« 陽が開くとき-幕末オランダ留学生伝 | トップページ | September in the Rain »

2006/05/31

ロンドン歌舞伎初日

亀治郎さんの亀たより Ver.4がロンドンから更新されてました。さすが!泊まっているホテルの窓からはライオンキングを上演中のコヴェントガーデンの某劇場が見えてますw 実際に歌舞伎を上演する劇場は地下鉄ならAngelが最寄りの駅(いわゆる劇場街とは離れています)になるので、このホテルは亀治郎さんのリクエストなのかも、とかちょっと想像してしまった。

演舞場の楽のあとの機内までのスゴイ行動を読みましたが、合間に本場のライオンキングも観ちゃうつもりなのですね、亀治郎さん…。アグレッシブで、好きです。

Sadler's Wells劇場でのKabuki Featuring Ebizo Ichikawa XIは本日(31日)が初日。

theglobeうーん。イマイチな写真だけど、コレはロンドンに再建されたグローブ座の「桟敷」の写真です。シェイクスピアの時代は男性が女性役をやっていたのは「恋に落ちたシェイクスピア」などでも有名ですよね。ロンドンに行く機会があって、お芝居好きなら一度は行っていただきたい場所。ガイドつきツアーもあって舞台にものぼれちゃいますし。行った時は「十二夜」だったんですが、切符が売り切れで見られなかったのが残念でした。

さてKabuki。ロンドンでの関心は高い模様です。続きはkabuki雑記帳でどうぞ。あぁ、ロンドンに行きたい。

|

« 陽が開くとき-幕末オランダ留学生伝 | トップページ | September in the Rain »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/10318197

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン歌舞伎初日:

« 陽が開くとき-幕末オランダ留学生伝 | トップページ | September in the Rain »