2006/06/30

水だしコーヒーに挑戦

まだ今年の横浜は寝苦しい熱帯夜もきていないのですが暑くなってくると冷蔵庫に冷たい飲み物を常備しておきたいですよね。紅茶などをよく友人からいただくのですがなかなか一人で冬などには飲みきれないので、夏になるといろんなアイスティーをつくって楽しんで消化しています。

一番気に入っているのは去年ベトナムで買ってきたハス茶。

ただ、どちらかというと「茶派」なのでコーヒーは自分でも買ったことがなかったのですが、友人からコーヒーをもらってしまい、どうしようと思っているうちにこんなものを発見しました。

数量限定!夏は水出し♪【ハリオ】珈琲ポット 8人用1200ml水出しハリオ珈琲ポット 8人用1200ml。クリックすると楽天市場のわくわくキッチンランドの商品ページに飛びます。別の品物を買ったのですがものすごく発送が早くて驚きました。

耐熱ガラスポットは私も持っていて、そこに別に買ったストレーナー(茶こし)をセットして使っています。

マイカップがティーポットに変身!ドイツ製の紅茶ストレーナー 「ティーリ ベストフィルター」ドイツ製の紅茶ストレーナー 「ティーリ ベストフィルター」
リンクをクリックすると楽天市場のアフロアジア紅茶 セレクティーに飛びます。

このストレーナーは御殿場のプレミアムアウトレットのボダムで買ったんだと思いますが、マグカップにセットできてポットがなくても茶葉で手軽にお茶を入れられるのですごく便利。

今回これを使って水出しコーヒーに挑戦しました。抽出時間はネットでみると8時間と書いてあるところが多かったですが、粉がかなり細かかったので様子を見ながら4時間程度で上手につくれました。甘みを感じる仕上がり。

紅茶は、必ず氷をボトルに入れて急速冷蔵してつくっているのですが、すぐに濁ってしまうものがあり、雑菌が繁殖しているのかどうか悩むことが多いです…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/21

キルフェボンのタルト

キルフェボンのタルト

実は初めて。カフェの時間には少し早めだけど、かなり待ちました。

クリームがとてもあっさりしていてフルーツの味が生きています〜。お天気もいいし少しシアワセ。

【追記】
愛之助さんたちの若衆歌舞伎を観にゆく前に、銀座のお店に行きました。13時過ぎにお店についたのですが着席できたのは30分後。店内のきらめくタルトたちを見てどれにしようか最後の瞬間まで悩みまくるのはとっても楽しかったので待ち時間は苦にならなかったのですが、カフェの店員さんの仕切りがのんびりしてるとみた。下では待ってるお客さんがいっぱいいるのにテーブルは何卓もあいてました。

作戦かもね。テイクアウトも注文してからケーキを持って出られるまで時間がかかります。うやうやしくて大げさだねw
キルフェボンの公式サイト

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/14

なぜ?なぞ!@横浜

20060214193933.jpgバレンタインデーも午後7時半を回っているというのに、高島屋1階のチョコ特設会場が最後のまつりです。別に値下げしてるわけでもないようなのにこの群がりぶりは、なぜ?

【追記】その昔「義理チョコで差別した」と後ろ指を指されたことがありました。だって、あげたくなかったんだもん…。それ以降「義理」は、基本的にやめました(汗)。というわけでバレンタインデーには感謝の念を表したい方、お世話になった方限定で差し上げることにしてます。「義理」よりは少しグレードが上、ってことですねw

しかしここ数年、チョコの多様化・高級化が進むこと甚だしく、GODIVAをありがたがっていた昔が懐かしい…。ピエール・マルコリーニだって今じゃ簡単に買えちゃうし、それ以外の"ブランド"も、うやうやしくドアを開けていただく温度管理が効いた一部の「ショコラティエ」以外の品は東京(首都圏)ならたいがい、どこかのデパ地下であっさり手に入っちゃう。それも、どのブランドも単価、高い〜。

でも、けっこういい年になってくると「こんなチョコをおうちに持って帰ったら奥さんがどう思うだろうか」とか余計なことを考えてしまい、結局「プチ見栄」を張ってしまうんですね。あくまでもプチですけど。

というわけで今年はオリンピックにちなんでイタリアのチョコにしてみました。

AMEDEI ブラックチョコレート63%AMEDEI ブラックチョコレート63% (画像クリックで楽天市場の北のフードプラザに飛びます)

AMEDEIのオフィシャルサイト

「チョコレートのロマネコンティ」は、ちょっとうたいすぎでしょw 恥ずかしい(汗)。一箱買って職場の女性同僚と1つずつ食べました。美味では、ありましたが…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/02/06

渋谷なのにオトナ

今日は久しぶりに「新宿の父」とお食事。私は間違いなく食いしん坊ですが、グルメではありません(汗)。そんな私に湯島の居酒屋から「ロオジェ」のランチまで、本当のグルメの世界を垣間見せてくださるのがこの父なのでした。

今夜は渋谷のNHKの近所にあるお寿司の「一休」。まだ若いご主人がひとりでやってるお店です。

20060206184307.jpg透き通るアナゴの稚魚の「のれそれ」や白子の蒸し物、写真はあぶったアナゴにキュウリとショウガを千切りにしたものを添えてありました。爽やか。

キュウリはかつらむきにして千切りに。手さばきにうっとりしてしまいます。

洗練されていてびーっくりするようなお値段とられても不思議じゃないのに、リーズナブル。

お隣は本物のオトナの女性の「おひとりさま」でした。これがまたかっこいいんだ。彼女が途中から会話に加わり、最後は密かに自分の未熟さを恥じて終わりましたw

彼女の迫力と貫禄に、父がお酒を過ごすという前代未聞の事態になるおまけつき。

引きこもりを脱したのはいいのですが、エンゲル係数の高い1ヵ月になりそうです(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/29

丸ビルで友を送る

行ってからはちょっと時間が経ってしまったんだけど、久しぶりに丸ビルに夜出かけたので書き留めておきます。

オープン時の狂乱ぶりがいまだ印象に強くて、お出かけオプションになかなか入らなかったんだけど、この日は早めスタートで、結局いつも「どこ行くどこ行く〜」と言って決まらない相手とだったのでささっとタクって丸ビルに向かいました。

予想通り平日(水曜日)の夕方、まだまだ夜の本格稼働時間にはなっておらずお店のチョイスはよりどりみどり。お洒落にふたりでディナー♪ っていう感じではないけど、まさかクアアイナでハンバーガーというわけにもゆかずw 選んだお店は5階のWeST PArK CaFE Marunouchiでした。

窓側の席に案内されると、ライトアップされた東京駅がバーンと見えます。かなりくだけた雰囲気のお店ですが悪くありません。21時ちょっと前になるとライトアップがぱっと消えるのがまた印象的でした。

肉大好きな友人が注文したのは「ニューヨークステーキ」で、別れて電車に乗ってケータイでニュースを閲覧、農水省が米国産牛肉から背骨が見つかったって発表していたのにはちょっと引きました。米国産だったのかな、あの肉(汗)。私も2切れ食べちゃったぜ…。

お値段も丸ビル的にはカジュアルで、ボリュームもそこそこありました。チーズの盛り合わせも食べたんだけど意外なセレクションだったのも、まぁオススメ。19時まではハッピーアワーだったのですが私も友人も現在薬を服用中なのでアルコールは控えめに。変わったところでは「ダイエットジンジャーエール」みたいな日本の普通のお店ではちょっと置いてないソフトドリンクなんかもあり。

続きを読む "丸ビルで友を送る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/15

パークハイアットで午後のお茶

学生時代からの旧友と新宿の静かなところでつもる話がしたいと思ったのだけど、最近ホントにあまり行ってなくて土地勘がない!!パークハイアットで待ち合わせました。41階のピークラウンジは、景色もきれいでお客さんもそこそこいますが予想通り静か。

本当は「アフタヌーンティー」を試したかったのですがお値段、3000円。昨日携帯に2万使ったばかりなので、ポンと注文する勇気が出ずw普通にお茶をいただきました。お茶だけでもちゃんと差し湯も持って来てくれるし、クッキーと小さなショコラもつけてくれます。でも、差し湯するのも忘れてしゃべりまくっていました。

もともと、もうひとつお座敷が予定されていたのがキャンセルになったこともあり、暗くなるまで語ってから新宿の街へ降り、食事も一緒にして帰りました。

というわけで「LOST」は観ないでやすむことにします。 観たら興奮して寝られなくなりそうなので…。明日早く帰ろうっと。

そうそう、パークハイアット東京のサイトが、タカビーでした。Safariでアクセスしたら門前払いです。「800x600px 以上を表示できる環境を推奨」で、基本的にIEに最適化してるから、っていう理由。マックはネスケでも表示が崩れますから、と断り書きが出ています。Safariに最適化してよー…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/04

ベトナム直送ライスペーパーを使う

サイゴン(ホーチミン)のドンコイ市場で買った爆安ライスペーパー(30枚入り約80円=そのときの様子はこちら)で料理してみました。

安いだけに?ほぼ3枚に1枚は端っこがちょっと割れてたりヒビが入っていたり、ちょびっと穴があいてたりします。あと、日本で買うライスペーパーより、気持ち薄いかも。レシピは今回生春巻きと揚げ春巻きを作成。旅ブログつながりで各国料理に明るいtarukanさんに相談してみたらこんな素敵なレシピを紹介してくれました。

ベトナムクロケット(NTVの「3分クッキング」)

3分では無理…というのはさておき。猛烈に美味そうなのですが、体育会系男子のビールのつまみになるわけではないので、揚げるだけでなくパン粉までつけるのは、ちょっとヘヴィーすぎる…残念。というわけで次回にとっておくことにしてほかのレシピも探してみたところ「All About」にほほぅ、な記事が出ており、今回はこれをベースにつくりました。

ベテラン主婦の生春巻き
p1000378.jpgライスペーパーの戻し方に特徴がありました。豚のバラ肉をゆで、そのゆで汁を使って戻します。詳しくはレシピのページを見るとわかりますが脂のせいで「くっつきすぎない」のがポイント。当然ながら料理をするときは手がベタベタになり、食べる時も手で持ったらちょっとベタつきます。

ちなみに写真はちょっと茶色っぽく映っていますが白熱灯の下でホワイトバランスがおかしいだけです(苦笑)。ちゃんと白い春巻きになってます。

レシピでは手を使ってゆで汁をつけていくことになってましたが、悠長につくっている時間がないので鍋に直接入れ、戻しました。その後ほかの料理もやって最終的に食べたときの食感は「ベトナムで食べた生春巻き」。これはおいしかった、という意味ではなく(汗)、ライスペーパーの戻しが足りない感じです。水で戻すとしっとりとした仕上がりになるので、どちらがいいかはもう1回くらいつくってみないと何とも言えないかも。

ベトナムの揚げ春巻きのレシピ
p1000379.jpg揚げ春巻きは、本当は春雨でつくるんですが生春巻きで使ったビーフンを転用しました。カニのほぐし身(いちばん安い缶詰)も入っているのでちょっぴりゴージャスな感じ。ただ、低温で揚げるのがポイントとあったのでゆっくり揚げたのですが市販の「春巻の皮」でつくったときやベトナム・タイ料理のお店で出てくる揚げ春巻きのようにこんがりキツネ色にはならず。写真がキツネ色っぽいのは上記の通りホワイトバランスが犯人ですorz

サイゴンのスーパーで買った春巻きのたれもようやく開封。辛くてニンニクが効いていて安かったのに(250mlで7000ドン=約50円...笑)美味。味の素とかいっぱいはいってそうですけど(笑)。

おまけ。きょうおみやげでもらった宇宙食のアイスクリームサンドイッチです!
p1000380.jpg国立科学博物館のスーベニアショップで買ってきていただきました。最近は日本でもこういうタイプのアイスクリームサンドイッチをコンビニなどで普通に買えますがその昔はなくて、子どもの頃大好きだったのでめちゃくちゃ懐かしかった…。

「本物」はチョコ風味のクッキーにバニラアイスクリームが入っていて、クッキー部分は案外実物そのものなんだけど、問題は「アイスクリーム」部分ですね(笑)。こんなもんかも。でも、昔、ケネディー宇宙センターとかワシントンの航空宇宙博物館で売っていた「宇宙食アイスクリーム」よりは、格段に食べられる味に進化していました。

時の流れってザンコク orz....

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/02

先輩とランチ

何年かぶりに、会社の1つ年次が上の先輩とランチに出かけた。カレッタ汐留46階のso/ra/sioというお店。同じフロアのアジアンな「AQUA」もお気に入りです。味はまぁ二の次だけどとにかく眺望が最高。ちょっと疲れた日の遅めのランチにはおすすめです。お値段もちと張りますが展望料金と思えば。

sorasioのサンドイッチso/ra/sioは初めて来ましたが、オープンサンドイッチプレートがなかなか美味でした。パンは小さめでホウレンソウなどが練り込まれた生地で、卵やチーズ、生ハム、トマトに生モッツァレラなどなど、具も豊富。できるだけローカーボでいきたいんでやりませんでしたが、パンはお願いすればおかわりもできます。携帯の写真がうまくなかったのでお店のサイトからお借りしました。

先輩には同じ部署にいたときいろいろお世話になり、元気を分けてもらった。久しぶりに会ったけれどやっぱり元気!そしてきちんと我々が悩んだほうがいいところで悩んでてほっとする。こういう「普通」の感覚をもっている人に、いずれは管理職になってもらいたいなぁとしみじみ思ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/19

この挑戦受けてたたねば(汗)

アメリカ西海岸に約10日ほど旅行して来た職場の同僚が帰国。「注文」してたCoQ10のサプリメントのかわりに「はい♪」と渡されたのはずしっと重たいこんな本でした。

「APPETIZERS FINGER FOOD BUFFETS & PARTIES」

なんと手でつまめるおっしゃれなおつまみのレシピがなんと400も(大汗)載っているレシピだったのでした…。これはここに載ってるのが食いたい!ということなのね〜。ちらちらと見たんだけどどいつもこいつもうまそうで発狂しそうです(笑)。

食欲の秋、頑張ります。

【追記】
エントリしてから、お風呂で半身浴しながら一通り目を通しました。すげー。本格的なパーティーの開き方マニュアルでした。招待した人の席順の決め方から人数・予算に応じたパーティーの規模の決め方などなど。食べものはアジア・中近東・ヨーロッパ・中南米とまんべんなくワールドレシピをカバー。唯一の弱点はアメリカの計量法が使われていることかも。

さて、どうするかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/07

スラッカンにて(2)

p1000303.jpg本日のメイン、カルビのプルコギです。うまー!

【追記】きょう来たのは恵比寿東口のQiz(クイズ)恵比寿にある韓国料理店「水刺間(スラッカン)」。王の料理を調理するところ、という意味をもつ「チャングムの誓い」を見ている方々にはおなじみのお名前のお店です。代官山にある「李南河」の支店だそうで。

プルコギの専門店とうたっていますが、やはり最近の韓国ニューウェーブっぽく、キッチンはオープンスタイルですがガラス張りで、お店の入り口だけ見ると韓国料理とは思えない感覚です。

プルコギはカルビのほか和牛ハラミやタコ、ホルモン、タッカルビ(鶏)などいろいろな種類がありました。オーソドックスにカルビでつくってもらい、最後はたれを使った石焼き炒飯に。よくあるプルコギ鍋でそのままつくるタイプではなく、いったんキッチンに下げて改めてもってきてくれるのも、おしゃれ(笑)。ついてきたサニーレタスやエゴマの葉の量もまぁ良心的だったかな。

あとのおすすめはオリジナルの果実酒。ブドウ、パイナップル、キウイ、リンゴなど意外な感じのお味がありみんなでいろんな種類をいただきました。リンゴがいちばんおいしかった。

おいしかったのはとてもおいしかったんですが、やっぱりもうちょっとくだけた感じのお店のほうが韓国料理を食べてる感じがして私は好きかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧