« 2006年6月 | トップページ

2006/07/13

逃亡完了しました

メンテナンスの終了が30分速く終わった、と得意げな報告が運営サイドから出ていますが、よく読むとメンテナンスが長時間に及んだためアクセスが殺到してレスポンスが悪くなることもあり得ます、と逃げを打つのも忘れていませんでした……。

ということで、この数日FC2を触っていましたが、アクセス解析に関しても、機能的に引けを取らないので、本格的にアチラに乗り換えることにしました。画像ファイルなども移植したためここは「廃墟」として残しておきます。

ブックマークやRSS登録をしてくださっていた方はたいへんお手数ですが、新ブログへの変更をお願いいたします……。

これに伴ってこれまで有料でプラスを使っていましたがアクセス解析のない「ベーシック」にダウングレードしておきました。2つめのブログをココログ上で構築しかけてたんですが、傷が深くなる前でよかった……。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/07/10

FC2に夜逃げしました

11日14時からの48時間メンテナンスを前に、もうどうしようもない状態になっているココログDEATH。ユーザーそれぞれがバックアップを取るなどさわっているせいもあると思いますが、もう進退窮しましたので、FC2に全コンテンツお引っ越しの荒技を成し遂げました……。

new雑記帳2

→とりあえずカスタマイズなどは最低限で移植したので、これからCSSなどはさわってもう少し見栄えよくします。

というわけで、今後、当面はFC2のほうにエントリしてゆきますので、コメントやTBはそちらにお願いいたします。

特に昨年後半からは皆さんからたくさんのコメントやトラックバックをいただいていたためもあり、テキストベースで約2MBという分量をちょっと甘く見ていました。ココログもFC2ブログもMT(Movable Type)ベースなので、FC2のインポート機能を使用しましたが、最大のネックはUTF-8からEUC-JPへの文字コード変換でした。MacOSXとの組み合わせなので今からでは参考にならないかもしれませんが、一応手順をメモしておきます。

続きを読む "FC2に夜逃げしました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/09

ココログが瀕死です

11日から48時間もの長時間メンテナンスを宣言しているココログ。すでに、夜間の高負荷時間帯でもない日曜日の朝からもうエラーが出まくって、使い物になっていません。TBは送れない状態ですし、エントリを書いてからアップされるまでの平均時間は15分を超えました。それも「エラー」になっていて、エントリ一覧を確認するとサーバには届いている、といった状況です。

というわけで、当分の間こちらからのTBがお返しできなくなりそうなのでお詫びをさせていただきます。また、このぶんだと「すべてのトラブルが解消される」的喧伝を重ねているココログのメンテナンス後もトラブルが後を引く可能性もありますので、別のブログへの移植を現在検討中です。

TBをお返しできていない皆様、ごめんなさい。

11日から13日の間は、ブログの閲覧には問題はないのですがコメント、トラックバックなどはできなくなってしまいますのでこの点もご容赦くださいませ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

時代 人生はフルコース〈1話〉

数日前「オテル・ドゥ・ミクニ」などで有名な三国清三シェフが従業員を殴った容疑で書類送検される、っていうベタ記事を新聞で読みました……。ドラマの冒頭、レストランの厨房でボコボコにされているシェフを夢見る「牧村さん」(高嶋政伸)を見て、時代だな〜って溜め息が出ます。別に暴力を肯定するわけじゃ、まったくないんですけどね。

村上信夫メニュー帝国ホテルスペシャル村上信夫メニュー帝国ホテルスペシャル
村上 信夫

小学館 1999-10
売り上げランキング : 4032
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
→高嶋政伸の老けメイク、あまりにも村上さんそっくりで笑ってしまいませんかw

というわけで5回でも短いと思ったのに今回は3回になってしまった土曜ドラマ……。第1回を見る限り、佳作の予感がするのですが。

続きを読む "時代 人生はフルコース〈1話〉"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

気づいた2人の男 クッキ〈14話〉

なんだか、かなりデリケートなゾーンに話が進んだ感じがしたお話でした。韓国にやってきたナカムラの態度、どう思われましたか?戦争中は憲兵として現地住民の監視や抑圧に当たっていたことは「当時はそれが任務だった」と片づける。クッキの父ヨンジェの殺害に関しても「植民地時代にやったことを法で裁くことはできない」として「久しぶりにようやく来られたんだから」と慶州(キョンジュ)観光に出かけたい、と言っている男。個人的にはものすごくいたたまれなくて、日本と韓国(朝鮮半島)との過去を知ろうとしないで「韓流」に踊る罪悪感みたいなのを感じてしまいましたです。

クッキ〈上〉クッキ〈上〉
チョン ソンヒ

日本放送出版協会 2006-04
売り上げランキング : 62666

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

バレないとたかをくくっているナカムラに対し焦りまくるチュテ。でもやっぱり解っちゃいましたよね。それも、ミングォンだけでなく、サンフンにも。ものすごいところで「来週へ続く!」となってしまったので次回が待ちきれない状態です。以下短めにネタバレ。

続きを読む "気づいた2人の男 クッキ〈14話〉"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/07/07

お買い物……

沖縄には行けなくなってしまいましたが以前から予定していた大阪には行きました(汗)。詳しくはコチラ

で、満喫して帰ってきたのですが余計なお買い物までしてしまったので…(汗)。

CLARINS【クラランス】オートコンフォート エクスプレス 200mlCLARINS【クラランス】オードコンフォート エクスプレス 200ml。クリックすると楽天市場の「化粧品のりぼん」に飛びます。
新発売の拭き取るタイプのメイク落としで、カウンターで試供品をもらって使い心地が気持ちよかったので、ゲット。
クラランスのスキンケアラインはハーブ臭がけっこうキツイものも多いのですがコレはピーチでとても爽やか。

最近は新発売の商品も安くネットで買えるようになってきたし、これからの夏の海外旅行シーズンなら海外でも買うことができるし、どんどん便利になります。さて、大阪に行ってプチ散財してきた話は続きます。

続きを読む "お買い物……"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/06

台風3号のバカ。

心の療養のため沖縄に行く予定にしていたのですが、台風3号のが沖縄直撃コースを取っていたため直前になってキャンセルすることになり、夜遅くまで同行予定の友人たちとやり取りしていました…。

詳しくはコチラ

結果としては、ひとつ勉強になりました。

ツアー(=旅行会社による手配旅行、主催旅行)の場合は出発日に搭乗予定便が飛ばない限り旅行は「催行」となってしまいます。一方、最近はANAの旅割のように、事前に安く販売するかわり、旅程の変更や解約に高めの手数料を取るチケットも増えています。

ただ、こうした個人での航空券手配の場合、今回のように悪天候によって飛行機の運航に支障が出そうな場合は事前に手数料無料でチケットが払い戻してもらえることがわかりました。台風通過後になりそうな戻りの便に関しても同様にキャンセルできることがわかったので今後の参考にしたいと思います。

それにしてもトップシーズンで台風も普通は来ないよ、という理由で今回の日程を決めたのに、ホントに残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/05

「グロット」にモノレール、必要?

先日別館の旅ブログに、「サイパンの「グロット」にモノレール?」というエントリを書きました。

Grottoサイパンには「グロット」という有名なダイビングポイントがあります。100段を超える階段を30kg近い器材を背負って降りるとそこは外海に通じる海中洞窟の入り口になっていて、薄暗い洞窟のトンネルを抜けた向こうに見える青い海に、なんともいえない高揚感を感じる場所です。

そこにどうやら日系の企業が「モノレール」の設置を提案し、サイパンの政府はGOを出しているらしいんですね。わたしも含めてですが、反対している人たちは、南海からやってくる強力な台風でモノレールが破損したりした場合、海洋汚染に繋がらないか、という点を指摘しています。

また、最近W杯で報道が下火になっていますがシンドラー社のエレベータの問題などからもわかるように、機械には正しいメンテナンスが不可欠。ただでも塩害などで整備に通常よりも費用が確実にかかることがわかっているものを海岸沿いに設置する利点は何なのでしょう?

モノレール設置を希望している側の言い分としては「バリアフリー」だそうです。高齢者や身体の不自由な人にグロットを楽しむ環境をつくってあげたい、という。

個人的には、バリアフリーの考え方は否定しません。ただ、階段の昇り降り以上にグロットにはダイビングポイントとしてのリスクがある、というのが潜った私の感想でした。スキルや体力に見合わないダイバーが行っても危険な思いこそすれ、十分に楽しめないと思います。また、サポートするガイドにも負担がかかってしまいます。

この情報を知ったHeart of Gold Divers SAIPANさんで情報がアップデートされていて、オンラインでモノレール敷設反対の署名ができるようになったそうなので、コチラ本館でも呼びかけてみます。

Save the Grotto Petition(Petition.com)
→オンライン署名のシステムをとっていて、匿名での署名も可能です。

SAIPAN Blue(サイパンブルー)SAIPAN Blue(サイパンブルー) サイパンBlue

ビデオメーカー 2005-06-24
売り上げランキング : 20389

Amazonで詳しく見る by G-Tools

冒頭に書いたHeart of Gold Diversさんでも情報を提供していますし、賛同される方はぜひ署名の輪を広げていただきたいと思います。

続きを読む "「グロット」にモノレール、必要?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/04

不惑 結婚できない男〈1話〉

40歳を「不惑」っていう時代じゃないですよね………。とりあえずキャスティングはバラエティに富んだ人々を揃えてきたな、という感じ。まぁ、高島礼子と高知東急が一緒に出てるあたり笑ってしまいますが。主人公の阿部寛って「アット・ホーム・ダッド」みたいな例外はあるけど基本的にし生活を感じさせない(描かれない)人間を演じてきていることが多いので、今後、いろんなタイプの女性に囲まれて変わるのか変われないのか、が観続けられるかどうか、のボーダーラインになりそう。お尻出して泣いてるラストは爆笑しながら気の毒だったけど。

ドラゴン桜 DVD-BOXドラゴン桜 DVD-BOX
三田紀房 秦建日子 阿部寛

メディアファクトリー 2005-12-22
売り上げランキング : 7554
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

夏川結衣、漫画喫茶でまで「ブラック・ジャック」。国仲涼子がちょっとイタめ……。最近テレビで観てなかったけど、やっぱり「えりぃ」から抜け出ることがなかなか難しいのかな。

あれほどいろいろなことにこだわり、そして建築家でありながら、住んでるマンションの壁の厚さにはこだわっていなかったが、アンビリバボーでしたw あとマーラーの5番、第5楽章をいきなり聞き出すのも変わってるような。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/02

今週の検索フレーズ〈06/26-07/01〉

米原さん(名前間違え)頑張る……。でもこうして考えてみると、たくさんの方が興味をもってらした方だったのですね、米原さんって。感動のエンディングwを迎えた「医龍」に検索が集まったのもやはり当然かな。最終回前に集中再放送した作戦が当たりましたのね、フジテレビさん。

ただ全体としてはワールドカップ(WC って書いてる人もいますが、私個人としては響きがイヤ…特にこの国ではw)に興味がもっていかれているせいか、特に日本代表について話題をふってないブログなのでPVは低調だった感じです。

1 米原万理 プロフィール (関連エントリ
2 医龍 最終回 (関連エントリ
3 ドラマ トップキャスター  (関連最新エントリ
4 クッキ あらすじ (関連最新エントリ
5 チャングム 画像 (関連エントリ)  *画像はありません。
6 米原万理 訃報 
7 サエコ 愛の劇場 ニコニコ日記 (関連エントリ
8 歌舞伎 画像 (関連エントリ) *画像はありません。
9 LOST 伏線 (関連カテゴリ
10 citizen ダイバーズウォッチ ボーイズサイズ 

「LOST」は次週の日曜に特番、その次の週からAXNではシーズン2が始まるので徐々に盛り上がってきていますね…。私は出遅れた「LAX」をどうしようか激しく悩んでいますが、今月は時間がないと思います(爆)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

シュール 誰よりもママを愛す〈1話〉

私にとっては「田村正和=父(あるは父的役割)」という構図がどうもダメなんですよね…。私生活が明かされていないせいではないと思うけれど、いくつか彼が父親のドラマを観はじめても、絶対完走できないんですよ。シュールレアリズムだからw 脚本の遊川さんとはかなりたくさん作品をつくってる田村さんだけど、ピンとこないのね。

真昼の月(1)真昼の月(1)
織田裕二

ビクターエンタテインメント 1996-10-25
売り上げランキング : 33894
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→「女王の教室」で名を馳せ、TBSとは「涙(なだ)そうそうプロジェクト」で「さとうきび畑の歌」「広島・昭和20年8月6日」など、絶滅しつつある戦争の記憶を次世代につないでいこう、という意欲的な遊川さん。個人的にはVHSでしか観られない上の「真昼の月」が好きでした。常盤貴子と織田裕二のラブストーリーなんだけど、常盤貴子はレイプされてしまい、その心の傷がテーマになった重い作品です。

え、コレがタマテツ?内田有紀ちゃん復活ね。伊藤蘭の弁護士ママもカッコイイ。そして小林聡美は「ちゅらさん」のまりあさんか?と、次週も観ようと思うけどやっぱり田村正和の専業主夫はあり得ないんで、いつ脱落してもおかしくないような気がしています。

続きを読む "シュール 誰よりもママを愛す〈1話〉"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

さよならイングランド(涙)

この大会ポルトガル戦をほとんどスルーしてました…。ユーロ2004とかで見てて、イタリアにも通じるけどサッカーに品がないと思うので。ま、ラテン系だから仕方ないと思うんだけど、相手を挑発するのも上手いし。サポの数が完全にイングランドのほうが多くて「完全アウェー」だったからむしろ燃えたのかも。

執念深さとかがやっぱりイングランドには少しだけ足りなかったかな。あとGKもイマイチだったような…。ポルトガルの枠内シュートは9本。あとの12本はDF陣が守り切ったわけなので。それにしてもPK、ランパードはもちろんですがジェラードまで外すなんて……。

イングランドvs.ポルトガル戦詳細(fifaworldcup.com)

イングランド・グレイテスト・プレーヤーズイングランド・グレイテスト・プレーヤーズ
デヴィッド・ベッカム ケヴィン・キーガン スティーヴン・ジェラード

ジェネオン エンタテインメント 2004-09-24
売り上げランキング : 30480

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ココ一番でキープレーヤーが一発レッド、っつのもイングランドはお家芸なんですか(号泣)?ルーニー、こら!それにしても2晩連続PK戦は心臓と内分泌物質によろしくありません。寝られないではないですか…。でも、昨夜のドイツvs.アルゼンチンと試合見てたら改めて日本のプレーのレベルの低さに腹立ってきた……。

続きを読む "さよならイングランド(涙)"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

勝ち組負け組〈地上波第35話〉

「かかわったのが間違いでございました…」「お幸せですか?」火花散るクミョンとチャングムだけど、水刺間(スラッカン)の最高尚宮(チェゴサングン)という大きな力を手にしたはずのクミョンのあの怯えはちょっとどうなのかと。「あなた、ここにはいられないわよ」って捨て台詞だけだし。これがクミョンのクミョンたる所以なのですが。変わらないのはアワビ食べたホンイだけかぁ。

実録チャングムの誓い (後編)実録チャングムの誓い (後編)
ヨ ソルハ

ワニブックス 2006-06
売り上げランキング : 5506

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

感動の再会もありましたがあきらめの悪いチーム・チェ、チャングムの追い落としに躍起。一方、チョンホ様と左賛成(チャチャンソン)様はオ陣営に宣戦布告です。ハー忙しい。

続きを読む "勝ち組負け組〈地上波第35話〉"

| | コメント (18) | トラックバック (8)

「マチベン」9月DVD発売

期待しすぎると失望が大きいから、と思ってセーブ気味に観始めながら意外と骨太で気に入ったNHK土曜ドラマの「マチベン」がDVD-BOXとして9月20日発売が決まった旨NHKのドラマページに情報が出てました。やっぱり山本耕史君信徒向けw?

マチベン DVD-BOXマチベン DVD-BOX
江角マキコ

ポニーキャニオン 2006-09-20
売り上げランキング : 1201

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ってか、ポニーキャニオンから出るノカ〜。個人的にはDVD-BOXよりサントラのほうが希望なんだけどな〜。続きにレビューの一覧を一応入れておきます。

続きを読む "「マチベン」9月DVD発売"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/01

老いと共に ディロン運命の犬〈最終回〉

5回しかないのが少し残念な気もしましたが、通しで観た人の中には何かが確実に残ったドラマではないか、と感じました。小ちゃい仔猫や仔犬を見るとき、やがてその子たちが自分たちの年齢を追い抜き、いずれ先にいってしまうことまで見据えてペットと暮らそうとする人がどれくらいいるのか、と。

Dog Road--セラピードッグ・チロリの物語 (VOLUME.1)Dog Road--セラピードッグ・チロリの物語 (VOLUME.1)
川上 慎 大木 トオル

秋田書店 2006-04-14
売り上げランキング : 414261

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お母さんの美佐江さん(池内淳子)は最後まで犬には慣れなかったみたいだけれど、麻利さん(樋口可南子)と気持ちが通じ合うことができて、なんにせよよかった。また、浅倉さん(平田満)の苦悩も象徴的に描かれていました。「規則ですから」が少し最後に軟化したのは、よかったのかも。

やっぱり、子どもにきちんと動物との距離の取り方を教えることが大切だと痛切に感じます。日本の動物園などを見ていると「触らせる、餌を与える」ことが動物とのコミュニケーションと勘違いしている面がないですか?だから、やっちゃいけないところでサルや鹿に餌付けをして問題になったりしているのでは、としみじみ感じます。

現実的には、人事異動があって浅倉さんがあんなに長い間あそこにいるのも若干不自然なのかもしれませんが……。

続きを読む "老いと共に ディロン運命の犬〈最終回〉"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ