« プリングル法 医龍〈2話〉 | トップページ | 「大向こう」を考えた。 »

2006/04/22

「最期の一日」到着ス

今年に入って行った歌舞伎と文楽のチケットの半券数えたら、すでに21枚になってました(驚)。だ、だれか〜。そんなたいへんなことになるきっかけをつくってくれた三谷さんの「新選組!! 土方歳三最期の一日」のDVDとサントラの第二集が到着。

新選組!! 土方歳三最期の一日新選組!! 土方歳三最期の一日
山本耕史 片岡愛之助 照英

ジェネオン エンタテインメント 2006-04-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上に書いたとおり私は新選組というより、歌舞伎(=愛之助さん)と榎本武揚&最後の幕臣軍団にぐーっと興味のアンテナが向かってしまったので、何はさておき榎本さんを演じた愛之助さんをチェックすべくDVDを観ました。本編観ると夜眠れなくなっちゃいそうなので、まずは南座の顔見世を抜け出して途中参加したという京都駅でのクリスマスイブのトークショーのみ拝見。

大きなお世話なんですけど愛之助さん写真写りがけっこうヤバイときがあるので(汗)今回も心配でした。写真でしか見ていなかったのですが、映像を見る限り「セーフ」w 

だいじょうぶ、これなら副長や島田さんに負けてへんで〜!!

とはいうものの、やっぱりこれは新選組のトークショーというより山本耕史くんのショーw 愛之助さんへの振りは残念ながら少なめでした。そんななかでもいつも通り爽やかに「あはははは」って軽快な笑いを見せてました。GJ。

「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集
TVサントラ 服部隆之

ジェネオン エンタテインメント 2006-04-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続いてサントラ第二集。第一集には本編放送中に好きだった曲が何曲か入っていなかったのですがこれでコンプリートできました、たぶん。ありがとうジェネオン……。ちなみにお気に入りなのは「武士道」(土方さんが撃たれたあと最後に官軍斬りまくるとき流れてた)と「死闘池田屋」(説明不要ですな)「侍泣き」(近藤さんとブサイク顔の土方さんが山南さんが切腹したあと号泣するときの音楽)……もちろん「希望のワルツ」「官軍上陸」は外せないか。書き出すとちょっとどうなのかと思いますが。

TVnavi特別編集 「新選組!! 土方歳三最期の一日」 メイキング&ビジュアル完全ガイドブックTVnavi特別編集 「新選組!! 土方歳三最期の一日」 メイキング&ビジュアル完全ガイドブック

扶桑社 2005-12-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【追記】
メイキングを観ました。京都のトークの編集を観てこれはひたすら山本耕史くんファン"のみ"にターゲットを絞っているな、と覚悟はしていました。覚悟してたけど、そのつくりに正直、がっかりしてしまいました。以下続きます。

映画DVDの特典映像などで散々豪華なメイキングを観てしまっているせいで、ますます点が辛くなってしまいますが明らかにこれは「山本土方萌え専用」あるいは「『新選組!』本編マニア様専用」といっていいメイキングだったと感じました。

大河ドラマで続編がつくられたことが史上初であることを差し引いても試衛館のみんなが再集結した部分が長過ぎて、肝心の「最期の一日」の撮影部分相対的に短かく感じました。五稜郭のシーンなんて5分なかったんじゃないでしょうかw

また、折角カメラを入れているのになぜ山野八十八(鳥羽潤)と蟻通勘吾(山崎樹範)のインタビューがあって榎本さん(愛之助さん)と大鳥さん(吹越満)がない?もっといえば私は永井さま(佐藤B作)の声も聞きたかった。サントラに服部隆之さんからのメッセージはたくさん入っていたとはいえ、そういうのも入っていてもよかったような気もするし。

もちろん大河の続編を、それも正月に放送するところにこぎ着けたスタッフ一同の熱意は汲みたいし買いたい気持ちはやまやまなれど……。

自己満足で終わっちゃイカンです。結婚式の披露宴で流すVじゃないんだから(泣)。

NHKドラマのDVDを買ったことがないからほかの「特典」と比較できないけれど、このレベルの特典映像に加えてコメンタリーキャストをお金出して買ってっていうのはちょっと虫がいいんじゃないかと思ってしまった、かなりドライな「新選組!ファン」でありました。

というわけでかな〜り冷静に観てしまい、感動!とかに全然ならなくてあんまり寂しいんで即刻本編を観ました。本編はイイな、何度観ても。もう数えられないくらい観てるかも(汗)。

ちょと触れたけどサントラの解説がかなり楽しかった。何より三谷さんの

「今も邪悪な心が芽生えたとき、心の中でこの曲が流れる」

と、清河八郎のテーマをお気に入りと言ってるメッセージに激しく笑ってしまった。また狙って、三谷さん……と思いつつ。

【追記】TBさせていただきました。
「新選組!!土方歳三最期の一日」DVD&「サウンドトラック」を堪能 (月夜に晩酌
『新選組!!』がやってきた! (エンタメ牧場
ビックリマーク2つ!! (ひびなぐぶろぐ

|

« プリングル法 医龍〈2話〉 | トップページ | 「大向こう」を考えた。 »

コメント

南出家年さんこんばんは。コメントありがとうございます。

私も本編をこよなく愛していて「マニア」の部類に実は入ってもおかしくないと思ってます。今でもこの「最期の一日」を通して登場人物の中でいちばん好きなのは堺山南ですしね。

ただ、ちょっと本編終了から現在にいたる、特にウェブ上での「新選組!ファン」の盛り上がりはちょっと異様に感じてしまうときがあるんですよね……。

前もどこかで書いたことがあるような気がするんですが「踊る大捜査線」と重なるような。熱狂的なファンを抱えることってそのドラマを送り出した側はとてもうれしいことだと思うんですけど。

難しい……。

投稿: ruko | 2006/04/25 21:28

ご無沙汰しております。
コメント&TB、ありがとうございました。

私は、おっしゃるところの「本編マニア」かと思いますので(笑)、
単純にメイキングは嬉しかったんですが、
rukoさんのような見方ももちろんアリというか、一編のドラマとして見れば、
むしろ当然かなと思います。

ただ、私にとっては、
やっぱりあのドラマは「続編」であって、
アナザーストーリーではないんだなと再認識しました。
試衛館のシーンが出てきただけでいっぱいいっぱいです(笑)。

投稿: 南出家年 | 2006/04/25 14:11

icewine5さん、こんばんは。

京都まで行ったんですものね。むしろそちらのほうが脱帽。寒かっただろうなぁ、と観客席の大階段と笑顔のこわばった愛之助さんを見ながらしみじみしてしまいました。

メイキングの感想は、まぁあんなもんです。思い入れの強い物に対しての評価は甘くなってしまいがちですが、せっかくあまり見られないテレビ局のバックヤードなどが写ったのにそのあたりの説明もあまりなかったのも残念。

ひたすら山本耕史くんをヒーローとして描くことに力点を置いた姿勢は、耕史くんも土方も大好きだったのに、なんだかもったいないなぁと思えて仕方ありませんでした。

「希望のワルツ」は榎本さんの西洋が大好きで小粋なイメージがよく出ていますよね。第1集よりこっちのほうが私は好きです。

投稿: ruko | 2006/04/23 01:28

rukoさん、こんにちは。

メイキングの方はいかがでしたか?
愛之助さん関連がちょっと少なくて、rukoさんからするとどうだったのかしらと、思ったりしました。

>やっぱりこれは新選組のトークショーというより山本耕史くんのショーw 愛之助さんへの振りは残念ながら少なめでした。

私は、当初、耕史くんと愛之助さんの二人がメインで照英さんがオマケかと思っていたのです。
舞台の合い間に来られるとは知っていましたが、それにしても、いつまでたっても出演されないし、席は空席のまま司会の方も全然、愛之助さんがいないことについて説明してくれないので、「一体、彼はいつ出てくるんじゃい!」と内心イライラしながら待っていました。
DVDではカットされていましたが、実際はもうちょっと喋ってらっしゃいました。ただ、どれも雑誌などで掲載された内容ばかりだったように思います。

サントラでは、希望のワルツについての服部さんの解説で「希望のワルツは榎本武揚の曲」とおっしゃっていたのが、まさにrukoさんの見解とぴったりでさすが!と脱帽いたしました。
というわけで、自分の所でも触れさせて頂きましたので、TBさせていただきました。

投稿: icewine5 | 2006/04/22 19:51

rikaさんこんばんは。

21枚のうち松竹座で見たのが7枚です……我ながらマジで飛ばしてるなと思います 1月、歌舞伎座に行くことまでは思い切っていませんでしたが、2月から4月まで観て楽しかった演目は2回ずつ行ってるのもカウントアップにつながってます。

7月の演目、なんかワクワク。それにしても「道成寺」は人気がありますね。まだ歌舞伎行き始めたばっかりなのに2月、5月、7月とたて続けに道成寺を観ることになりそうです。

DVD買っちゃったんですね、やっぱりw 榎本さん何度観ても格好いいです。次は「夜桜お染」を確認したいところ。

投稿: ruko | 2006/04/22 19:48

えりこさんこんばんは。

トークショーのときは薄日も射してたみたいですが、待ってる間に雨や雪が降ったって書かれてましたもんね。大階段で座っている人たちの厚着っぷりと、あの大階段の風通しの良さを考えて、DVD見ていて気の毒になっちゃいました。

7月の松竹座は演目が発表になっててまた「こいつは行かねば」なテンションが上がってます。愛之助さんはどのくらい使ってもらえるのか、が大問題ですけど。私は間違いなく行っちゃいますねw

投稿: ruko | 2006/04/22 19:45

rukoさん、こんにちは。

チケット21枚ですか~~。飛ばしますね~(笑)。やはり周りでいっぱい歌舞伎の興行をやっている関東が羨ましいです。
とはいえ、7月の松竹座は松嶋屋さん皆さんご出演の模様・・・今から楽しみ。

DVDは「愛之助さんメジャードラマ出演記念」としてありがたく記念に持っておきます(笑)。

投稿: rika | 2006/04/22 11:12

rukoさん、おはようございます。

>あれはたぶん寒かったんだと思います。
>3人のなかでいちばん薄着だったっぽい…。

あ~、これは私も思いました(笑)。あの日の京都ってものすごく寒かったらしいですよね。照英さんも耕史くんも厚着なのに大丈夫か?と過ぎ去りし日にツッコミいれました(笑)。

七月はまた大阪ですよね。でも今回こそは本当に行くの我慢・・・のつもりです(^-^;;;。

投稿: えりこ | 2006/04/22 07:22

えりこさんこんばんは。

花形歌舞伎5枚(1,2,3部+1,2部)と小栗判官4枚が効いてます(爆)。なにやってんだか、ねぇ。

「新選組!」に関しては04年の12月に終わったのが夢がまたもどってきた、っていう感じで私はこれでハッピーです。それもものすごいおまけつきだったし(笑)。

>>なんか愛之助さんちょっとお疲れ気味

日頃愛之助さんに愛あるがゆえにwシビアな視線を送りがちな私ですが、特に問題なし、むしろイケているほうではないかと思いながら、ホカホカと見てしまいました。っていうかね、あれはたぶん寒かったんだと思います。3人のなかでいちばん薄着だったっぽい…。

トークにしてもメイキングにしても愛之助さんは「遅れてきた男」だから仕方ないよ、って思ってます。DVDのパッケージに映ってる榎本さんも「ちっちゃ!」って感じですし…。山本土方あっての愛之助榎本ですから、イイんです。

7月は松竹座ですよ〜。

投稿: ruko | 2006/04/22 01:49

rukoさん、こんばんは~。
歌舞伎と文楽チケットが21枚ですか!!出発点は私と同じはずが、rukoさん、もはやお師匠さんの域に達してますよ(笑)。これからもついてきます~。

『新選組!!』も今回のDVDとCD発売でとりあえず終了って感じですね。なんだかものすごく寂しい・・・。こんな私は完全に『ろまんち』です(苦笑)。トークショー、なんか愛之助さんちょっとお疲れ気味って気(^-^;。耕史くんや照英さんといった若手と並ぶとなんとなく老けて・・・(略)。でもそんな愛之助さんも好きなんですけど(笑)。あまりトーク参加してなかったのが残念でしたね。

メイキングでは私泣きました。でも五稜郭のメイキングはちょっと少なめかな。ぜひ見てみてください。

投稿: えりこ | 2006/04/22 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/9702627

この記事へのトラックバック一覧です: 「最期の一日」到着ス:

» 「新選組!!土方歳三最期の一日」DVD&「サウンドトラック」を堪能 [月夜に晩酌]
昨日は、ちゃんと発売日に届くかやきもきしていた「新選組!!土方歳三最期の一日」DVDとサントラが無事、宅配ボックスの中に入っていました(^O^) とりあえず、メイキング、京都トークショー、サントラそれぞれについて、とりとめない感想を書きます。(ネタばれを含みます。) ●メイキング 耕史くんの撮影の順を追って、場面ごとに実際の撮影風景紹介とそれに対する耕史君の回想と場面によっては出演した俳優さんの感想、それらをドキュメンタリー風ナレーションがつなぐといった感じ。 近藤勇の墓前シーン→試... [続きを読む]

受信: 2006/04/22 19:47

» ビックリマーク2つ!! [ひびなぐぶろぐ]
金曜日、「新選組!!土方歳三 最期の一日」のDVDが発売。 今年の正月時代劇で放送されたやつです。 たしか2月にネットで予約して、木曜日には入手可能だったんだけど、 その日は都合がつかず、金曜日にコンビニへ取りに行きました。 上の写真は外カバー(紙製)の裏面。 表はこんな感じ↓ 一部、窓が開いていて、中のパッケージが見えるという仕掛け。 まあ、それはいいんだけど、サイズがピッタリすぎて結構出しにくいッス。 内容は、メイキング好きな私が大喜びな感じでした。 そうか... [続きを読む]

受信: 2006/04/25 14:05

« プリングル法 医龍〈2話〉 | トップページ | 「大向こう」を考えた。 »