« 不惑 結婚できない男〈1話〉 | トップページ | 台風3号のバカ。 »

2006/07/05

「グロット」にモノレール、必要?

先日別館の旅ブログに、「サイパンの「グロット」にモノレール?」というエントリを書きました。

Grottoサイパンには「グロット」という有名なダイビングポイントがあります。100段を超える階段を30kg近い器材を背負って降りるとそこは外海に通じる海中洞窟の入り口になっていて、薄暗い洞窟のトンネルを抜けた向こうに見える青い海に、なんともいえない高揚感を感じる場所です。

そこにどうやら日系の企業が「モノレール」の設置を提案し、サイパンの政府はGOを出しているらしいんですね。わたしも含めてですが、反対している人たちは、南海からやってくる強力な台風でモノレールが破損したりした場合、海洋汚染に繋がらないか、という点を指摘しています。

また、最近W杯で報道が下火になっていますがシンドラー社のエレベータの問題などからもわかるように、機械には正しいメンテナンスが不可欠。ただでも塩害などで整備に通常よりも費用が確実にかかることがわかっているものを海岸沿いに設置する利点は何なのでしょう?

モノレール設置を希望している側の言い分としては「バリアフリー」だそうです。高齢者や身体の不自由な人にグロットを楽しむ環境をつくってあげたい、という。

個人的には、バリアフリーの考え方は否定しません。ただ、階段の昇り降り以上にグロットにはダイビングポイントとしてのリスクがある、というのが潜った私の感想でした。スキルや体力に見合わないダイバーが行っても危険な思いこそすれ、十分に楽しめないと思います。また、サポートするガイドにも負担がかかってしまいます。

この情報を知ったHeart of Gold Divers SAIPANさんで情報がアップデートされていて、オンラインでモノレール敷設反対の署名ができるようになったそうなので、コチラ本館でも呼びかけてみます。

Save the Grotto Petition(Petition.com)
→オンライン署名のシステムをとっていて、匿名での署名も可能です。

SAIPAN Blue(サイパンブルー)SAIPAN Blue(サイパンブルー) サイパンBlue

ビデオメーカー 2005-06-24
売り上げランキング : 20389

Amazonで詳しく見る by G-Tools

冒頭に書いたHeart of Gold Diversさんでも情報を提供していますし、賛同される方はぜひ署名の輪を広げていただきたいと思います。

先日「こんぴら歌舞伎」についての番組でインタビューに答えていた歌舞伎役者の坂東三津五郎さんが印象的なことをおっしゃっていました。こんぴら歌舞伎をやっている香川県の琴平町は「金刀比羅宮」(こんぴらさん)は、麓からいちばん高い本殿?までのぼると700段を超える階段がある。

今の日本だったらロープウエーをつくろう、とかするところだと思うけど、ここはそれをやっていない。登ってこられる人にご利益がある……そんな考え方があってもいいではないか、というような趣旨でした。

まったくおっしゃる通りだなぁと思いました。サイパンのダイビングに関していえば、大型のボートなどできちんとサポートを受けながら美しい海を楽しめるダイビングポイントもたくさんあり、「グロット」にどうしてもこだわらなくてもいいのではないかと思います。

もうひとつわたしが懸念しているのは日本的「箱モノ」な考え方です。つくることまでは頑張るけどその後のメンテナンスや利用者数についてのアセスメントが非常にどんぶり勘定である結果、地元の「お荷物」として残っているテーマパークやスポーツ施設や、そういうものを列挙したらキリがありません。

今回グロットにモノレールを提案したのは日本のどこの企業なのかは明らかにされていませんが、責任を長い間もって面倒を見きることができるのかもわたしは不安です。

サイパンへの日本からの観光客はJALの直行便が運休してからまた微増を続けていて年間35万人ですが、それとほぼ同数が訪れていた6年前でもすでに寂れた感じのする島でした。モノレールを維持してゆく体力は、ないのではないかという懸念も捨て切れていません。

「便利」ならイイのか、一度考えてみたほうがいいテーマなのかも。

|

« 不惑 結婚できない男〈1話〉 | トップページ | 台風3号のバカ。 »

コメント

ぐるくんさんこんにちは。

私もあの階段を上がり下りしたことを思い出すと、確かにあればラクかなって思いますけどw おっしゃる通り、それを超えてからのダイビングが醍醐味のポイントでもあるのでちょっとなぁ、と思った次第。

最近、これだけネットが発達しているのに、経験本数が少ないのにビデオを持ってダイビングしてたりすることを得々とブログで書いてる人がいて、どんなオソロシイ潜りをしているんだろうと思うことなどもあり……。

本数が少ないからってスキルが必ずしもダメってわけじゃないですが、やっぱり経験値がものを言うスポーツであることは間違いないから「海であそばさせてもらっている」というぐるくんさんのことばは名言ですよ〜。

ご協力ありがとうございまっす!

投稿: ruko | 2006/07/09 11:22

 rukoさん、こんにちわ!

 最近ダイビングすっかりご無沙汰の私はこの話初めて知りました。
 グロットにモノレール・・・気持ち分からんでもないけど、あの階段の昇降があってこそ、グロットの一つの醍醐味だとも言えるから・・・
 
 ポイント毎のスキルの制限のあってしかるべきだし・・・海で遊ぶんじゃなくて、海で遊ばさせてもらっているんだから、ありがたく謙虚に潜る事がポリシーの私としては、「グロットを守る」為後で署名しておきます。

 petition.com のアド、知合いの自然保護に関心ある人たちに知らせておきます。
 情報ありがとうございました。

投稿: ぐるくん | 2006/07/07 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12469/10805409

この記事へのトラックバック一覧です: 「グロット」にモノレール、必要?:

« 不惑 結婚できない男〈1話〉 | トップページ | 台風3号のバカ。 »