« 気の毒ウクライナ | トップページ | フジテレビの「ブログにポン」 »

2006/06/15

急変!? 医龍〈10話〉

なぬー、来週はワールドカップで休止だとぉ?イタリアvs.チェコかぁ。ま、悪いカードじゃないけどw それと公式サイトには20日から一挙10話まで再放送の予定がアップされてますよ。フジのランキングでは最初の頃はイマイチだったはずだけど今はドラマではアテンションプリーズ抜いてランキングトップだから、反響もけっこうあったのかも?

「医龍 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック「医龍 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック
TVサントラ 河野伸 澤野弘之

ユニバーサル・シグマ 2006-06-07
売り上げランキング : 45

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
→ちょっとぉ、発売されたのにジャケ写なしって…?

フジテレビ「医龍」公式サイト

前回観終わったとき、書いたら醒めちゃうと思ってエントリには書きませんでしたがグッドエンドとバッドエンドと2種類考えてたんですよね…単行本があれだけ冊数が増えているのできっと「バチスタ」は症例のひとつにしか過ぎないのであろうと考えやや「グッド」重視で考えてたのですが…。

伊集院(小池徹平)は「ラッパ」(草でも忍びでもイイが)で正解でしたなw にしてもきょうも岸部一徳さん怪演デス。般若の形相は「クライマーズ・ハイ」の等々力さん超えてたかもねwww 以下ネタバレ。

今回は演出がなかなか心憎かった。観てる側も全員、明真の医局員同様、チームドラゴンがギブアップしたと思い込まされる。「ウチの病院で死なせるわけにはいかない」という野口教授(岸部さん)に屈して転院の手配をし、隆ちゃんの母親からは罵倒され。

とはいえ、冒頭で心房細動を起こしてしまった隆ちゃんの応急処置、木原(池田鉄洋)が想像もつかなかったことを伊集院は、やってのけてピンチをしのぎます。「よく、勉強してたわね。伊集院先生」って後から宝塚の男役イントネーションの看護師長さんに褒められてました。ナースに「先生」と呼んでもらうと一人前って、なんだか、パターン。

着々と足固めをしているらしき霧島(北村一輝)に悄然としている風の加藤(稲森いずみ)。霧島についたらしい伊集院と朝田(坂口憲二)は目も合わせず。

着々と騙されてますw

幸い、子ども時代にきょうだいも含めて大きな病気をしていなかったこともあって、隆ちゃんを見守る藤吉(佐々木蔵之介)の「病院に入れるだけ入れて顔を見に来ない親。これ以上自分が傷つくのがつらいから」という話にしんみりします。隆ちゃんの母親はエキセントリックだけど、自分がどんなに傷ついても息子を何とか助けたい、そんな強さでもあるわけで…。

霧島の母親の謎も鬼頭教授(夏木マリ)から明かされます。目の前で自殺。タチ悪いアダルトチルドレンかぁ。となると、崩れだしたら早い気が。

鬼頭の提出した全医局員が教授選に参加できるという改革案に諸手を上げて賛成する祖父江(清水紘治)の思惑は?とか思うんだけど、次回最終回だともうほとんどどうでもイイですね。

隆ちゃんが転院する日は、そのことが決まる教授会の日。一見無邪気に霧島に教授選に勝つための秘策を質問する伊集院。コラコラ、本当に汚れちゃったのではあるまいな?

と思っていたら………。

そういうことだったのね。加藤が臨床工学士に話していたのは、次の行き先ではなくてオペのセッティングの話だったのね。藤吉も荒瀬(阿部サダヲ)も専門書を前に黄昏れていたのは着々と準備していただけだったのね。伊集院が除細動器の位置をどこにすればいいかわかっていたのは、そういうことだったんだ。

どこから話が漏れるか解らないから、事情を知っていたのはミキの根回しで普段無能な医者たちに辟易しているオペ室や循環器外科の看護師たちだけだったと。

それにしても木原くん。チームドラゴンの★が戻ってるって気づくなんてあなた……w今週は「ハリーポッター」とか言ってて見せ場つくってましたよね、ね?<Lady-e様

手術の最終承諾は教授がする、しかし教授会の最中の教授をわずらわせることはできない、っということを逆手にとり、患者が「急変した」ことにしてのバチスタ手術。

自分は霧島には全然及ばないし及ぶこともできないと思うけど、自分には仲間がいる、とアツく語っちゃう伊集院だけど「おかげでたっぷり練習できました♪」がよかったねw

気づいた木原たちがオペ室へ急ぎ、解説もしてくれます。通常の手術と立ち位置や人工心肺などの器材の位置も反対にして「完全内臓逆位」に対応しました。

霧島もしぶとい。この期に及んで大切な隆ちゃんの検査データを隠していました。「冠動脈瘤」。心臓に近い位置に瘤ができていて、刺激によって中で瘤の一部がはがれて心臓に到達、心筋梗塞を誘発する可能性もある。

「手術はここでストップ」と加藤は宣言するけど。

次回は血相変えて教授陣が全員走っているというあり得ない情景が予告編で映されてましたが、手術は成功してほしいね、ココまで引っ張ったら。

[これまでのレビュー]
チーム解散? 医龍〈9話〉
生八つ橋 医龍〈8話〉
土壇場 医龍〈7話〉
オンビート 医龍〈6話〉
涙の理由 医龍〈5話〉
にゃにゃーつ 医龍〈4話〉
WPW症候群 医龍〈3話〉
プリングル法 医龍〈2話〉
経過観察。医龍〈1話〉

|

« 気の毒ウクライナ | トップページ | フジテレビの「ブログにポン」 »

コメント

Lady-eさんこんばんは。

ごめんなさいね、仕事忙しそうなのに呼び出してw

木原が意外に洞察力があるのはやっぱり風見鶏なので、きっと医局のなかのどんな小さい異変にも気がついたりするんでしょう。チームドラゴンの秘密特訓に気がつかなかったのは残念だったけど。

2週間あとの最終回、どんなカタルシスになるのか楽しみですよね〜。

投稿: ruko | 2006/06/17 01:05

rukoさん まいどです★

なんだか呼ばれちゃってる?(笑

>今週は「ハリーポッター」とか言ってて見せ場つくってましたよね、ね?<Lady-e様

って(笑
見逃してませんさ~
そして木原は魔法の杖を振ってましたね
シュッシュと(笑
ドラゴンの★に気付いたあたりも
褒めてあげましたさ(笑

そして、初めてだよね?
木原が診察してるの
あ~先生だったのねーみたいな感じ?

そして、今回
セッティングをすべて逆にしたのは
何故かってことまで気がついちゃって

カナリ偉い先生してました

いつもなら、鬼頭の説明なのにねぇ(^○^)

来週は、お休みでガッカリなのです
でも最終回 スカーっとさせて頂きたい!

投稿: Lady-e | 2006/06/16 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/10541161

この記事へのトラックバック一覧です: 急変!? 医龍〈10話〉:

» 医龍 [R-老若男女]
医龍VS猛者 壮絶なバトル。 [続きを読む]

受信: 2006/06/16 07:20

» 医龍 ドラマ感想 第1話 [漫画とかドラマとかネタとかアレとか.com]
話題の医療ドラマ、医龍の第一話。 漫画の医龍は読んだことあったけど、ドラマの方はどうだろうってことで見てみる。 とりあえず第一話の時点では、微妙な感じ。 1話目から、主要キャラ総登場だね。 展開がかなり早いんで、医龍の漫画を読んでないと、 登場人物の多さについていけないかも〜 で、漫画版の医龍と比べると、配役にひとつ重大な変更がある・・・... [続きを読む]

受信: 2006/06/16 10:46

» 医龍 第10回 [ALBEDO0.39]
医龍 第十回 Karte:10 この子の命は必ず守る 頼もしいね、霧島ちゃんは 今日は君と僕にとって運命の1日になる 10:59:55・・・56・・・57・・・ チームドラゴンのぬいぐるみから5つの★も消え チーム解散の声が聞こえ 想像通り、隆君のバチスタ手術は野口が認めない 教授の許可なく、オペはできない医局の方針もあり チームドラゴンは、3例目のバチスタ手術 隆君を助けることを諦めざるおえなかった・・・。 無気力なげられた小児麻酔の本の向こうには 荒瀬... [続きを読む]

受信: 2006/06/16 21:00

» 医龍 [オタク道]
ドラマになるとは思いもしなかったが。 これは正直お卒めなので、読むべし。 正直、ホントかこれ? というシチュエーションもあるがお卒めである。 火傷の後が龍の形というのはどうだろうか; 基本的にはスゴイ医者系の話である。何度もいうようだがお卒めである。... [続きを読む]

受信: 2006/06/25 16:27

« 気の毒ウクライナ | トップページ | フジテレビの「ブログにポン」 »