« 大好物はオランダ製 | トップページ | 父と娘 クッキ〈3話〉 »

2006/04/19

偽装 WAT2〈3話〉

当たり前ですが失踪した人が常に生きて見つかるわけではない、と…。今回はダニーが大活躍でしたが、失踪者がさまざまな顔を持って詐欺を続けていたときに見せたダニーの翳りが第1シーズン見てないのでわかりませんでした。名前が別にあったのか?

WITHOUT A TRACE / FBI 失踪者を追え!<ファースト・シーズン>コレクターズ・ボックスWITHOUT A TRACE / FBI 失踪者を追え!<ファースト・シーズン>コレクターズ・ボックス
アンソニー・ラパグリア ポピー・モンゴメリー マリアンヌ・ジャン=バプティスト

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-04-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

NHKの「FBI失踪者を追え2」サイト

今回印象的だったのはFBIなのに取り調べのときの口調がとても乱暴だったこと。「ザ・シールド」みたいにロスのダウンタウンの所轄ならともかくニューヨークの本物の「セレブ様」たちを捜査するのにあれはないんじゃないか?

それと、やっぱりいつも「不満たらたら」な顔に見えて損してるサムが、どっちみち苦手……フロリダに捜査に行かせたのも結局はそう言うことかよ、みたいなジャックの配慮も、それにけっこう喜んでついていっちゃってる感じのマーティンもどうなのか(汗)。次回以降も真剣に観ず、軽めにいこうと決意。続きには過去レビューのリンクのみ貼っておきます。

[過去のレビュー]
神父の過去 WAT2〈2話〉
まずまず WAT2〈1話〉

|

« 大好物はオランダ製 | トップページ | 父と娘 クッキ〈3話〉 »

コメント

Snowdrops-Fairyさんこんばんは。

>>はまり込むには少し、キャラクターの掘り下げが浅い
なるほど。とするとますます、事件の方をきっちり描いてもらって捜査員たちはプロのFBIとして頑張ってもらうでいいような気がしたりしてw

もちろんキャラクターが掘り下げられていたほうがおもしろいのですがそれが行き過ぎると私が挫折したサードウオッチみたいになっちゃうような気がしました。

失踪というテーマに関してはなるほど、と思います。次回以降も観ますよー。

投稿: ruko | 2006/04/22 01:21

rukoさん、こんにちは。

確かになんだか、取調べが乱暴でしたね。
私は「セレブ」へのやっかみか?とか思っちゃいました。

このドラマは、はまり込むには少し、キャラクターの掘り下げが浅いんですよね。
今は結構おきにりのダニーやビヴの魅力が花開いたのも、第1シーズンの半ばからだったと思います。
サムに至っては・・・。
あくまで「物語」として面白いと思うんですが、どうでしょうか?

投稿: Snowdrops-Fairy | 2006/04/21 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/9673156

この記事へのトラックバック一覧です: 偽装 WAT2〈3話〉:

« 大好物はオランダ製 | トップページ | 父と娘 クッキ〈3話〉 »