか、想像できません

なんだかいちいち納得です…。愛之助さんが気になって歌舞伎鑑賞を始めましたが、3月の十三代目さんの追善、そして4月の浪花花形歌舞伎と観ていって松嶋屋さんの役者さんたちに気になる方がたくさん増えてしまいました。

yaeさんのブログの情報も参考にしながら、微力ですが応援してゆきたいと思っておりますので、こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: ruko | 2006/04/29 16:23

rukoさん

おはようございます。
初めてコメントさせて頂きます。

仁左衛門さんの紫綬褒章授章、本当におめでたいことですね。

仁左衛門さんは確かに、毎回お体のことをどうしても心配してしまいます。
でもある仁左衛門さんファンに言わせると「そのハラハラ感も魅力の内」だそうです。
確かに元気一杯で太陽の下を走る仁左衛門さんとか、想像できません。
これからもますますのご活躍をお祈り致します。

rukoさん、これからもよろしくお願い致します。

投稿: yae | 2006/04/29 08:09

mimiさん、こんばんは。

役者さんが丈夫かどうかはこの前花形歌舞伎を観にいったお仲間と盛り上がりました。そのとき話していた3人の贔屓は仁左衛門/勘三郎/愛之助---だったので、勘三郎さんもエネルギーの塊みたいな方ですから「仁左衛門さんのファンだとストレスたまらないですか?」みたいな話になって(汗)。

歌舞伎に興味を持つようになって、そのお稽古の短さと集中力には驚いてますけど、それにも一長一短があることが少し解るところまでやってきた感じです。

それにしても花形歌舞伎は特に三部の台詞の量が凄かったので、皆さん大健闘だったということですよね……。

投稿: ruko | 2006/04/29 01:04

rukoさん こんばんは!
あはは! 愛之助さん、若いし、丈夫そうって
思わず笑ってしまいました。
でも大事なことですよね。そうそう降板なん
て出来ないですから。
仁左衛門さんの記事やっと読めましたね。
ご本人は受賞したからといって、特別変わる
わけではないでしょうが、節目となって感慨
深いでしょうね。

今日、関西ローカルのNHKで、浪花花形を
振り返って放送しましたが、初稽古が4月1日。 普通なんだろうけど、あの新作含めて3日で仕上げるなんて 驚異的!
つくづく 歌舞伎役者さんてすごいですね。

投稿: mimi | 2006/04/29 00:18

えりこさん、こんばんは。

去年スカパーでずっと「太平記」やっていて仁左衛門さんだけじゃなくて孝太郎さんも出てるのは認識していたんですけど歌舞伎に目覚めてなくて超スルーしてしまいました。今頃ちょっと悔しいかも。

歌舞伎の舞台って20日ちょっと舞台をつとめて、翌月も出番があれば休みなく千穐楽の翌日からお稽古、数日でまとめて初日、っていうのの繰り返しだからある意味サラリーマンよりしんどいですよね……。もちろんGWもないしお正月も「らしく」ないわけで。

我々は毎月舞台に立ってる役者さんを観たいからすごく矛盾してるんですが。

仁左衛門さんは今月、ちょっと本当にだいじょうぶかなぁって気になりながら観てました。愛之助さんはまだお若いし丈夫そうなのでw、そういう心配をとりあえずしなくていいのが、イイなぁ、としみじみ思います。

投稿: ruko | 2006/04/28 20:00

rukoさん、こんにちは。
仁左衛門さんの紫綬褒章、大変おめでたいニュースですよね。以前、かなり体調を崩されていたと聞いたときは心配したものですが、最近はまた素晴らしい歌舞伎を魅せてくださっているので今後のご活躍にも期待したいと思います。それにしても仁左衛門さんももう60越えですか・・・。大河ドラマ『太平記』の頃とあまりお変わりになってないあの若さにビックリです。あまり身体に負担をかけないよう頑張っていただきたいですね。

投稿: えりこ | 2006/04/28 17:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/9799296

この記事へのトラックバック一覧です: 仁左衛門さんに紫綬褒章:

« 兵庫県バトン(参考) | トップページ | 「世界遺産」ナレーターに勘太郎さん »