« さよならイングランド(涙) | トップページ | 今週の検索フレーズ〈06/26-07/01〉 »

2006/07/02

シュール 誰よりもママを愛す〈1話〉

私にとっては「田村正和=父(あるは父的役割)」という構図がどうもダメなんですよね…。私生活が明かされていないせいではないと思うけれど、いくつか彼が父親のドラマを観はじめても、絶対完走できないんですよ。シュールレアリズムだからw 脚本の遊川さんとはかなりたくさん作品をつくってる田村さんだけど、ピンとこないのね。

真昼の月(1)真昼の月(1)
織田裕二

ビクターエンタテインメント 1996-10-25
売り上げランキング : 33894
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→「女王の教室」で名を馳せ、TBSとは「涙(なだ)そうそうプロジェクト」で「さとうきび畑の歌」「広島・昭和20年8月6日」など、絶滅しつつある戦争の記憶を次世代につないでいこう、という意欲的な遊川さん。個人的にはVHSでしか観られない上の「真昼の月」が好きでした。常盤貴子と織田裕二のラブストーリーなんだけど、常盤貴子はレイプされてしまい、その心の傷がテーマになった重い作品です。

え、コレがタマテツ?内田有紀ちゃん復活ね。伊藤蘭の弁護士ママもカッコイイ。そして小林聡美は「ちゅらさん」のまりあさんか?と、次週も観ようと思うけどやっぱり田村正和の専業主夫はあり得ないんで、いつ脱落してもおかしくないような気がしています。

家族のありかたが多様化してるからこの作品や「アット・ホーム・ダッド」みたいなものがドラマとして商品化されはじめたってことなのだとは思いつつ、今日の授業参観のシーンが象徴しているように男性が子育てに参加することを異端視するのはやはり女性なのだということを複数の友人から聞いてます。幼稚園への朝の送りを夫が担当しているだけで白眼視(あるいは「変わってらっしゃるのねーお宅は」的なことを言われる)されたりするらしく、道はまだまだ遠いのだなーと。

アットホーム・ダッド DVD-BOXアットホーム・ダッド DVD-BOX
尾崎将也 旺季志ずか 阿部寛

ポニーキャニオン 2004-09-01
売り上げランキング : 47644
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

カオル君、最後にガツンと言えてよかった。帰国子女帰国子女うっせーんだよ!←数十年前、あれと同じことをネチネチ陰湿にやられたのを思い出し超鬱……orz

日曜の夜だけに重すぎず軽すぎず楽しく観られるドラマになるなら続けて観ようかと。しかしシュールレアリズムな田村正和じゃないと松坂牛でハンバーグはつくれまい。ひれ伏しましたw いまは妻夫木君にキャラが変わってしまいましたが東京ガスのCMを思い出しました。

|

« さよならイングランド(涙) | トップページ | 今週の検索フレーズ〈06/26-07/01〉 »

コメント

かりんさん、こんばんは。早速コメントありがとです。

「弁護士のくず」「クロサギ」共に観てなかったのが大きかったですね……。

私は今期は「サプリ」に佐藤浩市が出ていますがほかのメンバーからすると完走するのは無理なので捨てました。あとは「結婚できない男」と「下北サンデーズ」(こっちは早々脱落の悪寒もあり)くらいでしょうか(汗)。かりんさんのレビューを見て途中参戦!なんてことがあったらコメントしにゆきます。

投稿: ruko | 2006/07/03 18:08

Lady-eさん、どもども。

アットホームダッドはオセロが嫌で見てませんw

阿部サダヲは予告編にもちらっと出てきてたんで次回も一応予約しとくかと思ったところでありました。このクールあんまり期待できそうなドラマがないので、これも小林聡美の役回り次第では早々バイバイの可能性もアリですね。

投稿: ruko | 2006/07/03 18:01

rukoさん、こんにちは!
お久しぶりです。
春期は「弁護士」で一度っきりでしたから気がかりでした。。
毎日流されるように過ぎてきた感じです。
今期はどうなるでしょう。
この「誰より・・」もたぶんリタイアだと思っています。
私が決定してるのは「サプリ」と「マイボス」の二つ。
あとはこれから見て・・ですよね。
被るものがあれば一緒に楽しみたいなと思っています。
夏もどうぞよろしくお願いします。

投稿: かりん | 2006/07/03 17:58

rukoさん こんにちは
見てたのね
私も見ました

私はアットホームダットは凄く
好きなんだけど
田村正和の専業主婦はピンと来ませんでした・・・

っていうか誰も役にしっくりこなかったのよね・・・

あ、そうそう HPに出てたんだけど
キャストに阿部サダヲの名前が出てたのよ
ちょっと楽しみ?

ブログは書きつづけるか
わからないけど・・・
見るのは見るわ この時間結構ずーっと見てるしね

投稿: Lady-e | 2006/07/03 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/10765687

この記事へのトラックバック一覧です: シュール 誰よりもママを愛す〈1話〉:

» 誰よりもママを愛す 第1話 [ALBEDO0.39]
誰よりもママを愛す 第1話 専業主婦のパパ(田村正和) バリバリの弁護士のママ(伊藤蘭) 長男みたいな、やけに短気なおねぃちゃん(内田有紀) 長女みたいに優しく優柔不断な(^^;おにぃちゃん(玉山哲ニ) とっても素直なボクという構成から(長島弘宣) なりたつドラマ しかし、なんかどのキャストもミスマッチ? 田村正和が毎回365歩のマーチを歌って キッチンに立ってるのもなんかなぁーだし 伊藤蘭も、土曜サスペンスドラマが すっかり板についちゃった感じがあって(^^; ... [続きを読む]

受信: 2006/07/03 02:06

» 『誰よりもママを愛す』第1回「日本一の愛妻家あらわる!」 [つれづれなる・・・日記?]
もう7月のドラマが始まりました。 この枠は内田さんだけでとりあえず見ましたが・・・。 [続きを読む]

受信: 2006/07/03 23:54

» 誰よりもママを愛す 「日本一の愛妻家あらわる!」 [平成エンタメ研究所]
 「誰よりもママを愛す」、チェックポイントは遊川和彦さんの脚本だ。  「女王の教室」もよかったけれど、「おとうさん」もよかった。  この作品は「おとうさん」の路線。  あのテンポのいいホームドラマが大好きだ。  第1回「日本一の愛妻家あらわる!」は人物紹介編。  ぼくとこと嘉門薫(長島弘宣)の視点で家族の紹介がなされる。  最初は教室。家族の絵を描きながら家族のことを紹介していく。  2回目の�... [続きを読む]

受信: 2006/07/04 14:44

« さよならイングランド(涙) | トップページ | 今週の検索フレーズ〈06/26-07/01〉 »