« お買い物…… | トップページ | 時代 人生はフルコース〈1話〉 »

2006/07/09

気づいた2人の男 クッキ〈14話〉

なんだか、かなりデリケートなゾーンに話が進んだ感じがしたお話でした。韓国にやってきたナカムラの態度、どう思われましたか?戦争中は憲兵として現地住民の監視や抑圧に当たっていたことは「当時はそれが任務だった」と片づける。クッキの父ヨンジェの殺害に関しても「植民地時代にやったことを法で裁くことはできない」として「久しぶりにようやく来られたんだから」と慶州(キョンジュ)観光に出かけたい、と言っている男。個人的にはものすごくいたたまれなくて、日本と韓国(朝鮮半島)との過去を知ろうとしないで「韓流」に踊る罪悪感みたいなのを感じてしまいましたです。

クッキ〈上〉クッキ〈上〉
チョン ソンヒ

日本放送出版協会 2006-04
売り上げランキング : 62666

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

バレないとたかをくくっているナカムラに対し焦りまくるチュテ。でもやっぱり解っちゃいましたよね。それも、ミングォンだけでなく、サンフンにも。ものすごいところで「来週へ続く!」となってしまったので次回が待ちきれない状態です。以下短めにネタバレ。

表舞台に登場することにしたサンフンとついに対面したチュテ、心配のあまりうっかり発言。お父さんの萬福さんから何か聞いていないか、と。そんなこと聞かれたら調べたいよねぇ、サンフンオッパーみたいに目はしが利く人はすぐに。

出てきた。「プンガン(豊江)商事」の権利書。そこにはソン・ジュテの名前の前にミン・ヨンジェの名がくっきりと。部下に「いつ戻ってくるかわからない親友から預かった大切な物はどうするか?」って問うていたけど、わかっちゃったんだよね、すべて。

一方、ナカムラの出現に大慌てのチュテ。案の定奥さんはデカイ声で「ケンペイタイチョウさん♪」なんて言っちゃってますが、積極的なのはむしろナカムラでチュテは困惑。シニョンと奥さんに、ミングォンとナカムラを会わせないよう厳命しますが……。

会っちゃった。そして開き直るナカムラ。「あの時の勇敢な闘士はあなたでしたか」。やっぱり、ヨンジェの件は別として、自分を殺そうとしていた人間に笑顔でああ言われて平静でいられるはずがないような気がします。

冒頭にも書いたけれど、こういう日本人の「過去は水に流して」という考え方が、やっぱり一部の韓国の人には今でも許せない姿勢と映ってしまうのかどうかが、とっても気になります。

クッキは「サンド機」についてモリヤの技術担当者に作り方を聞こうと思って張り切っていましたが「技術者」は機械担当ではなく製品担当でした。クッキーの味見をしたワタナベさんからの指摘。

1.大きい
2.ピーナツクリーム100%では採算性が薄い。ピーナツは40%にして残りは「香料」を使うべき

とのこと。お菓子の材料表示を見るとよく「香料」って書いてあるんだけど、無知でごめんなさい。香料って具体的にはなんですか?

みんながいろんな想いを抱えてチュテ家でのパーティーは終わったんだけど………。

シニョン、お酒の勢いを借りたのなら自分でミングォンさんに言うべし!クッキ、後でひとり思い出して苦笑いしてたけど、自分の気持ちはどうなんでしょうか。きっと、おじさん(=テファ)のため、テファ堂のため、仕事に打ち込むような気がしていますが……。

「チェ・ミングォンを甘く見るな」と先週からたびたび口にしているチュテの予言通り、ミングォンは香港経由で田中さんに連絡をとり、当時ヘジュ(海州)近辺で勤務していた憲兵隊員のリストを手に入れました。田中さんの執念もすっごいと思いましたが、その中にナカムラの名が。

いつもの「公私混同」(ね、satesateさん)で、出国者リストからホテルからありとあらゆるところを秘書に当たらせてナカムラを探すミングォン、そして何がなんでもナカムラを逃がし、自分から疑惑の目を逸らせたいチュテだけど……。

ラストシーンではミングォン、王手!に見えましたが、チュテは次回どんなひどい言い訳をして弥縫策とするのか今から楽しみw

クッキのクッキーサンドは、どうなっちゃうんでしょ?こっちはこっちで、納品された機械をそうやすやすとチュテとプンガン製菓が見せてくれるはずがないんだけど。

[レビュー一覧]
日本との国交 クッキ〈13話〉
サンド開発 クッキ〈12話〉
新テファ堂始動 クッキ〈11話〉
悲しさ2倍 クッキ〈10話〉
アジョッシー… クッキ〈9話〉
再会の裏で クッキ〈8話〉
ユギオ? クッキ〈7話〉
最悪の裏切り クッキ〈6話〉
救いの神登場 クッキ〈5話〉
キョンソンへ クッキ〈4話〉
父と娘 クッキ〈3話〉
やはり勘違い クッキ〈2話〉
歴史の勉強を クッキ〈1話〉

|

« お買い物…… | トップページ | 時代 人生はフルコース〈1話〉 »

コメント

ぐるくんさんこんばんは。

クッキはそれで、夜、サンドをつくりながら乾いた笑いを漏らしていましたがあれは「おじさまはシニョンのものでしかたないわね」っていう笑いだったのでしょうか。

ワタナベさんとの話は、機械の構造を知りたい、という最初の狙いとは異なったけれど、お菓子を小さくする、というヒントをもらえたのでそこから何かプンガン製菓をひっくり返せる裏技を何か考えてくるのではと思ってます。それに、添加物はイカンってあれだけテファおじさんに言われてるのにモリヤの言う通りに香料で水増しするクッキとも思えないし。

ジャッキーの執念でついに現行犯で現場が押さえられました。次回どうなるんでしょう。ドキドキです。

投稿: ruko | 2006/07/10 21:08

けいさん2度目のこんばんは。

韓国がこの「韓流」っていうヘンな波がくるまでは男性が買春に行く定番の場所のひとつだったということを考え合わせるとナカムラは悪しき日本人の定型とみなされているに相違ないと思うのですが…。

唯一の救いは田中元軍医さんが一生懸命ミングォンさんのお手伝いをしていることだと思います。

「参考程度にしておきなさい」ってヘンなこと言ってたチュテ。次は何をたくらんでいるのやら。

投稿: ruko | 2006/07/10 21:00

 rukoさん、こんにちわ!
 
 青くなって悪夢まで見てしまうチュテに比べ、中村は韓国観光にえらく執着していて、二人の会話が全くかみ合っていないのが、いやはや・・・w
 シニョンの告白作戦(←これはシニョンぽくなかったよね~w)やら、クッキの渡辺さんへの接触など、こちらも本人の情熱と現実がうまくかみ合わず、見ているこっちまで少々しんどい感じでしたw

 ラスト、鉢合わせした三人の動向が気になる所です。 

投稿: ぐるくん | 2006/07/10 09:16

rukoさん、こちらにもこんばんは!
中村の図太さには苦笑いするしかないです。
まさか観光にまで行くとは・・・不思議でしようがないです。
私はドラマはドラマ、と思ってみてるけど、中村が韓国の人から見た日本人の「定型」の一つに入っちゃうようだとヤですね。
やっぱりクッキのクッキーサンド大きいですよね・・・手作り感がいい感じだけど。
ピーナッツは40パーセントに押さえて後は香料、って言われると60パーセントは香料?って思っちゃいましたが、そんなわけないですよね(^^;
例えば今はピーナッツ4:バタークリーム6の配合で作ってるとして、モリヤならピーナッツ2:バタークリーム8に香料をプラスって感じなのでしょうかね?

投稿: けい | 2006/07/09 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/10857110

この記事へのトラックバック一覧です: 気づいた2人の男 クッキ〈14話〉:

» <232>  クッキ #14 [「ぐるくん」のひとりごと]
 再会にもいろいろある。  そして再会した者同士の思いもいろいろだ・・・  訪韓した日本企業の「モリヤ」取締役はなんと海州の憲兵隊長、中村だった。  再会を喜び、チュテの抱きつく中村に反して、心臓バコバコ状態でうろたえるチュテ。  庭でパーティーをしているにも関わらず、すぐさま中村を自宅に呼び入れ、誰一人近づけるなと厳命する。  「憲兵隊長さん・・・」とシニョン母が言った途端ぶち切れて「余計な事を言うな!�... [続きを読む]

受信: 2006/07/10 00:15

« お買い物…… | トップページ | 時代 人生はフルコース〈1話〉 »